大分県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

不思議な名前がついている、ご当地グルメがたくさんあるのが楽しい、魅力ある大分県。

昔から食べられているお料理や、現地で絶対食べておきたいご当地グルメを、ご紹介します。

じっくりと味わってみたくなるような、美味しい料理が満載です。

スポンサーリンク

名前が不思議なやせうま

やせうまと聞くと、まさに馬料理だと勘違いされる方も多いのですが、実はおやつの部類に入るものです。うまなのに、馬を使っていないおやつ。どんなものなのでしょうか。

実は、材料は小麦粉です。小麦粉に水を足して練って作った、幅広の麺。ほうとうのようなイメージの麺に、お砂糖を混ぜたきな粉をたっぷりとまぶしていただく、お料理です。

食べてみると、本当に素朴な味ですが、小麦粉の麺のもちもちとした食感と、きな粉の甘さとふんわりとした香りがとてもおいしく、なんだか食べたことがなくても懐かしい感じがします。

夏場には、冷やして食べるとまたこれがさっぱりとして美味しいとのことなので、季節を問わずに昔から食べられているご当地ぐるめでもあるのです。

やせうまという名前に安心して、たくさん食べると、やせのままではいられなくなるかもしれません。

沖縄を連想してしまうりゅうきゅう

りゅうきゅうって、沖縄との関連があるのだろうかと連想してしまうお料理ですが、沖縄の漁師から伝わってきたとも、別の説があるとも言われているので、なぞ多き料理ではあります。

しかし、その味や見た目を見れば、すぐに食べたくて我慢できなくなってしまうこと、請け合いです。

刺身に醤油や酒、しょうがや、みりんで風味をつけたたれに付け込んで作られます。とにかくその美味しさは、刺身がとろっとして滑らかになったところです。ご飯にもって、丼にして食べる方法もあり、ご飯がモリモリと食べられそうです。

刺身を、たれに付け込んでいる時間も、出来上がりのおいしさにかなり左右するという事なので、おいしいりゅうきゅうを食べさせてくれるお店は、料理にこだわっているお店かもしれません。

また、新鮮な魚を使って作られるというところも、魚が豊富にとれる大分県のご当地料理になっている特徴なのかもしれません。

とり天は大人も子供も大好ぶつ

大分県のご当地グルメで、だんだんと最近名をあげてきたのは、とり天です。とはいっても、唐揚げとは違いますのでご注意を。

大分県の市内のお店が作り上げたこのとり天、今では大分の有名な料理ともなってきています。下味をつけたとりにくに、水で小麦粉を溶いてつくった衣をつけ油でじゅわーっとあげます。

この揚げたものは、おみせによってもふんわりとしていたり、カラッとしていたりとバラエティーに富んでいます。

だからこそ、自分好みのとり天を探したくなって、次のお店次のお店と出かけてしまうのかもしれません。お醤油に、カボスを絞った酢醤油と辛子をつけて食べるのが、人気とのこと。

ふだんの食卓のおかずにもピッタリなので、家庭で作って食べるということも、多いようです。そのうちそのうちのこだわりの味がありそうで、大分の家庭の食卓の様子が目に浮かびます。

凄い名前ですが地獄蒸し、美味しいです

またまた、ネーミングが凄い料理をご紹介します。温泉の有名な場所、大分だからこそ体験できる、ご当地グルメの一つが、地獄蒸です。温泉の高温な蒸気を利用して、卵やお肉、野菜を蒸していいただく料理方法です。

この地獄蒸し、なにがすごいって、温泉の蒸気のもうもうとしたなかへ、お野菜や肉をかごなどに入れて蒸すのですが、とにかく熱のエネルギーが凄いです。

お肉もジューシーに蒸されて、おいも等を蒸すと、中までほっくほくでたまらない美味しさです。蒸気を利用しているという事もあって、味が付くというわけではないので、調味料はお忘れなく。

大分の鉄輪という場所で行われている調理法ですが、宿にこの地獄蒸ができるかまどがあるところもあるそうです。

自分の好きな素材を購入してきて蒸すこともできるので、それこそヘルシーおいしーの二重奏が楽しめます。

きっぱり二種類の具でつくるとりめし

大分県のご当地グルメのなかでも、とりめしというのは、とびぬけて珍しいものでもないのではと、思われるかもしれません。

確かに、とりめしというと、鶏肉と他にいろいろな具材を入れた炊き込みご飯を想像して、食べたことがあるというように思われるのではないでしょうか。

実は、大分のとりめしは、鶏肉とごぼうだけを細かく切って、甘辛く味をつけて米と一緒にして炊きます。具は2種類だけ(場所によってはちがうところもありますが)という潔さが、大事なようです。

鳥から出る出汁と、ゴボウから出る滋味あふれる香りと味が、ご飯に染みているのが美味しく、家庭的な味で昔から食べられています。

どうしても、とり飯にいろいろな具材をいれたくもなりますが、ごぼうと鶏肉というあっさりきっぱりという感じが、究極の美味しさを形作っているのではないでしょうか。

最後に

鶏肉や、海のものなど、美味しい素材を使ったお料理がとてもたくさんある大分県。

現地に行かなくては食べられない味というものもあり、魅力あふれる土地だと感じられたのではないでしょうか。

ぜひ、お腹を空かせて大分に遊びに出かけてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:カナッペのレシピ

気も合う仲間と集まってワインやビールを味わうホームパーティーは、子供のいるママたちやファミリーにも人気です。 ゲストも料理を持ち寄ってホストの負担を減らすこともありますが、それでもホストはおもてなしの …

お米を安く購入する方法

主食はやっぱりお米が一番ですよね。 日本人なのですから、せめて美味しいお米を毎日食べたいという希望はあるものです。 でも、毎日食べるとなるとやはり金額が気になるもの。 節約したいときにはどうすればいい …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:メリッサ

花粉症予防と改善が出来るハーブティーとして、メリッサもあります。 メリッサというと、あまり知らない方が多いでしょうが、これはギリシャ語になります。ギリシャ語のハーブティーなんてとてもおしゃれですが、メ …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:ウィンナー

夏は食欲が落ちますし、連日の猛暑でどうも冷たいものを食べがちです。しかし、それではスタミナが付きませんし、体を冷やしてしまいがちです。冷たいものを食べる時には、体を温める食材を含めておくと良いでしょう …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「うど」

春に採れる山菜には、さまざまなものがあり、それぞれ独特の風味が存在します。 そのような山菜の一つに、うどがあり、平地や河川敷でも採れるふきのとうとは違い、山野などに自生しているため、山の方へ行かなけれ …

楽天モーションウィジェット