NOBILITY DOLLのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、NOBILITY DOLLのドールについて紹介します。

スポンサーリンク

キュートなリス型ドールや少年タイプも

NOBILITY DOLLの代表作

韓国発祥のドールメーカー、NOBILITY DOLL。

その一番の代表作は、リスを擬人化した「Scon」シリーズです。

Sconは身長13cmほどの比較的小さなドールです。

リスを擬人化した姿をしており、首・肩・肘・足の付け根・膝・足首に球体の関節が入っています。

また、しっぽや手足の部分はパーツを付け変えることも可能です。

そしてこのドールの最大の特徴としては、「表情」が挙げられます。

Sconシリーズの場合、両目開き・片目ウインク・両目半開き・両目閉じと、4種類の表情があります。

そしてこれらの表情のどれもがとても感情豊かなものとなっています。

また、頭の部分を前と後ろに分けることができ、比較的簡単に付け変えることもできるため、気分に応じて自由に表情を変えることも可能になっています。

そしてSconシリーズの特徴としてもう一つ挙げられるのが、バリエーションの多さです。

ベーシックバージョンの場合は白色なのですが、黒色のスチームパンク、褐色の日焼けバージョンなども売られています。

また、洋服や小物がセットになったものもあるため、はじめてドールをお迎えする方にとってもお迎えしやすい子になっています。

なお、NOBILITY DOLLでは、リス型のSconの他にも、ネコ型の「Taro」も制作しています。

Taroは身長20cmほどと少しサイズは大きくなりますが、稼働場所はSconと同様になります。

また、表情パーツは変えることはできませんが、こちらも様々な洋服とセットで売られています。

NOBILITY DOLLが創る人型ドール

動物を擬人化したドールで有名なNOBILITY DOLLですが、人型ドールも制作しています。

制作されているのは主に身長56cm~70cmの3分の1サイズのドールとなっています。

人型ドールの場合、関節が肩・肘・手首・足の付け根・膝・足首に入っており、首も動かすことができます。

関節はある程度伸びるため、「女の子座り」や「体育座り」といったポーズをさせることも可能です。

ただし、関節を曲げると関節にあけられた穴が少し見えてしまうため注意が必要です。

また人型ドールの場合、ドールメーカーによってメイクが大きく異なっており、それによって表情も大きく変わります。

NOBILITY DOLLの場合、眉毛・目尻ともに上がっているメイクが多いです。

唇のメイクはやや薄いため、全体的に大人っぽく、キリッとした印象を受けます。

衣装も全体的にロックテイストのものが多いのが特徴的です。

そしてドールメーカーによって、女性型ドールに力を入れているか、男性型ドールに力を入れているか分かれる場合も多いです。

NOBILITY DOLLの場合はどうかというと、男性型ドールにかなり力を入れています。

具体的には、女性型ドールは58cmのもの1種類に対し、男性型ドールの場合は57cm、63cm、70cmの3種類あります。

そのため、様々な種類から自分の好きな身長の男性型ドールを選ぶことが可能になっています。

また、ドールを購入する場合、事前にボディカラーやメイクを選択する場合もあります。

NOBILITY DOLLの場合、表情は固定でボディカラー・メイクを調節する場合が多いです。

NOBILITY DOLLのドールをお迎えするためには

NOBILITY DOLLは動物型・人型と様々な形式のドールを製作しています。

では、実際にお迎えするためにはどのような方法があるのでしょうか。

ドールメーカーの多くは、自社の公式ホームページでも販売を行っています。

それはNOBILITY DOLLの場合も例外ではありません。

ただし、ここで注意が必要なのが、ホームページの言語です。

海外のメーカーの場合、日本語に対応していない事も多いためです。

NOBILITY DOLLの公式ホームページの場合、対応言語は英語になります。

クレジットカード払いにも対応しているため、英語が得意な方は公式ホームページからの購入も検討にいれてもいいでしょう。

ただ、海外のサイトからの購入が怖い場合や、日本語文の説明を見ながら購入したい場合は、やはり日本で展開されているドール専門店からの購入がおすすめです。

例えばDOLKSというホームページは、様々な海外製のドールを代理販売しています。

このような代理店でもメイクやボディカラーなどの細かい発注が可能となっているため、代理店を利用するのも一つの手といえます。

また、ドールをお迎えするにあたり関係してくるのが費用です。

NOBILITY DOLLのドールの場合、人型の場合はやはり5万円以上、場合によっては10万円以上も覚悟する必要があります。

一方、SconやTaroなど、動物型の場合は3万円程度からお迎えすることも可能です。

人型に比べると比較的価格も抑えられているため、お迎えしやすい存在となっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

プラモデルやフィギュアの塗装に!シタデルカラーの特徴と使い方

プラモデル作りにおいて、進化しているのは塗装技術だけでなく、使いやすさが考えられた塗料の登場も見逃せません。 使い勝手の良い塗料は、フィギュアの塗装にも適していますから、新しい塗料の可能性を知ると、作 …

買って良かった!面白すぎる「PS Vita」のおすすめソフト3選

最近の携帯ゲーム市場はスマートフォンに押されていますが、ゲーム専用機であるPS Vitaにはハイクオリティなソフトが揃っています。 タッチディスプレイや背面タッチパネルに加えて、十字キーやボタンがある …

Cheery DOLLのドレスや小物で我が家のドールをおしゃれに!

ドールメーカーから発売されているドールはそのままでも魅力的ですが、衣装にこだわることでより楽しみが広がります。

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「STUDIO HAMSTER」

近年、アニメや漫画、ゲームが世界中でブームとなっていて、ただ作品を楽しむだけではなく、コスプレという形で参加する人が増えてきています。 もともとは、仮装を意味するコスチューム・プレイから作られた和製英 …

カードゲーム「フラックス」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク フラックスはどんなゲーム? フラックスは状況の変化に振り回されることを楽しむカードゲームです。 ルールは簡単ですが、ゲーム進行とともにそのルールが変わっていき、勝利するための条件もコ …

楽天モーションウィジェット