アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:水を付けてドライヤーで乾かす

服を洗濯すると、どんな服でも多少はシワが付いてしまうものです。服のシワはそのままにしておくと、だらしない印象を与えてしまいますし、シワが付いた状態のまま長時間放置しておくと、シワが形状記憶のようになってしまい、なかなか綺麗にシワが取れなくなってしまいます。
せっかくお気に入りの服を着て外出しようとした時に、服のシワが気になってしまうと、外出も思い切り楽しめなくなってしまうでしょう。着替えようにも時間が無かったり、コーディネートを最初からやり直すのも、手間がかかるものです。

しかも出張先など、アイロン無しという状況で服のシワに気付いてしまうとどうしようもありません。友人やビジネスの相手などにだらしない服を見られてしまうのは避けたいところなので、アイロン無しでもシワを落とせる方法を知っておくと役立ちます。

スポンサーリンク

服のシワを取るにはアイロンが必須?

一般的に、シワを伸ばすためには、アイロンを使うのが必須だと思い込んでいる人も多いですが、実はアイロンはあくまでも”シワを取りやすくするアイテムの一つ”に過ぎず、絶対にこれでなければシワを綺麗にできないという訳ではないのです。
霧吹きで水を吹きかけたり、シャワーの湯気や加湿器の蒸気を当てることでもシワをある程度軽減することができ、アイロン無しという状況でも、なんとか着られる状態にすることも可能なのです。
コツを覚えれば簡単に実践できるものも多く、アイロンと違って服の生地を傷めることなく、シワ取りできる方法もあるので覚えておくと良いでしょう。間違った方法を実践してしまうと、シワが悪化したり、生地にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

アイロン無しでもドライヤーがあれば大丈夫

アイロン無しでも服のシワを伸ばすことができる方法があると述べましたが、その中でもお手軽でおすすめなのが”ドライヤーを使ったシワ伸ばし方法”です。ドライヤーの強力な温風を活用することで、非常に短い時間で驚くほど簡単にシワを取ることができます。

具体的なやり方としては、まずシワを取りたい服をハンガーなどにかけて吊り下げます。この時、うっかり服に他のシワやヨレを付けてしまわないように注意しておきましょう。
そのままドライヤーを当ててしまうと、余計なシワやヨレが、そのまま癖になって残ってしまうこともあるので注意が必要です。

綺麗に吊り下げられたら、次に霧吹きなどを使ってシワが気になる部分をしっかり湿らせるようにしましょう。そのままドライヤーの温風を当てても良いのですが、湿らせた後に手でパンパンと叩いてシワを伸ばしたりして一手間加えると、さらに仕上がりが綺麗になります。

ドライヤーを使ってシワ取りする場合のコツとしては、シワが気になる部分からドライヤーを4cmから5cm程度離しておくことが挙げられます。
服に近すぎると生地を焦がしてしまうリスクもありますし、反対に離しすぎてしまうと熱が行き届かず、シワを綺麗に取り除けないことも多いです。また、シワが取れるまでずっとドライヤーを手に持ってキープしておかなければならないので、手が疲れてしまうという難点もあります。

しかしアイロン無しでも手軽に行える方法ですし、短い時間で効果的にシワを伸ばすことができるのでいざという時に非常におすすめです。温風を当てた後に冷風を当てておくと、伸びたシワが音に戻るのを防ぐことができるので、仕上げの一手間として実践してみましょう。

どうしても服のシワが取れない時には

アイロン無しという状況では、完璧にシワを取り除くことは難しいですが、どうしても綺麗にシワを無くしたいという場合は、専用のシワ取りスプレーを使用してみましょう。

霧吹きのように服に吹きかけた上で、ドライヤーなどを使ってシワ取りすれば、普通にやるよりかなり綺麗にすることができます。消臭効果がプラスされている商品が多く、気になるニオイも一緒に取ることができるという一石二鳥のメリットも得ることができます。

ただ、シワ取りスプレーは服の素材によっては使用できないものもありますし、何度も使用していると生地が成分に慣れてしまい、効果が出にくくなるといった注意点もあるので覚えておきましょう。効果の大きさは折り紙付きなので、出張などの際には、いざという時の備えとして持ち歩くようにすると安心です。

最後に

服の素材となっている繊維は、だいたい熱を加えると伸びるのでシワを軽減させることができます。
ドライヤーやシャワーの湯気など熱を持っているものを利用することで、アイロン無しでも服のシワを伸ばすことができるのです。アイロンは重いし火傷の危険もあり、毎日アイロンがけするのを苦手に感じている人も多いでしょう。

本格的に付いた頑固なシワの場合は流石にアイロンを使用しないと取れないですが、ある程度軽いシワであれば、わざわざアイロンを使用しなくても綺麗にすることは可能です。
アイロン無しという状況の時だけこれらの方法を活用するのではなく、できるだけアイロンを使わずにシワを取っていきたいという人にも、おすすめの方法だと言えます。

実践する場合は服の素材などにも注意し、ダメージを与えないように気を配りながら行いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

目からウロコ!100円ショップで買えるお掃除グッズ

近年、お掃除グッズの進化は素晴らしく、簡単に汚れが落とせるもの、細かい所や高い所など手の届きにくい場所も掃除できるようなグッズがたくさん出てきています。 何より嬉しいのは、100円ショップなどで安価に …

プレゼント選びに困ったら~40代女性が喜ぶプレゼント~

40代女性にプレゼントを選ぶ時、何をあげればいいか迷いませんか? 同じ性別年代の人であれば、自分の欲しいものを選ぶと大体無難ですが、年齢も性別も違う人が選ぶとなると何をプレゼントすればいいのか全く予想 …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : 焼肉プレート

焼肉は、ただ肉を焼くだけの料理というわけではなく、とても味わい深い日本を代表する料理の1つです。 目の前で肉を焼いて食べるものですが、肉の焼ける音を聞いたり、香りを嗅いだりすると思わず食欲がそそられま …

いまさら聞けない年金入門|遺族年金の仕組み

遺族年金は、生計を1つにしていた家族が死亡した場合、遺族に支給されるものます。65歳を超える必要はありません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類があり、公務員を対象にした共済年金が、2015年から厚 …

インターネットバンキングのリスクと注意点

今日では、インターネット上においてのみ営業する無店舗型の銀行や、既存の銀行でも取引がインターネットで完結する銀行が増えてきました。 利用者は店舗に行って取引する必要は全く無く、パソコンやスマートフォン …

楽天モーションウィジェット