花見をするならここがオススメ!「千鳥ヶ淵緑道」のみどころ

花見で有名な千鳥ヶ淵緑道のみどころでは、江戸城の遺構となる濠の景色も重要な存在です。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメお花見スポット

江戸城の濠や土塁と調和する花見風景

この場所の地形は、関東ローム層が堆積する武蔵野台地になるわけですが、河川による侵食や人為的な工事の影響で、高低差のある景色が作られました。

徳川家康が江戸城を大改築する段階では、外側の濠の改修も進んで、堅固な土塁に囲まれた水辺風景が作られることになったのです。

千鳥ヶ淵緑道から眺められる濠の景色は、悠久の歴史の中で変化を遂げてきましたが、とても良い状態で保全されています。

関東ローム層の崖は、壮大な規模の盛土で被覆されていますが、その圧倒的な規模は、桜の景色と一緒になったときには壮観なものになります。

千鳥ヶ淵緑道から濠の水面にかけては、かなりの高低差があるものですから、渓谷沿いの池のような絶景が形作られています。

この独特な地形は、花見の時期にも微妙に変化することが知られています。開花直後には人通りも少ない状態ですが、次第に賑やかさを増して、盛大な雰囲気に変わっていきます。

例年では3月下旬には開花して、4月の上旬にかけて見頃を迎えます。最終盤の時期になると、散り際の花びらは水面へと浮かぶことで、ピンク色の絨毯のような水辺風景に変化します。

さらに、一斉の花吹雪が舞うようになると、クライマックスの瞬間になるわけですが、水面からの高さが十分にあるために、散り際の美しさも素晴らしくなるわけです。

曇っている日に花見をする場合でも、風光明媚な景色があるおかげで、明るい雰囲気を実感できることも魅力です。

雪が降る日に訪れても、桜の花見風景の美しさが見事になる場所です。

千鳥ヶ淵緑道の真下にある水面からも、花見を楽しめる

千鳥ヶ淵緑道は台地の上にあるわけですが、水面からも桜の景色を眺めたい人のために、ボート場が近くに完備されています。上からの眺めも魅力的なのですが、水面からでなければ実感できない絶景があるのも確かです。

この場所は、江戸城の濠の一部で、江戸時代であれば一般庶民が立ち入ることは到底不可能でした。ところが、現在では多くの観光客に開放されて、春にはボートに乗りながら花見もできるのですから、天国の徳川家康や太田道灌も、びっくりしているのではないでしょうか。

最初には千鳥ヶ淵緑道で1時間ほどは散策をして、次にはボートに乗船するコースを選ぶことで、両方の景色の良さを同時に堪能できます。水面に浮かぶボートは、特別に風が強い日でなければ、揺れる心配がほとんどありません。

周辺を高い土塁で囲まれている影響で、流れも非常に穏やかな環境になっているためですが、春の花見をする場合にも適していることになります。

最後の時期には、花吹雪を鑑賞できることは最初に紹介しましたが、水面からの景色は格別です。水上をゆっくりと航行しながら、千鳥ヶ淵緑道の真下を周回する途中で、桜吹雪が次第に強くなっていきます。

この瞬間にカメラのシャッターを押して、一瞬だけの写真に収めてみましょう。

花吹雪の絶景を楽しんだ後には、再び地上に上がって、今度はボートの姿を写真に撮ってみてはいかがでしょうか。ボートと桜の花見風景を撮影している途中には、水鳥が訪れることがあります。

野鳥と桜の景色も美しいですから、ボートの風景と合わせて撮影することもおすすめできます。

千鳥ヶ淵緑道は、夜の花見風景が美しいことでも有名

千鳥ヶ淵緑道の花見風景は、昼間の時間帯だけが魅力になるわけではありません。朝の日差しで桜が美しくなる瞬間から始まって、最後には夜景の景色を演出して、花見のクライマックスを迎えます。

夜の時間帯になると、会社帰りの人も多くなる影響で混雑も激しくなりますが、行列することを承知の上でも見てみたくなるほどの絶景です。

千鳥ヶ淵緑道の夜景を彩るのは、ソメイヨシノの木々に対して照射するライトアップです。このライトアップは、多角的な角度から行っていますから、様々な場所で景観が変わるのが特徴です。

下の部分は江戸城の濠になっている影響で、ライトアップの光が水面で反射して、幻想的な風景に変わります。

傾斜のある盛土と水面の景色だけを眺めれば、江戸時代と同じような感覚になるかもしれませんが、背後には高層ビルと東京タワーが見えることがポイントです。

夜景が見事な時間に訪れると、千鳥ヶ淵緑道からは夜桜と東京のビルのネオンを同時に鑑賞できます。このような景色は、江戸時代にはなかったものですから、現代人だけが楽しめる特権と言えます。

東京タワーのイルミネーションは、特別なイベントがある場合には、ライティングのデザインが変わることがあります。レアなイルミネーションが花見の時期に実施されるときには、千鳥ヶ淵緑道の注目度も同時に高まります。

夜桜の花見は、昼間と同様にボートからも楽しむことができますが、乗船しない場合でも、独特な夜景を鑑賞できます。

水面に浮かぶボートも光で照らされると、ライトアップの桜との対比も同時に素晴らしくなることから、この場面も写真に撮影することが人気です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

ロックフォード(アメリカ・イリノイ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのイリノイ州にあるロックフォードには、毎年たくさんの観光客が訪れていて、自然豊かな公園と博物館に人気が集まっています。

食べ物がらみのスポットがいっぱい!ナンジャタウンのおもしろさ

子どもと一緒に遊びに行きたい、友達と都内に旅行へ行く、室内で思い切り遊びたいという人には、池袋にあるナンジャタウンがおすすめです。 ナンジャタウンは、池袋駅から徒歩10分程度のところに位置する、サンシ …

カップル旅行で行きたい四国のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 四国地方に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

3月におすすめの国内旅行先3選

冬に終わりを告げ、間もなく春が訪れる3月には、旅行に行ける場所がたくさんあります。寒い地方であればまだ雪が多く降っており、最後の雪景色を楽しむことができる月でもあります。 また、暖かい地方はすでに春真 …

旅行におすすめのボストンバッグ

旅行に行くときに大切なのがバッグ選びで、荷物の量によって変わってきますが、1泊2泊といった短期間の旅行なら、ボストンバッグがおすすめです。

楽天モーションウィジェット