ワントーンコーデにはベレー帽でクラシカルな雰囲気に

トレンドとして、クラシカルファッション、レトロファッションというのがとても注目されています。

ファッションには流行があり、その年やシーズンによって、流行のファッションがありますが、今トレンドになっているクラシックでレトロ感のある感じに仕上げたいなら、一つ追加するだけで、印象がかなり変わるアイテムがあります。

それがベレー帽です。

スポンサーリンク

いま流行中のクラシカル、レトロならベレー帽におまかせ

オシャレ女子なら、もう1つは持っているという方も多いアイテムですが、ワントーンコーデに使えるクラシカルアイテムとしてもおすすめです。

カラ―も、かなり色々なものが出ていて、ワントーンコーデにもぴったりの黒、今流行のテラコッタ系、そしてパステルカラーなど、好みに合わせて選んでいくことができます。

初心者でしたら、流行色から入っていくのも良いですし、ワントーンコーデにしたいなら、シンプルなカラーのベレー帽を持っていると、合わせやすくておすすめです。

ただし、素材としてフェルト地が多いこともありますので、黒、グレー、そして茶色系ですと、少し秋冬をイメージさせるような、ファッションになってしまうこともありますので、春でしたらパステルカラーや、少し明るめの色を選んでみるというのも良いでしょう。

メイクも、濃い目の赤やピンクと合わせて、よりクラシカルな感じに仕上げることもできますが、ワントーンコーデにしたいなら、オレンジ系のリップで、ナチュラルな感じのメイクにしてみると、センスの良さを出していくこともできます。

トータル的なコーディネートで、メイクも考えていくと、よりファッションセンスの良さが出てきます。

小顔効果も高く、女子力アップなベレー帽

普段、あまり帽子をかぶらないという方も多いかも知れませんが、今年ぜひチャレンジしていきたいのが、ベレー帽です。

実は、レトロ感のあるクラシカルファッションは、今年トレンドになっていることもあり、さまざまなアレンジで使っていくことができるという、魅力もあるアイテムなのですが、小顔効果もあり、少しななめにかぶるという方法を使うと、小顔に見えるという美的効果を使って、より女子らしさをアピールすることができる、アイテムでもあるのです。

ファッションアイテムは使い方次第で、見た目の印象もかなり変わってきますし、コーディネートの差し色として使っていくこともできます。

ワントーンコーデで、落ち着いた感じに仕上げたいときには、あまり主張したカラーを選ばず、シンプルカラーにすると良いでしょう。 また、 春先ですと、パステル系やホワイト系のものも人気があります。

軽い雰囲気に仕上げる事で、クラシカルとはまた少し違った可愛さも出すことができて、特に若い女性にも定評があります。

ファッション雑誌などはとても参考になりますし、ファッションサイトで購入することもできますので、コーディネートの参考にしながら、カラーや形を選んでいくと良いでしょう。

帽子といいますと、防寒、そして紫外線対策として使うというイメージの方もいるかもしれませんが、足元のおしゃれで靴にこだわるように、頭にかぶる帽子というのは、アクセサリー感覚でファッション全体のイメージ、雰囲気をぐっと素敵にかえていくこともできますので、自分に似合うカラーをチョイスしてみるというのもおすすめです。

トレンド感のあるファッションにしたいならベレー帽

今年流行中のクラシカルファッション、そしてレトロ感のある落ち着いたファッションにしたいなら、ベレー帽はマストアイテムの一つとして、一つ持っていると重宝します。

ゆるふわというのもトレンドワードでもありますが、ベレー帽をうまく使っていくことで、抜け感がありつつも、シャキっとした印象にすることもできて、まとまりがでてきます。

ベレー帽の素材は、フェルト地のものが多いのですが、今年は流行しているということもあり、色々な素材のものが出ていますので、他の着こなしファッションの素材と合わせてみるのも良いでしょう。

カラ―も豊富にそろっています。よりクラシカルな印象にしたいなら、テラコッタ系、そしてグレーやレッド系もチャレンジしてみましょう。

もちろんポイントを頭の方にもってきたいなら、少し主張のあるデザインやカラーを選んで、新しいファッションに挑戦する感覚で、使っていくのも個性が出てステキです。

小顔効果もあるので、使い方次第でより女性的な印象に仕上げていくことも可能です。

レトロで抜け感のあるというテイストにしていくこともできますし、トレンドをおさえる事で、よりお洒落な印象になること間違いありません。

しかし、普段帽子をあまりかぶらない方にとっては、帽子の使い方に、いまいち自信がないという方もいるかもしれません。

そういった時には、ファッション雑誌をまるまるその通りにするのではなく、うまく取り入れていくこと、そしてあとは実際に試着をしながら、店員と相談しながら選んでみるというのも、自分に似合ったものを選ぶことができる、近道かもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ファッション
-, ,

関連記事

買った靴が大きすぎた時の対処法:ハイヒールの場合

買った靴のサイズが合わず、大きい場合には一体どんな対処法があるのでしょう。 スニーカーであれば、紐で調節したりもできますが今回はハイヒールです。紐で調節なんてことはできません。みなさんがはじめに思いつ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【保護者会】

担任の先生と保護者が一堂に会する、いわゆる保護者会は、今も昔も必ず行われる学校行事のひとつです。 だいたい年度の初めに行われるので、この会を機会に、ママ同士が知り合いになるケースも多々あり、先生だけで …

ポシェットを使う時に合わせやすい服・アイテムは?

小さな子供が下げているイメージがあるポシェット。大人でもちょっとした外出に使われていたものですが、最近ではファッションの一部として、ポシェットを取り入れる人が増えています。 小さくてもアクセントとなり …

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪ニットワンピース×ロングスカート

コーディネートがなんとなくマンネリになってきたり、手持ちのアイテムでつまらなく感じてきたのなら、おすすめなのは今持っているアイテムを重ね着して、全く違う印象を与えるということです。 その中でもちょっと …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【参観日】

参観日は子供だけでなく、参観するママにとっても緊張する行事です。 学校によっては、参観と他の行事を一緒に行うこともあり、子どもたちの授業を参観した後に、保護者と先生が集まって懇談会が開かれたり、参観後 …

楽天モーションウィジェット