傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー2級

職場や学校での問題、人間関係など悩みの多い現代社会で、傷ついた人に寄り添い、話を聞き、癒す仕事としてカウンセラーが人気です。

心理学を学ぶ方法はたくさんありますが、専門知識と技術をしっかり身に付けたいなら日本カウンセリング普及協会の認定心理カウンセラーの取得がお勧めです。

スポンサーリンク

しっかりとした講座と2回の試験を経て修得

カウンセラーは家庭や職場、学校での人間関係、進路や生活面、金銭の悩みや不安などストレスの絶えない現代において人々を癒すのに欠かせない職業です。

しかし、実は心理カウンセラーとして働くのに明確な資格や決まりはなく、自分で名乗ることで誰でもカウンセラーになることができます。

とはいえ、心理的な問題はとても複雑で心だけでなく身体にも影響を及ぼすため、専門的な知識や技術を持っているカウンセラーにカウンセリングをお願いしたいものです。

カウンセラーとして働くために有効な民間資格はたくさんあり、それぞれが得意としている分野が少しずつ異なります。

また中には特に試験がなく、特定の講座を修了するたけで資格を取得できるものもあります。

そんな中でも、できるだけ幅広い分野を網羅し、知識だけでなく心や耳を傾ける技術、問題解決へのプロセスを理論的に見立てる実践力を学び、筆記試験だけでなく実技試験も経て資格を取得する認定心理カウンセラーならあらゆる問題に対して立ち向かえる力を養えます。

2級は初めて学ぶ人にお勧めの資格

日本カウンセリング普及協会の認定心理カウンセラーは、1級と2級で求められる知識や技術の深さに違いがあります。

2級はカウンセラーとして必要な基礎的知識、技能を有する者と規定されており、初めて心理学を学ぶ人やいずれはカウンセラーとして働くことを考えている人に向いています。

この資格を取得するには18歳以上であることを前提とし、大学で心理学科あるいはそれに類似する学科を卒業しているか、日本総合カウンセリングが開講している心理カウンセラー養成講座を修了することが条件となっています。

養成講座では、まずは心理学を楽しく学ぶところから始まり、自己理解を深め人間関係における気付きの力を養います。

それと同時に相手の話を聞く力や心を寄り添う力を身に付け、実践的なスキルを修得します。

これらを修了した上で、筆記試験と実技試験を通れば心理カウンセラー2級の資格を取得することができます。

2級でもカウンセラーとして独立して働くことが可能ですが、中には自分自身がストレス社会を生き抜くために、あるいは周りの人たちとの関係を改善するために取得する人も多いようです。

1級ではより理解を深め実践力を高められる

さらに心理学の理解を深め、より実践的な技術を身につけてカウンセラーとしての仕事に結びつけたいと考える人には、ひとつ上の認定心理カウンセラー1級の資格がお勧めです。

1級はカウンセラーとして必要な専門的学識、技能を有する者と規定されており、この資格を取得するには心理学の大学院を卒業しているか、認定心理カウンセラー2級を取得した上で日本総合カウンセリングが開講する心理カウンセラー実践講座を修了することが条件となっています。

実践講座では心理学の基礎知識を習得していることを前提とし、さらに深く学び、病気としての精神疾患の症状や行動学の理解、実践的なカウンセリングの演習を行います。

プロのカウンセラーとして相手の問題を理解し、しっかりと解決に向けて具体策を提示することのできる力を養うことができます。

場合によっては、医師と連携をして精神疾患の治療にも参加することができます。

カウンセラーとして独立するのはもちろん、様々な民間資格がある中で他者と差を付けたい人は1級の取得を目指すのがお勧めです。

社会的な信用の高い資格で就職に差が出ます

認定心理カウンセラーを取得するための養成講座や実践講座は、他の民間団体でよく採用されている通信講座ではありません。

プロのカウンセラーがもつ授業を学校のように受けます。

これにより専門知識や技術だけでなく、現場での実体験なども聞くことができるためカウンセラーという仕事への理解も深めることができます。

授業は少人数制で演習なども取り入れているため、一方的な授業とは違い実践力の習得にも役立ちます。

1級、2級どちらも日本カウンセリング普及協会の認定資格であるため、カウンセラーとして働く上で心強い後押しとなり、社会的な信用を得やすくなります。

カウンセリングを利用しようと考えている人たちからしても分かりやすく、これだけの技術や知識を持っている専門家ならと選んでもらいやすくなります。

企業や学校でカウンセラーとして働きたい場合も、この資格があることで採用率が上がります。

何より自己理解を深めることができるため、日々の生活に取り入れることで仕事や人間関係、様々な悩みを自分の力で解決することができるようになります。

最後に

カウンセラーは誰でもなることができる職業です。
だからこそ、他者との差別化をはかるためにも専門的な知識や実践的な技術を持っていることが強みとなります。
自分の心を知り、相手の心に寄り添い、具体的な解決に導く力を養うことが大切です。

日本カウンセリング普及協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

公務員になるための試験:国家公務員採用一般職試験(旧防衛省職員Ⅲ種)

かつては、防衛庁と呼んでいた時代があり、この時代は国家公務員試験は、キャリアである1種と、大卒程度が受験する2種、さらに高校卒業予定者や短大、専門学校卒業予定者が受験をする3種とが存在したものです。 …

女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。 生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。 男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の …

学生の時にとっておきたい資格:宅地建物取引士

将来役立てることができる可能性の高い宅地建物取引士試験にチャレンジし、自分の将来に備えていくという事を考えてみましょう。

仕事に役立つ英語の資格:JTA公認翻訳専門職資格試験

近年、留学や旅行で海外に行く機会が増えており、英語を活かした仕事に興味を持っている方も多いかと思います。 そこで仕事に役立つ英語の資格として挙げられるのが「JTA公認翻訳専門職資格試験」です。

医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士

調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

楽天モーションウィジェット