カードゲーム「O′NO 99」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

O′NO 99はどんなゲーム?

O′NO 99は大変シンプルなルールのカードゲームで、プレイヤーがすることは自分のターンで手札から1枚カードを捨て、山札からカードを補充するだけです。

カードには数字カードと役カードがありますが、場に出たカードの数字は次々に足し算されていき、場の数字の合計を99以上にしたプレイヤーが負けとなります。

アメリカで1987年から発売され、日本でも玩具会社によって輸入され販売されました。

対象年齢は7歳くらいからとなっており、2桁の足し算が出来ればプレイ可能です。

プレイヤー人数は2人から8人で遊べます。

O′NO 99には、数字カードと役カード合わせて54枚のカードと、ゲームの進行の補助となるチップ24枚がセットになっています。

数字カードには2から9までの数字カードが3枚ずつ、10の数字カードが10枚入っています。

役カードにはHold カードが4枚、Reverse カードが6枚、Double play カードが2枚、「-10」 カードが4枚、O′NO 99 カードが4枚入っています。

似たゲーム「UNO」をご存知の方は、カードの役割がカンで分かるものもあるかもしれませんね。

O′NO 99では1回のプレイごとに敗者が1人決定される仕組みになっているため、多くの場合最初にチップが配られ、負けるごとにチップを1枚ずつ支払う形式が取られます。

すべてのチップが無くなってしまった場合や、無くなってしまってから初めて負けてしまった場合などに、そのプレイヤーが退場するというシステムをとることがままあります。

O′NO 99の遊び方

プレイ方法は大変分かりやすくシンプルです。

予め何回プレイするかなど決めて置き、補助となるチップを配ります。

全カードをよくシャッフルし、各プレイヤーに4枚ずつ配り、残りは山札として積んでおきます。

順番を決め、自分のターンになったプレイヤーは手札の中から1枚を場に捨て、山札から1枚補充します。

場にカードを捨てるとき、場の数字の合計をコールするシステムになっています。
場合によっては電卓などを利用してもいいでしょう。

場の数字を99以上にしてしまったプレイヤーは負けとなり、チップを支払うか退場となります。

役カードの効果

役カードは特定の役割を果たします。

・Hold(ホールド)カード
場の数字を変えることなくターンを次に回すことが出来ます。

・Reverse(リバース)カード
場の数字を変えることなくターンの進み方を逆回転に出来ます。
2人プレイの場合はHoldと同じ役割を果たします。

・-10カード
その名の通り、場の数字をマイナス10にします。
多くの場合、次の順番の人の助けとなります。

・Double play(ダブルプレイ)カード
最も脅威のカードで、これを出されると次のターンの人は続けて2回プレイすることを義務づけられます。
holdカードやReverseカードを使うことによって義務を他プレイヤーに押し付けることが出来ますが、誰かが義務を果たすまでDouble playカードを出すことはできません。
このカードが使われた時がゲームで最も緊張が高まり盛り上がるタイミングと言えるでしょう。

・O′NO 99カード
これを出すと1発で99になるため、手札にあっても出すことが出来ないお邪魔カードです。
手札に1枚あると他の3枚のカードでやりくりしなければならず、大変悩ましい状況に陥ります。
2枚以上あるとさらに厳しいことになるでしょうが、この悩ましさもゲームの楽しさの一つです。

O′NO 99の魅力

O′NO 99はコンポーネントもカードとチップだけで短時間にプレイできるため、場所や人数、時間の制限が少なく、手軽にまた気軽に楽しむことが出来るカードゲームです。

ゲームの終盤になってくると大きい数のカードは出しにくくなっていくため、小さな数字のカードを使うことで、次のターンの人にプレッシャーをかけることも出来ます。

手札が4枚しか持てないため、ストックということはなかなかしにくく、小さいカードを残しておきたいと思ってもそうは出来ないのも悩ましくももどかしく、楽しいポイントです。

ゲームのルールは自由に変えることも可能で、チップを使わずに点数制でプレイすることもよく行われています。

自由にローカルルールを作り出して様々な遊び方ができる点でも優れています。

現在O′NO 99は公式カードが絶版となっており、手に入れることが出来ない状態ですが、UNOを流用することで遊ぶことが可能です。

手軽に誰でも参加し、短い時間でも遊べるので、旅行の移動中に楽しむのにもうってつけなゲームです。

小さいお子さんやお年を召した方まで、年齢を問わない傑作ゲームを是非体験してみて下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「文京フォトスタジオ 旧会場」

日本の文化が世界中に広がっていて、その中にはアニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーも含まれています。 人気が出て、皆から受け入れられている現代では、子どもだけではなく大人の楽しみにもなり、作品を消 …

2人用ボードゲーム「ガイスター」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ガイスターはどんなゲーム? ガイスター(Geister)はオバケをモチーフとした対戦ゲームです。

日車夢工房の鉄道模型の魅力と特色

日車夢工房は、鉄道模型ファンなら知ってる方も多くいる老舗です。 こちらのメーカーの特色は、新幹線を制作している日本車両という有名なメーカーが、運営を行って鉄道の製品グッツの販売や、様々な鉄道に関する企 …

ボードゲーム「カルカソンヌ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク カルカソンヌはどんなゲーム? カルカソンヌ(Carcassonne)は数多くのボードゲームの中でも人気が高いゲームです。 ドイツで生まれ、ドイツ年間ゲーム大賞やドイツゲーム大賞などを …

東京おもちゃショーに参加しておもちゃやフィギュアの魅力に触れよう!

おもちゃを扱うイベントや展示会は全国各地で行われますが、その中でも最大規模のものが東京おもちゃショーです。

楽天モーションウィジェット