シンプルでエレガント!ノーカラーコートの冬コーデ

ノーカラーコート

冬のアウターには様々なものがありますね。

最近のレディースファッションではノーカラーコートがトレンドとなっており、街でも少なくない確率で着こなしている方がいたりします。

スポンサーリンク

ノーカラーコートの着こなし方

一口でノーカラーコートといっても、そのシルエットには複数の種類があります。
自分のスタイルに合わせやすいものをセレクトするのがポイントです。

ノーカラーコートとは「襟のない」コート、という意味ですから、その通りに襟のない仕立てとなっているのが大きな特徴となっています。
これによる効果ですが、やはり首周りがスッキリして見えることから小顔になれることが挙げられます。

冬のコーデでは重ね着や色々と着込んでしまったりすることが非常に多く、気を付けないとちょっと太めに見られてしまうこともあります。
ですが、首周りがスッキリするだけで、かなり軽やかな印象を与えることができるんです。

加えてノーカラーコートの場合、比較的横に拡がらない縦ラインを強調したアイテムが多く、これによって着やせ効果もあります。
若い方だけでなく幅広い年代の方であっても問題なく着こなせるのです。

ノーカラーコートの選び方

強いて挙げるとすれば、あまりにもフェミニンなスタイルを強調したもの、ピンクやホワイトを用いたり、丈の短いアイテムはどちらかといえば若い方向けでしょう。

色味の深いもの、落ち着いた仕様のものは大人の女性がバッチリとハマる傾向があるので、それを念頭に置いてセレクトすると、個性的でなおかつキュート、そしてエレガントなコーデが可能となるのです。

もちろんナチュラル系のコーデの場合では、エイジレスなゆったりスタイルのノーカラーコートがおすすめで、かなり長く使用できるところが魅力となります。

ノーカラーコートにはレディライクな雰囲気を強調させるものや、ゆったりめのサイズ感でカジュアルに、メンズライクに着こなせるような個性的なアイテムもあったりとバリエーションが豊富です。

ノーカラーコートのおすすめコーデ

シンプルなアイテムだけに基本的にマッチング性は高いのですが、アイテムごとに設定されているラインを理解しておくとコーデを外すことがなくなります。

また敢えてミスマッチングさせる際にもそれをしっかり意識しておくと技ありコーデが可能となるんです。

ショート丈のノーカラーコートコーデ

比較的丈の短いものではスカートが似合います。

その際にはスカート丈もあまり長くないものの方が、より可愛くすっきりとまとめることが可能となります。

冬の場合、ストッキングでカバーするか、少し暖かい日のコーデとして活躍させるのもテクニックといえるでしょう。

ロング丈のノーカラーコートコーデ

ロング丈のものはスカート、パンツどちらにも合わせることができます。

ですが、意外とやってしまうのが、拡がるようなシルエットのものをパンツスタイルと合わせてしまうことです。

これは足の長い方であれば問題がありませんが、通常の体形の方では少し野暮ったくなることがあるので注意が必要となります。

どうしても着たい場合は、足元をレディスタイルな小物、メリハリのある色使いで締まった印象を得るようにしましょう。

ボタンの開け閉めはスタイルに合わせて

また冬の寒い日にはどうしてもアウターのボタンを閉じてしまいますが、ノーカラーコートはボタンを閉じた際と開いた際のシルエットや印象がかなり変わってしまうアイテムでもあります。

基本的に無地で、過度な装飾を排した仕様となっているものが多いですから、ボタンを閉じてしまうとノーカラーコートの面積のみが相手に伝わってしまうのです。

インナーで可愛らしさやその人の個性を出しているような場合では、あまりボタンを閉じてしまわないことがおすすめです。

ボタンを閉じた際にもエレガントな装いに映る小物使いや髪型、スカート丈を工夫することで、よりその人のオシャレレベルをランクアップさせることができるのも魅力です。

ファーやビジューでかわいさアップ

最近はポケットや袖口にファーが付属していて、それらを脱着できるようなアイテムも登場しています。
可愛さを得ることができるのはもちろん、コーデの幅が拡がります。

またエレガントでキュートな雰囲気を高める装飾にビジューがありますが、最初から首周りにデコレーションされているアイテムもあります。

もしくはブローチ等を自分で付け加えてみるといったアプローチも有効となり、センス次第でとても幅広い着こなしを実現できるのです。

最後に

ノーカラーコートのポイントをまとめると、首周りをスッキリさせることによる小顔効果、そして無地でシンプルなアイテムが多い分、サイズ感やカラーによる基本ラインをしっかり理解することが重要となります。

これらを踏まえておけば、いたずらに高い価格帯のブランドを選ばずとも、コストパフォーマンスの高い製品を手にすることが可能ですから、まだ手にしていない方はぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

プチプラアイテムもブランド品に見える巧いコーデ!

近年、若い世代を中心に幅広い年齢層でプチプラアイテムが人気になっています。その理由は、昔の低価格帯商品とは違って、お洒落なアイテムを安く購入出来るようになったからです。 その為、工夫次第ではブランド品 …

美人度がUPするアイテムの使い方!~靴~

女性は、靴で美人度を上げることが可能です。 まず、男性より靴の種類が多いですから、選びがいがあり、センスを発揮しやすいです。 また、たびたび映画などの作品に、メインアイテムとして取りあつかわれるほど、 …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【保護者会】

担任の先生と保護者が一堂に会する、いわゆる保護者会は、今も昔も必ず行われる学校行事のひとつです。 だいたい年度の初めに行われるので、この会を機会に、ママ同士が知り合いになるケースも多々あり、先生だけで …

ファッショントレンドはどうやって生み出される?

毎年、毎シーズンどんどん新しいものが生み出されるファッショントレンドですが、実際どこから生み出されているのでしょうか。 気がつくとアパレルショップでは同じようなトレンドアイテムが並んでおり、それらを人 …

革の鞄を長持ちさせるお手入れ&保存方法

革の鞄は上手く使い込む事で長持ちしますし、風合いが増して見た目も良くなります。長持ちさせるコツは、適切なお手入れと保存をする事です。 専用の道具を持っていれば、誰でも簡単にできますので、大切な革の鞄を …

楽天モーションウィジェット