ボードゲーム「ニムト」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ニムトはどんなゲーム?

ニムト(6 Nimmt!)はボードゲームであり、カードゲームとも呼べる、不思議なゲームです。

ニムト

作者 Muu-karhu (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

ニムトはルールやプレイ自体は非常に分かりやすく、子供から大人まで老若男女の全ての人が楽しめる、秀逸なゲームバランスがあります。

ちなみに、ニムトとはドイツ語で「取る」「引き取る」「取れ」といった意味で、サブタイトルの『6nimmt』は「6はダメ」という意味になります。

ゲームで言うと6枚目という事になり、ゲームをプレイする上で非常に重要な意味を持っています。

ニムトの遊び方・ルール

プレイヤー数は2~10人、プレイ時間は30分ほどです。

まず先にお伝えしたいのは、ゲーム中プレイヤーがするべきことは、
【1ターンに1度、全員同時に手札から1枚選んで出す】
これだけです、分かりやすいですね。

ゲームの進め方は、最初に104枚のカードの中から4枚を選び列として場に出します。

そして1人につき10枚の手札を持ち、1枚ずつ全員同時に出します。

全員がカードを1枚出したら、数字が小さい順に列の右に並べていきます。

この際にルールとして、1番近い数字から順に置いていきます。

例えば、列に【1】と【10】があった場合、場に出た一番小さい数字が【2】の時は1の右に、小さい数字が【11】の場合は10の右、【9】の場合は1の右になります。

最大6枚まで並び、場に出した手札が6枚目になった人は、その列の5枚を引き取ることになります。

手札の10枚が無くなるまで、つまり10ターン続けていき、引き取ったカードの枚数ではなく、カードに描かれた牛の頭のマークの数が、最終的に最も少ない人が勝者となります。

ゲームの目的ですが、簡潔に言うと6枚目を取らないようにすることです。

6枚目を取ることになった場合、左にある5枚全てを引き取ることになり、最低でも牛の頭マークが5つ増えます。

さらに、カードの中には2つ以上の牛の頭マークがあり、場合によっては1度に大量失点する可能性もあります。

極端な話、1枚も引き取ることがなければ、そもそも失点になりませんので、1位が確定ということになるのです。

手札から場に出した数字が、列の全ての数字より小さい場合、4つの列のどれかを選び引き取ります。

5枚以下で引き取ることになるので、牛の頭マークが一番少ない列を選ぶのが基本です。

ニムトをプレイする上での戦略と魅力

最初の内は2~4人でのプレイをオススメします。

ルールに関しては何度かプレイして頂ければ、ボードゲームとしては分かりやすい部類ですので、小学生のお子さんでもすぐに覚えられるはずです。

なので、戦略について少しお話します。

まず、場に使用されたカードを、なんとなくでも覚えてください。

特に自分の手札より小さい数が出たら、それだけでも覚えておくと便利です。

何故かと言うと、例えば手札に【25】があって、列に【20】があったとします。
その時点で、【21】、【22】、【23】、【24】が既に出ていれば、25が必ず20に近い数字になりますから、無条件でセーフティになりますね。

他にも基本的戦略がいくつかありますが、あまり考えすぎても楽しめなくなりますし、何度かニムトをプレイしていく内に、是非とも御自分で見つけて欲しいです。

ボードゲームは人数が多いほうが楽しいものが多く、ニムトもその中の1つに間違いなく数えられます。

ただ運任せに出して勝てるゲームではなく、手札と場の数字、これまでに場に出た数字、そして運要素も必要となり、上級者であっても必ず勝てるとは限りません。
しかしそれこそが、ニムトというゲームの中毒性の高さでもあります。

シンプルで子供でも楽しめるルールでありながら、プレイ人数を選ばずプレイできる寛容さ、運だけでは勝てない絶妙なバランス、ギリギリまで一発逆転の可能性もある緊張感、こういった要素の全てがニムトの魅力であり、世界中で愛される理由なのではと思います。

文章の説明だけではとても全てを伝え切れませんが、1度だけでもプレイしてみれば分かって頂けると思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

Blue Fairyのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、Blue Fairyのドールについて紹介します。

2人用ボードゲーム「パッチワーク」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク パッチワークはどんなゲーム? パッチワーク(patchwork)はボード上に布地タイルを隙間なく埋めていくことを2人で競うゲームです。

コスプレの強い味方!”コスペディアウィッグ”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

コスペディアウィッグは、コスプレ用のカラーコンタクトや肩パッドなども通信販売する、コスプレウィッグ専門店です。 個人のヘアセット技術だけでコスプレをするには、難易度の高いアニメキャラやゲームキャラの髪 …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「aiRuin studio」

コスプレは、コスチュームプレイの略語のことで、元は時代劇や歴史劇のことを指す演劇用語でした。 現代劇は、なるべく機能性重視で余分な飾りとか色彩を使わないように配慮することが普通になっていますが、歴史的 …

ドローンって何?タイプや用途、価格など

ドローンという名前を聞いたことがある人は多いと思います。 メディアで取り上げられることもあり、近年話題になっていますね。 で、結局ドローンって何なの?という方に、今回はドローンについて紹介します。 ス …

楽天モーションウィジェット