究極の普通!「ノームコア」ファッションってどんなファッション?

ノームコアというファッションがあることをご存知ですか?

今密かに流行の兆しがあるファッションなのですが、これはノーマル(普通)とハードコア(究極)が合わさった究極の普通という意味の造語です。ファッション業界において、流行の流れはいままで幾通りもありましたが、ついに普通というファッションがブームとなる時代がやってきたようです。

スポンサーリンク

ノームコアファッションについて

一見するとシンプル過ぎて、逆に野暮ったいような服装が多く、ここ日本でもニューバランスのスニーカーや、シンプルなストレートジーンズなどで合わせた、一歩間違えるとちょっとダサくなってしまうようなファッションが多く見られます。この理由としては、今までのファッショニスタたち、トップモデルたちによるハイブランドなコーディネートや、デザイナーたちの奇抜なファッションに対するアンチテーゼとして、確立してきたと言われています。

それこそ、だれもが気軽に買える価格帯で、ショッピングセンターで購入できるアイテムで充分に成立させることができるいう背景もあります。奇をてらう必要も、背伸びする必要もないという、極めて自然体のファッションとして誕生し、これがファッションの本場ニューヨークから火がつき、瞬く間に世界中にノームコアという言葉が広まっていきました。

長引く不況と、トレンドに敏感になりすぎて食傷気味だったファッション業界。
スニーカーにデニム、パーカーといったアイテムなら、誰でも気軽に試すことができることもあり、ノームコアファッションは今、密かなブームとなっているようです。

ノームコアは誰でも挑戦できるファッション

このノームコア、誰でも簡単に取り入れることができます。先ほども書きましたが、とにかく普通であることがトレンドとして成立したのですから、気取ることも無理することもありません。
ストーンウォッシュのジーンズにシャツにスニーカー。それぞれのアイテムがブランド物である必要もありません。
近所に買い物に行って手に入るアイテムでコーディネートし、それで完成させても良いのです。ノーマルとハードコアですから。

良く引き合いに出されるノームコアの代名詞と言われる人物がいます。それが、故スティーブ・ジョブズ氏です。
Apple社の共同設立者の一人で、iPhoneの発表セレモニーは誰もが一度は見たことがあるでしょう。あの会見での彼の服装を思い出せますでしょうか?

黒いタートルネックのニットにデニム、そして足元にはニューバランスのスニーカー。

彼はなんでもあの服装を10年も着続けていたそうです。(ジョブスの場合は、ファッションとしての認識よりも服装を考える時間を節約するためだったというのは有名な話です。)
ちなみに黒いニットはイッセイミヤケ、デニムはリーバイスと決まっていました。

このケースのように、極端にミニマリズムを体現する必要はありませんが、要するにそこまで凝ったコーディネートをする必要もなければ、ハイブランドを無理して手に入れる必要もありません。
あくまで自分が気に入ったアイテムを気兼ねなく自然体で着るということ姿勢が、何よりもこのノームコアという究極の普通ファッションを表しています。
それゆえに年齢も性別も関係なく、挑戦できるファッションなのです。

究極の普通がもたらす影響について

誰でも簡単に挑戦できるファッションが密かなトレンドとして広がりつつありますが、ここで1つちょっとした違和感を覚えるのもまた事実です。それは、これが本当にファッションなのか?ということです。

ファッションは、これまで数々の挑戦の上に成り立ってきました。古くは男性女性というジェンダーの闘いがあり、階級という闘いがありました。

やがてファッションが一般の人たちの中にまで広がってきて、ようやく今の私たちは、服装やそのコーディネートを楽しめるまでになったのです。
そんな昔のことを引っ張り出してまで何を言うのかと思われますが、ファッションという文化は、挑戦の歴史があったからこその発展であり、今回のノームコアは挑戦をするという必要すらありません。

確かに誰でも簡単に取り入れることができるブームではあります。
これまで、ファッションというものに縁のなかった人にとっては非常に挑戦し易いトレンドだと思います。しかし、これがファッション業界という大きな俯瞰で見たときに、やはりこれは今までの挑戦の歴史とは相容れない流れであると言えるでしょう。

最後に

ここ数年、特に不況だと言われるファッション業界。
厳しい市場の影響を受け、年々大胆なチャレンジを避ける傾向が出てきてしまっています。消費者としては、不況の煽りを受け洋服を楽しむ余裕がないというのが本音のところでしょうが、このままノームコアと呼ばれる、大量生産品を必要な時に必要な分だけ買い求めるような流れが続いてしまうと、ますますファッション業界は萎縮してしまいます。

究極の普通がもたらす影響は、誰でも取り入れられるという一時の安心を得ることができるかもしれませんが、ファッションという文化から見ると極めて危険なことなのかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , ,

関連記事

ベージュコートの着回し方!同系色のニットワンピで”ワントーンコーデ”

コートというと、どうしても無難に黒やグレーを選んでしまいがちですが、ダークなカラーに偏りがちな冬だからこそ、お勧めしたいのが明るいベージュ色です。 デザインはできるだけシンプルなものを選ぶと、インナー …

季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!インナーはシンプルに

どんなファッションにも使える、万能なアイテムカーディガン。 コーディネートによって、様々な取り入れ方ができますね。割と、どんな服にも合わせやすいアイテムですが、中に着るトップスとの相性は大切です。

トレンドカラー!レッドのアウターを使ったコーディネート

今年のトレンドカラーであるレッドは、ニットなどのトップスや、ワイドパンツなどのボトムスで取り入れるとおしゃれです。 しかし、もっと周りの人との差をつけるなら、コートやジャケットなどのアウターで取り入れ …

お呼ばれに着ていくとい上品な印象になるドレスカラー【グレー】

グレーというと仕事用のスーツやジャケットあるいは制服などの色を思い浮かべるためか、どこか地味な印象を持たれがちですが、実はグレーは特殊な力を持つ色です。 使い方次第ではとても上品な輝きを放つ色で、おし …

年齢に合わせたおしゃれなコーディネートの仕方

おしゃれは楽しいですね。 本人にとってはもちろん、見る人にとっても楽しく気持ちのいいものです。 ですが、年齢と共におしゃれが難しくなることがあります。 自分自身が年齢を重ねるにつれ変化して、似合うと思 …

楽天モーションウィジェット