花見をするならここがオススメ!「舞鶴公園」のみどころ

舞鶴公園は、福岡城の跡地として、お堀沿いに桜の木が数多くならんでおり、その数は約1000本にものぼります。

昼は鮮やかなピンクの花が咲き誇り、見るものを魅了してやみません。しかし、夜になるとライトアップされ、お堀に反射する花と共に、艶やかな雰囲気に変わります。

もちろん昼の間もお花見に訪れる人たちも多いのですが、夜になると仕事帰りの方なども、一目見ようと足を運ぶこともあり、その人数は倍以上に増えます。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメのお花見スポット

舞鶴公園入口のライトアップは圧巻

最も人目を引くのが、舞鶴公園入口のライトアップです。ライトの色は何色にも変わり、昼間のピンク一色から、一気に様変わりします。

花や城壁を照らすライトアップ点灯式は圧巻で、花がライトに浮かび上がり、幻想的な情景が広がります。

オープニングイベントでは、近隣の高校の吹奏楽部による演奏なども例年行われており、目だけでなく、耳にも美しい花見になります。また、舞鶴公園内に進んで行っても、夜でも花見を楽しめるように、しっかりと灯りが確保されており、夜の花見も満喫できるようになっているのです。

花を見るだけでも大満足できますが、お弁当を広げて、その雰囲気に酔うのもいいでしょう。

また、福岡城の御鷹屋敷跡には、各地から集められた桜が点在しており、コーディネーターが解説しながら案内するサービスもあります。元々福岡市が試みている、タブレット端末を使用したツアーもあります。

タブレット端末を通して景色を見ると、黒田官兵衛の全盛期の頃の福岡城を、デジタル技術で再現した景色を見ることが出来るのです。在りし日の福岡城へ、タブレット端末を使ってタイムスリップした気分になれます。

出店が豊富でバーベキューも出来る

舞鶴公園には、花見シーズンになると、約100軒ほどのバラエティに富んだグルメ屋台とキッチンカーが出店されます。

お馴染みのたこやきや焼そば、梅ヶ枝餅やはしまき、フランクフルトを始め、B級グルメとして人気が出たシロコロホルモンや、大分の唐揚げ、肉巻きおにぎりやカレー、ケバブ、福岡名物の明太子を使用したグルメ、佐世保バーガー、焼き牡蠣などもあります。

お子さま連れには、さくら風味のソフトクリームもあり、種類は様々です。食べ歩きながらの散歩だけでもいいですし、宴会などでも利用できる、様々な充実したメニューが取り揃えられています。

また、福岡城さくらまつりの開催期間は、バーベキュー管理組合が設置され、場内整理や利用調整を行っており、花見をしながらバーベキューを楽しむことができます。

料金は、小学生以上でひとり100円のみです。この費用は、舞鶴公園内の適正利用や巡回指導、美化活動のために使われるためのものです。

業者を通してバーベキューを行う場合は、バーベキュー管理組合指定のバーベキュー業者を通しての利用となるため、バーベキュー料金とは別に100円かかり、その業者に支払うようになります。

持ち込みでバーベキュを行う場合は、まつり会場の受付本部に申請し、支払いを行います。

それ以外でも、元々福岡の有数の癒しスポットである大濠公園が併設していることもあり、大濠公園内にあるスターバックスコーヒーやピンクベリーを始め、公園の周辺には様々なテイクアウトショップが充実していますので、食事に困ることはありません。

自分にあったスタイルで、お好きなグルメを楽しむことができます。

有料ポイントももちろん、ソメイヨシノ以外の桜もおすすめ

夜になると、 桜園の天守台、多聞櫓、御鷹屋敷跡の特別ライトアップ が行われます。昼間は無料で入ることができますが、通常は夜間閉場しているエリアを特別に開放しており、1か所300円で入場出来ます。

全てを回る場合は、割引があります。舞鶴公園入口のライトアップとは異なる仕掛けで照らされており、また違った花見を楽しむことができます。

特に、天守台のライトアップは充実しており、毎年グレードアップしています。灯りと音が織りなす夢幻的な空間が、訪れる人を包み込むようになっています。

また舞鶴公園内に点在している桜の種類は豊富で、全部で約18種類ほどあります。まずは最も人気のソメイヨシノです。江戸後期に江戸染井村からやってきた桜で、ヨシノザクラと呼ばれていましたが、明治期にソメイヨシノという名になりました。

舞鶴公園内各所に点在しています。ソメイヨシノと同時期に開花を始めるのがヤマザクラ、ウスズミザクラ、シロタエなどです。中でもヤマザクラは、日本に広く分布する野生の桜です。

ソメイヨシノよりも、一足早めに開花するのが、ヨウコウ、オオシマザクラ、シダレザクラです。シダレザクラは、さくらまつり期間にも咲いているのを確認できますが、その頃は散りかけのことが多いです。

ソメイヨシノのが散る頃に開花を始めるのが、フゲンゾウやベニユタカなどです。さくらまつりが終わる頃に開花するので、あまり人目に止まることはありませんが、公式ホームページなどに詳しくのっているので、さくらまつり後でも探しながら、散歩をするのも良いでしょう。

早いもので、3月中旬頃から開花を、始め遅いものでは4月下旬ごろまで、楽しむことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

シャイアン(アメリカ・ワイオミング州)のおすすめ観光スポット

ワイオミング州・シャイアンは、アメリカの西部を横断するロッキー山脈がある州で、都会からはかなり距離がありますが、自然が溢れていてとても魅力的な街です。 アメリカで9番目に大きい州で、日本の本島と同じぐ …

メンフィス(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

テネシー州・メンフィスは、ミシシッピー川のほとりにあるアメリカ音楽の都です。 ブルースやロックンロールなど、アメリカの現代音楽の創始に貢献した町でもあります。

アイダホフォールズ(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

日本人からすると、アメリカといえばニューヨークやワシントンなどのイメージですが、アイダホには自然が溢れており、自然を感じたい人、動物が好きな人にはたまらない観光スポットがあります。

夏休みに家族で旅行したい福島県のおすすめスポット3選

福島県は東北地方の南部に位置する県で、浜通り、中通り、会津地方に分かれています。 それぞれの地域によって特色は異なりますが、豊かな自然が魅力の観光スポットや歴史や文化を感じることができる観光スポットな …

海外ウェディングにおすすめの国TOP5

交通機関の発達によって海外が身近なものとなり、海外旅行はもちろん、海外ウェディングを楽しまれる人が増えています。 おすすめの国をランキング形式でご紹介しますので、興味がある人は参考にしてください。

楽天モーションウィジェット