花見をするならここがオススメ!「新宿御苑」のみどころ

新宿御苑とは、東京都新宿区と渋谷区に跨っている庭園です。環境省が所管しており、日本でも有数なお花見スポットとして知られています。

毎年春になると、大勢の人が桜の花を見るために押し寄せます。その数は、70万人以上にものぼるとされています。

スポンサーリンク

一度は行きたい!おススメのお花見スポット

新宿御苑の歴史と成り立ちについて

新宿御苑は、江戸時代に信濃高遠藩内藤家があった敷地に、明治39年(1906年)に誕生しました。当時は、皇室の庭園として造られたものでしたが、第二次世界大戦後は一般に開放され、現在は国民公園として親しまれています。

新宿御苑は、およそ58ヘクタールの広大な敷地に、日本庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園の3つの庭園が組み合わされています。

新宿御苑では、それぞれの特色がある庭園を楽しむことができ、日本における、近代西洋庭園の名園とも呼ばれています。また、新宿御苑内には、皇室の伝統を受け継ぐ、様々な歴史的建造物があります。

まず、天皇や皇族たちの休憩所としてつくられた「旧洋館御休所」があります。旧洋館御休所は、スティックスタイルを基調とした、洋風木造建築となっています。

それから、昭和天皇のご成婚記念に建てられた「旧御涼亭」もあります。中国南方地方の建築様式を取り入れた、本格的な中国風建築です。

そして、「茶室・楽羽亭」があります。茶室・楽羽亭は、明治時代に皇族の休憩所として建てられましたが、戦災で焼失したため、昭和62年に再建されています。

その他にも、パリ万博で展示されていたものを輸入して、アメリカ人技師が設営工事を行った「擬木橋」もあります。擬木橋は、日本で初めて木を模した欄干です。

新宿御苑に咲く桜の種類と交通アクセス

新宿御苑は、都心の高層ビルの間にあるオアシス的な憩いの空間となっている庭園です。全国でも1位、2位を争う人気のお花見スポットとなっています。

新宿御苑は、周囲が3.5㎞あり、新宿門と大木戸門、千駄ヶ谷門とがあります。新宿門まで電車を利用した場合の交通アクセスは、東京メトロ丸の内線の新宿御苑前駅、都営新宿線の新宿三丁目駅、東京メトロ副都心線の新宿三丁目駅から、徒歩で5分程度のところにあります。

また、JR線・京王線・小田急線の新宿駅南口からは、徒歩10分程度となっています。西武新宿線の西新宿駅からは、徒歩で15分程度です。

新宿御苑には、四季折々の花や植物が植えられていますが、何といっても桜の花が有名です。

ソメイヨシノやカンザン、ヤマザクラ、イチョウなどおよそ65種類の様々な種類の桜があり、「日本のさくら100選」にも選定されています。

2月中旬から下旬にかけては、早咲きで知られる河津桜を楽しむことができます。新宿御苑は、お花見スポットとして知られていますが、この時期はまだ訪れる人が少ないので、のんびりと花を楽しむことができます。

3月の中旬になると、ヤマザクラなどの種類が見ごろを迎えます。それから4月上旬には、イチョウやカンザンなどの種類が次々と満開になっていきます。

新宿御苑の見ごろは、3月下旬から4月下旬頃にかけて、様々な種類があるため、1か月以上花見を楽しむことができます。

お花見の際の注意事項としては、アルコールの持ち込みは禁止されています。また、遊具類の持ち込みも禁止されています。

新宿御苑の見どころや花見で注意するポイント

新宿御苑には、1100本もの桜の木が植えられています。そのうちの400本が、ソメイヨシノという品種で、3月下旬頃から4月下旬頃にかけて楽しむことができます。

ソメイヨシノは、数ある品種の中でも、最も人気の高い品種です。ソメイヨシノの歴史はさほど古くはありませんが、華やかに咲き誇る姿が人々の心を魅了したため、瞬く間に日本の桜を代表する品種になりました。

ソメイヨシノが咲く少し前の時期には、シダレザクラを楽しむことができます。シダレザクラは、下に向かって流れるように咲く品種で、その姿は見事という他ありません。とても素晴らしい景色を、見る事ができます。

それから4月上旬から4月下旬にかけては、およそ20種類、300本の八重桜を楽しむことができます。

新宿御苑では、高層ビルと桜のコラボレーションを見る事ができますが、これは、都心ならではの風景と言えるでしょう。

アルコールの持ち込みが禁止されているので、宴会などで酔っ払った人が大勢いるといったこともありません。そのため、じっくりと花を観賞したいという人には、おすすめのお花見スポットです。

また、新宿御苑では、内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」というイベントも、4月上旬に毎年開催されています。政財界やスポーツ界、文化や芸能などの各界から、著名人が招待されます。

この会が開催されている時は、一般利用者は入園することができません。そのため、お花見などを計画している時には、事前にチェックしておく必要があります。

また、閉園時間が16時半のため、お花見をするなら、昼間のうちに訪れる必要があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

サバンナ(アメリカ・ジョージア州)のおすすめ観光スポット

ジョージア州サバンナは、ジョージア州の南側、フロリダ州に接する位置にある美しい街です。 大西洋に面しているので、ビーチを楽しむことも出来ますが、観光で短期に訪れた場合は、徒歩でまわることが出来るダウン …

ヒューストン(アメリカ・テキサス州)のおすすめ観光スポット

テキサス州のヒューストンにある、世界的な観光スポットとして知られているのが、ヒューストン動物園です。 海外の動物園には行ったことがないという方も多いかもしれませんが、そのエリアの性質がよく現れており、 …

ボイジー(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

ボイジーは、1890年にアメリカ合衆国の43番目の州として加わったアイダホ州の州都であり、経済や工業の中心地でもあるこの州の中で最大の都市です。

モンゴメリー(アメリカ・アラバマ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国のモンゴメリーは、アラバマ州の州都の街です。 公民権運動発祥の地としても有名で、有名なキング牧師の住んでいた家が現在でもあります。

毎分約32,000リットルの湧出量を誇る「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉は、伊豆半島の伊東市にある温泉で、平安時代に開湯された、長い歴史を持つ温泉です。 江戸時代には、3代将軍徳川家光公に献上湯が行われました。 明治時代後期以降は、機械掘りにより泉源の数が増えて、 …

楽天モーションウィジェット