アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:濡れタオルで湿らせる

旅行や出張先など、自宅から離れてホテルに数泊泊まる経験をしたことのある方は少なくありませんが、少しでも持ち歩く荷物を減らすためにも、持っていく服などは最低限の数に抑えて、上手く着回しをするなど工夫をしている方が増えてきています。
ただ服が汚れてしまったり、シャツなどシワが強くついてしまった場合は、ホテルのクリーニングサービスを活用するか、コインランドリーを利用して自分で洗濯と乾燥を行う事によって、綺麗に汚れを落とすことが出来るようになりますが、服のシワは洗濯と乾燥だけでは改善することが出来ない恐れがありますので、アイロン無しで上手くシワを伸ばす方法が必要となってきます。

スポンサーリンク

外出先で、服のシワを伸ばす方法

まず、いちばん簡単に行えるアイロン無しでシワ伸ばしを行える方法が、ホテルなどに備え付けられているフェイシャルタオルなどを濡らして、しっかり水気を絞った濡れタオルを作り、シャツなどシワが目立つ部分に「ポンポン」と濡れタオルを叩いて適度に湿らせてから、生地が傷まないようにパンと服を伸ばすようにして、濡れた部分が乾くようにシャワールームなどにかけておくと、翌朝までにはシワが綺麗に伸びてシワを気にせずに服を着ることが出来ます。

濡れタオルを利用する際のポイントとして、水気が残らないようにしっかり絞っておくことです。ビショビショの濡れタオルを使用してしまうと、シャツなどが過度に濡れてしまい、乾くまでに時間がかかってしまうので、部分的なシワであれば特に、極限まで絞ったタオルでポンポンと軽く叩くように服を湿らせる方法を利用するとアイロン無しでも綺麗な状態に仕上げることが可能です。

急いでシワを伸ばしたい時の裏技

時間に余裕があるときには、ホテルのコインランドリーを利用することで、汚れた洋服なども簡単に洗濯を乾燥を行うことが出来ますし、フォーマルな衣装や高価な服の場合は、生地にダメージを与えないためにも、ホテルに依頼してクリーニングサービスを利用する事も1つの方法とされています。
ただどちらも、ある程度時間がかかってしまう恐れがありますので、どうしても急いで部分的なシャツなどについたシワを伸ばしたいという場合には、アイロン無しでもシワを伸ばせる裏技を利用する方法もあります。

それは、体を洗う際に使用するシャワー時に、シャツなどをシャワールームにかけておくと、シャワーの温度で暖められた部屋は適度な湿度に包まれるので、シャツが適度に湿度や湯気で湿り、シワが伸ばしやすくなるメリットがあります。濡れタオルなどを利用して服を湿らせるよりも、シャワー中に簡単に行えるので忙しい方におすすめの方法になっています。

ただ湯気の中長時間服を置いてしまうと、服が水分を吸いすぎてしまい、服全体が湿ってしまう恐れもありますので、湿り気などを適度にチェックしながらシャワーをあびるようにしましょう。

シャワーから上がったらまず服全体をしっかり伸ばし、シワが目立つ部分を念入りに伸ばすようにして乾かすと、綺麗な状態に仕上がります。
湿り気が強い場合には、大判のバスタオルでシャツなどをサンドし、優しく押し付けて水分を吸ってあげると湿り気は大分改善するので、乾きやすくなりますし、ホテルに備え付けのドライヤーをあてると、短時間で乾かすことが出来ますので利用することをおすすめします。

ヘアアイロンで服のシワを伸ばす

また部分的なシワをしっかり伸ばす方法として、通常のアイロン無しでも行えると多くの方が利用しているのが、ヘアアイロンの利用です。
服に使用するアイロンと何が違うのかというと、ヘアアイロンは両側が鉄ではない素材に覆われている特徴があるので、通常のアイロンに比べて、生地にダメージを与えにくいメリットがあります。
また最近では、コードレスタイプのヘアアイロンも増えてきていますので、濡れタオルでシワの気になる部分を軽く湿らせるか、シワ伸ばし用のスプレーをかけた後、ヘアアイロンで軽く挟み込むだけで簡単にシワを伸ばすことが出来ます。

携帯用のアイロンは、小型タイプが多いので、部分的なシワ伸ばしには役立つと女性の多くが利用しています。
ただ通常髪に使用したヘアアイロンは、アイロン面に整髪料が付着していたり、髪の汚れが付いている場合もありますので、シャツなどに使用する際には、アイロン面が汚れていないかチェックして、清潔な状態にしてから利用すると汚れが付着しないので綺麗な仕上がりになります。

最後に

ヘアアイロンは高温の熱でシワを伸ばすため、普段着や作業着などは特に気にせずに使用することが出来ますが、フォーマル用の衣服や高価な服などは、デリケートな素材が使用されている場合がありますので、いきなり高温の熱を当ててしまうと生地を傷める恐れがあります。
その為、使用する前に服の洗濯、アイロン表記をしっかりチェックすることが大切です。
素人には扱いにくい素材であれば、クリーニングサービスを利用するか、あて布をあてて慎重にアイロンかけをするようにするとアイロン時のダメージを減らすことが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

初心者でも簡単!プランターでの家庭菜園の始め方

家庭菜園と言うと、多くの人が庭で野菜を栽培するというイメージを持つのではないでしょうか。 野菜を育てる楽しみ、料理を作る楽しみ、そして新鮮な野菜を食べる楽しみなどを味合う事が出来ます。

子どものしつけは「怒る」のではなく「叱る」です

子どもを諭さなければならない時、親はついつい感情が出て、怒ってガミガミ言ってしまいがちです。 しかし、叱ると怒るは違い、親の接し方によって、相手の受け取り方が大きく変わります。 親が躾をする必要がある …

クレジットカード「UCSカード」の特徴やおすすめポイント

新たにクレジットカードを作るなら、UCSカードがおすすめです。 UCSカードは、株式会社UCSが発行しているカードで、さまざまなサービスや特典が用意されています。 一般的なクレジットカードだけでなく、 …

初心者におすすめのペット:コノハカメレオン

爬虫類は好き嫌いが分かれると言われていますが、その個性的な外観を好む人が増え、さらに爬虫類を飼うのに適した器具やフードも販売されるようになったので、初心者も含めてこれらを飼う人が多くなってきました。 …

結婚指輪と婚約指輪の違い

男性から女性へプロポーズをするときに欠かせないアイテムとして、婚約指輪があります。 映画やドラマなどのシーンで見かけたことがある人もいると思いますが、一粒のダイヤモンドがついた指輪というのが一般的な形 …

楽天モーションウィジェット