青森県のおすすめ温泉地3選

青森県は、本州の最北端に位置する県です。太平洋、日本海、陸奥湾の三つの海に面し、気候の異なる地域が混在しています。

八甲田山や十和田湖などの観光地に混じり、温泉も多いところです。青森県の旅行では、場所によって雰囲気の異なる温泉地を訪ねる旅も楽しいものです。

総ヒバづくりの大浴場が人気の酸ヶ湯

酸ヶ湯温泉は、八甲田山中の温泉地です。大きな旅館が一軒あり、登山客や湯治客が滞在します。千人風呂が有名で、巨大な空間がつくられています。千人風呂の屋根は木造で、青森県産のヒバが使われる豪華な内装です。

千人風呂は混浴ですが、緩やかに仕切られています。千人風呂には「熱の湯」と、「四分六分の湯」の二つの浴槽があり、それぞれに別の泉源となっています。「熱の湯」は若干温めで、ゆっくりとつかることができます。

「四分六分の湯」は、泉源の関係から熱めな湯です。隣同士の浴槽で、異なった湯が楽しめます。

千人風呂は混浴の大浴場ですが、それとは別に、男女別のお風呂として「玉の湯」が用意されています。千人風呂には洗い場が無く、からだを洗うことはできませんが、「玉の湯」には洗い場が用意され、からだを洗うことができます。

宿泊客は、施設内のお風呂を自由に利用できますが、宿泊をしていない旅行者は、立ち寄り入浴の利用が可能です。立ち寄り入浴は、宿泊をせずに入浴だけを求めるものです。

酸ヶ湯の場合は、千人風呂と玉の湯の片方を利用する場合と、両方を利用する場合で料金が異なります。

酸ヶ湯の魅力は、他人との裸の付き合いができることです。酸ヶ湯は地元の人だけでなく、全国から観光客が集まります。まったく知らない人でも、裸で交わす何気ない話により心が通じ合います。

八甲田の大自然に囲まれた空間の中で、貴重なひと時を過ごすことができます。

海の幸と山の幸の両方を味わえる浅虫

浅虫は、青森市の市街地からは離れますが、青森市内にある温泉地です。陸奥湾に面し、背後には山間部が迫るため、海の幸と山の幸の両方が味わえるところです。

ホテルや旅館が40件ほど集まり、陸奥湾の見えるきれいな保養地となっています。浅虫の水族館は有名で、元々は東北大学の附属水族館としてスタートしました。現在は地元の水族館として、市民に親しまれています。

トンネル水槽や、可愛いアザラシ、アシカ、ペンギンが見られ、イルカショーも開催されます。

浅虫の目の前は、陸奥湾が広がります。陸奥湾は、太平洋や日本海とは異なり、穏やかな湾内の海です。海水浴やウインドサーフィン、ヨット、釣りなどで楽しむことができます。

海水浴は、波が無く安全です。小さなお子様でも、危険なく海水浴が楽しめます。陸奥湾は、良好な釣り場でもあります。湾内では釣り船も運行され、釣り天狗を満足させています。

近くの山では、トレッキングや山菜取りが楽しめます。浅虫には、明治天皇がいらしたことがあり、遊歩道には、明治天皇風景御観覧の碑が立てられています。

さらに、名所の八十八ヶ所めぐり、蝦夷館跡などがあり、浅虫や夏泊半島、陸奥湾の眺望が可能です。

旅館でで出される料理は、地元で獲れる海の幸と、山の幸が満載です。磯料理や、山海の珍味が旅行客をもてなしてくれます。青森県を訪れる観光客は、青森市内で宿泊する場合は、浅虫の利用が便利です。

ねぶた祭りの前後は混み合うので、早めの予約が必要です。

四季折々の美しさがある十和田湖

青森を代表する観光地の十和田湖周辺には、歴史のある温泉地があります。十和田湖周辺で、ひときわ賑わいがあるのが休屋地区です。旅館や土産物店が集まり、十和田湖観光の拠点として利用されています。

十和田湖の春は新緑がきれいで、湖面に緑がはえる季節です。夏は遊覧船やレジャーボートを使って、湖面で遊ぶことが人気です。青森県の夏はさわやかで、すがすがしい気分の旅行が楽しめます。

秋の紅葉は絶景で、目を見張る美しい光景が広がります。冬の十和田湖は、静かです。雪の降り方は尋常ではなく、大雪となることもあります。雪を見ながら温泉に浸るのも、別の楽しみがあります。

十和田湖と共に訪れたいのが、奥入瀬渓流です。渓流に沿って遊歩道が整備され、渓流の美しさを近くで楽しむことができます。奥入瀬渓流の美しさは、周囲に広がるブナの原生林が大きく関わっています。

渓流の水質もさることながら、ブナの原生林の自然の香りや小鳥の鳴き声が、渓流の美しさを一層引き立ててくれます。青森県の旅行では、奥入瀬渓流と十和田湖が観光の目玉となります。

さらに、周辺の山は深さを増しますが、準備なしに分け入るのは危険です。東北の大自然は、人間の行く手を阻むほどの激しさを持っています。

冬の八甲田は、隔絶した空間です。冬の八甲田に分け入るには、完全な冬山登山の装備が必要です。明治時代の弘前の連隊の遭難事故は、新田次郎の小説に詳しく、自然の怖さを思い出させてくれます。

最後に

青森県の温泉地は、多くが観光地化されて、新鮮味が感じられないかもしれません。しかし、青森には一般の旅行者が知らないところがたくさんあります。

二度目に訪れる時は、地元民しか知らない穴場を訪れる旅が、青森県の理解を深めてくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

チェコ旅行のおすすめ観光スポット

優雅な海外旅行をお考えなら、爛熟したヨーロッパの文化が今も色濃く残る東欧の国、チェコ共和国へ行きませんか?

大人も子供も楽しめるプール!神奈川県中郡「大磯ロングビーチ」

大磯ロングビーチは、相模湾が一望できるシーサイドリゾートプールです。神奈川県中郡大磯町にある、大磯プリンスホテルに併設されています。

ハートフォード(アメリカ・コネチカット州)のおすすめ観光スポット

アメリカの東海岸にあるコネチカット州の州都ハートフォードにはいくつもの観光スポットがあります。

無料で楽しめる「ガチャガチャミュージアム」の魅力とは?

ショッピングセンターなどにおいてあるガチャガチャも、子供の頃はお小遣いを握り締めて、1回だけ回すのが精一杯だった方も多いでしょう。 大人になって働きだすようになれば、自分の予算の許す限り、好きなだけガ …

夏休みに家族で旅行したい山梨県のおすすめスポット3選

山梨県は本州の内陸に位置する県で、富士山や南アルプス、八ヶ岳、奥秩父山地など標高の高い山々に囲まれているのが特徴です。 富士山が世界遺産に登録されたこともあって、旅行や観光に訪れる人が年々増加していま …

楽天モーションウィジェット