アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:シャワーの湿気を利用する

着ようと思った洋服やスーツが、シワだらけになっていて着られないと焦ったことはないでしょうか。
特に旅行先や、アイロンを持っていない場合には、アイロンでシワを伸ばすこともできません。なかにはアイロンがけが苦手なので、クリーニングに出して対処しているという人も多いでしょう。

しかし当日の朝ではクリーニングに出している暇もありません。そのような場合にもアイロン無しで服のシワを取れる方法があるのです。

スポンサーリンク

アイロン無しで服のシワをとる方法

アイロン無しでもシャワーの湿気を利用して服のシワを取ろう

アイロン無しで服のシワをとる方法としては様々な方法がありますが、その一つにシャワーの湿気を利用するという方法があります。
この方法を行えば、スーツや洋服についたシワだけでなく、においも同時に解消することができます。

やり方としては、朝シャワーを浴びるときに、シワを取りたい洋服やスーツを浴室内に持ち込みましょう。シャワーがかからないように、洋服やスーツをハンガーで吊るします。
この時に気をつけなければならないのが、シャンプーやボディーソープなどが洋服やスーツに付着してしまうと、傷みやシミの原因となってしまいます。そのためこの方法を行う場合には細心の注意が必要であるといえます。

シャワーを浴びるときには換気扇をつけずに、室内に湿気をこもらせるのがポイントです。
この方法であれば、旅行先でも簡単にシワをのばすことができるでしょう。旅行中であれば、前日の夜に入浴したりシャワーを浴びたりした際に、浴室に吊るしておきましょう。入浴後に換気扇を回しておくと、朝起きた時にはシワも伸びて、パリッとした洋服やスーツを着用することができるでしょう。

シャワーの蒸気で服のシワを取る前に気をつけることとは

どんな洋服やスーツでも、クリーニングに出せば出すほど生地は傷んでしまいます。
特にドライクリーニングとなると薬剤が使われるため、スーツや洋服へのダメージは大きくなります。スーツにシワがついたからといって、すぐにクリーニングに出している人は多いと思いますが、できるのであればこの習慣はやめた方がよいでしょう。

自宅にアイロンがなくても、上記にあげたシャワーの湿気を利用する方法などによって、洋服のシワは十分に取ることができます。クリーニングに出さなくても自分で手入れをしっかり行うことで、スーツを良い状態で長く着ることができるのです。
これによりスーツや洋服の買い替えも少なくなり、またクリーニング代も減り、大きな節約となるでしょう。

それではシャワーの蒸気を使って、アイロン無しで服のシワを伸ばす場合には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
まず最初に、浴室に持ち込む前に、コートやスーツの場合には、ブラッシングを行いましょう。コートやスーツの場合には、目が細やかであるために、何回か着用を繰り返すことです、繊維の隙間にごみやほこりがつまってしまいます。
そのためできることならば、着用後に毎回ブラッシングをしてごみやほこりをしっかりと除去することが大切です。
これらを放置することで虫食いの原因やシミの原因にもなってしまいます。

そして洋服やスーツを浴室に持ち込んで服のシワを取る際には、しっかりとしたハンガーを使用するようにしましょう。ジャケットなどを針金でつくられたハンガーなどにかけていると、厚みのある衣服の場合には、肩の部分がつぶれて形が崩れてしまいます。

シワを取った後の保管方法や、他のシワ取り方法とは

スーツや洋服を、蒸気を利用して服のシワを取ることができたら、すぐに着用しない場合には、クローゼットなどに保管することになるでしょう。この保管方法も非常に重要なものとなります。

シャワーの蒸気でシワをがとれたとしても、スーツや衣服の内部にはまだ湿気が残っている可能性も十分にあります。そのため、直後に保管するのであれば、日陰に干して、しっかりと乾燥させたうえでクローゼットなどに入れるようにしましょう。
また、洋服をたくさん持っているおしゃれな人ほど、クローゼットの内部が洋服でパンパンになっていることもあるでしょう。洋服を掛けた時の間隔がほとんど開いていない場合には、洋服がつぶれて立体感がなくなってしまいます。
また取り出すときに洋服同士がこすれ合って、摩擦で洋服の生地が傷んでしまう可能性もあります。また洋服同士の間隔が開いていないと、通気性も悪くなり、カビや臭いが発生する原因にもなってしまいます。
クローゼットに保管する際には、これらのことに十分気をつけて保管するようにしましょう。

最後に

それではシャワーの蒸気を利用する他には、アイロン無しで洋服のシワを取る方法はあるのでしょうか。
近年では、洋服のシワや臭いを取るための服のミストも販売されています。これは服全体ではなく、一部分にシワが出来てしまった場合などには、効果的に使用することができるでしょう。そして女性の場合には、ヘアアイロンで対処するということもできます。
しかしこれらの方法を行っても、シワがきれいに取れなかったり、シワだけでなく全体的にヨレヨレした状態になってきた場合には、クリーニングを使用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

U-mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今スマートフォンを使っている人は、格安SIMに乗り換えてみるといいでしょう。 これは、大手キャリアのプランよりも、非常に安いのが魅力です。 今回は、格安プランや安価なスマートフォンを扱っている、U-m …

プレゼント選びに困ったら~20代女性が喜ぶプレゼント~

20代女性が喜ぶプレゼントは、イベントやシーンによって異なります。 どういうものをどういう時に選ぶのかが重要なポイントになります。 スポンサーリンク 予算設定も重要 まず予算ですが、20代女性の中でも …

塩素系漂白剤で掃除する効果的な使い方

塩素系漂白剤と言えば、キッチンなどで使用する漂白剤というイメージが強いのではないでしょうか。

UQ mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

最近、格安スマホや格安SIMの人気が高まっています。 スマートフォンは便利ですが、キャリアの場合、毎月の通信費は、かなり大きな出費となります。 そのため、格安スマホや格安SIMが、一気にシェアを伸ばし …

洗い方をマスターする:ニット帽

お気に入りのニット帽はありませんか。 よくかぶっているという人も多いかもしれません。特に、寒い冬には手放せないという人もいるでしょう。

楽天モーションウィジェット