福井県のおすすめ温泉地3選

福井県は、関西圏から鉄道または自動車でのアクセスに非常に便利な場所に位置しているため、あわら市は関西の奥座敷と呼ばれています。

福井県で日本海に面しているエリアは、新鮮な海の幸を味わうことができます。福井県内には、関西方面からの旅行にちょうど良い距離にある温泉地があります。

スポンサーリンク

関西の奥座敷”と呼ばれる「あわら温泉」

福井県あわら市は、福井県の中で北端に位置する市です。あわら市には福井県随一の温泉街が広がっていて、「関西の奥座敷」と呼ばれていて、当地は名湯百選にも選ばれています。

あわら市には、関西地区から多くの宿泊客が訪れており、最近は外国人旅行客も増えています。市内には多くの宿泊施設が立ち並んでいますが、賑やかな歓楽街ではなく、静かで落ち着いた雰囲気の街です。

そのため、女性の団体旅行客に人気があります。

あわら市内には、46ヶ所の源泉があり、湧出温度は33.5℃~77.5℃です。源泉が発見されたのは1883年(明治16年)で、農地の灌漑工事中に偶然お湯が湧出しました。

源泉発見後に多くの旅館が内湯を設けて、日本庭園や露天風呂を設置するようになり、観光地として知られるようになりました。泉質は含塩化土類食塩泉で、リウマチや慢性皮膚炎などの治療に利用されています。

あわら市内には、内湯を備えた旅館やホテルがありますが、立ち寄り入浴施設「セントピアあわら」もあります。セントピアあわらの入浴料は500円ですが、毎月26日には300円になります。

あわら市では、市内にある旅館などの入浴施設を利用した、外湯めぐりを楽しむこともできます。あわら市の観光協会が発行する「湯めぐり手形」(1500円)を購入すると、市内19ヶ所の宿泊施設の入浴施設を、最大3ヶ所まで利用できます。

あわら市へのアクセス方法ですが、JR西日本の北陸本線が便利です。大阪なんばから、あわら市行きの高速バスも運行されています。

あわら市は、京阪地区からの1泊2日旅行にちょうど良い場所にあります。

福井県越前市の「しきぶ温泉」

越前市は、福井県嶺北地方に位置する市で、市内には多くの重要文化財や名勝などの観光スポットがあります。越前市内には「武生温泉」があり、複数の宿泊施設で入浴することができます。

それらの中で一番のおすすめは、宿泊施設「公共の宿 湯楽里」です。

「公共の宿 湯楽里」の入浴施設は、宿泊客以外にも開放されていて、時間帯によって大人1名あたり600円または550円で利用です。公共の宿なので、入浴料が安く設定されていますが、入浴施設が充実していて、コストパフォーマンスが高いです。

施設内には、温度の異なる5種類の浴槽があり、ゆったりと寝湯や薬湯で疲れを癒すことができます。露天風呂やジャグジー、サウナ・水風呂などもあります。

泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、源泉湧出温度は36.6℃、湧出量は毎分279Lです。ナトリウム炭酸水素塩泉には、石鹸のように皮膚の角質や脂肪を乳化して洗い流す作用があり、「美人の湯」と呼ばれています。

越前市の周辺には、越前陶芸村やアスレチック体験ができる「TreePicnic AdventureIKEDA」、夏の時期に海水浴ができる「水晶浜」などがあります。夏休みの家族旅行に、おすすめです。

越前市へのアクセス方法ですが、JR北陸本線武生駅が便利です。自家用車でアクセスする場合には、北陸自動車道武生ICから7.5km(約15分)の距離にあります。京阪神地区からのアクセスに、便利です。

福井市内に湧出する温泉

県庁所在地で、福井県最大の都市である福井市内にも温泉が湧出していて、日帰り入浴施設や宿泊施設で入浴することができます。福井市内の日帰り入浴で一番のおすすめは、リゾート施設の「ゆ~遊」です。

入浴料(大人)は、平日であれば1290円で、休日であれば1,490円です。「ゆ~遊」の泉質ですが、 アルカリ性単純泉(低張性・アルカリ性)で、美肌効果が高いとされています。

浴室には、大浴場の他にもジャグジー・すわり湯・白湯・露天つぼ湯・サウナなどがあり、いろいろな種類のお風呂を楽しむことができます。

福井市中心部にある宿泊施設を利用する場合には、アパホテル福井片町の大浴場、ホテルリバージュアケボノの「天空大浴場」、福井アカデミアホテルの大浴場がおすすめです。

いずれも宿泊客であれば、無料で天然温泉に入浴することができます。ちなみにホテルリバージュアケボノの「天空大浴場」は、最上階に設置されていて、大きなガラス窓から福井市街の美しい夜景を一望しながら、天然温泉に浸かることができます。

福井市内へのアクセス方法ですが、鉄道を利用する場合には、JR北陸本線の特急が便利です。自家用車であれば、北陸自動車道福井ICからアクセスできます。

福井市内には、路線バスの他に路面電車が走っているので、公共の交通機関を利用してアクセスする際も、市内を移動するのに便利です。

福井市内の周辺には、曹洞宗の総本山として有名な永平寺や、独特の険しい地形で有名な東尋坊などの観光スポットがあります。

最後に

福井県内のあわら市や福井市には、天然温泉を楽しむことができる宿泊施設があります。

JR北陸本線を利用すれば、関西地区から手軽にアクセスすることができるため、「関西の奥座敷」として多くの旅行客に人気があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

初心者も気軽に行ける!お台場海浜公園で釣りの魅力に触れよう!

お台場は東京港埋立第13号地に属する東京都港区台場エリア、品川区東八潮および江東区青海の中でも青海南ふ頭公園以北から成る地域などになります。 エリアについては難しいと感じてしまう人も多いかと思われます …

夏休みに家族で旅行したい長野県のおすすめスポット6選

夏休みは子供たちもお出かけをすることができると良い思い出になります。 日本の夏は暑く、できることなら暑さをしのぐことができるような場所に行きたいと思うのは大人だけではないでしょう。 そこで、泊りがけな …

高知県のおすすめ温泉地3選

高知県というと、広い太平洋に面していて、山など雄大な大自然に囲まれているので、旅行に最適な場所と言えます。 色々な観光名所に恵まれていますが、中でも温泉地は、癒しを求めるたくさんの方から人気を集めてい …

ジョージタウン(アメリカ・ケンタッキー州)のおすすめ観光スポット

ケンタッキー州全体の景観は、基本的に緑ゆたかで、農業がさかんだからこそ引き立つ大自然が美しい景観です。

夏の風物詩「江戸川区花火大会」を楽しむポイント

この数年、大型総合スーパーやアパレルショップでも、低価格で浴衣を購入することができるようになりました。 また着付けが出来なくても、すでに完成された帯をマジックテープで簡単に止めるといったものまで販売さ …

楽天モーションウィジェット