茨城県のおすすめ温泉地3選

茨城県を旅行する場合には、温泉地を選ぶ方法もあります。温泉は少ないように見えますが、意外と多く、その割には混み合っているところはあまりありません。

ひっそりとしたところで、ゆっくりつかりたい場合は茨城県内の温泉を利用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

ゆっくりとお湯につかりたいならば奥久慈

奥久慈は、茨威厳と栃木県の県境にある温泉地帯です。このあたりは、袋田の滝などがある観光スポットですが、宣伝もそれほどしていないため、知る人の知る場所になります。

宿泊できる場所もありますので、袋田の滝を見た後に旅館やホテル宿泊してみるのもよいでしょう。周辺は、のどかな山々がありますが、1000メートル級の山はほとんどなく、500メートル程度の高さの山が多くなります。

滝を見ながらマイナスイオンを体に浴びて、そのあとに肌に優しいお湯に入ることができれば、最高の旅行になるでしょう。PHも高いため、肌がきれいになりやすいのが特徴です。

日帰り入浴もありますが、入浴するには800円前後のお金が必要になります。タオルは、その場で買わなければなりませんので、気になる人は、あらかじめタオルを持って行くとよいです。

小さなタオルだけでなく、バスタオルも用意しておくと便利です。

周辺の宿泊施設は、高級旅館などはありませんが、一泊一人8000円前後になります。主に、家族で泊まることができる旅館やホテルが多い傾向にありますが、最近は繁忙期を除き一、人旅の部屋を用意している旅館も少なくありません。

目的地まで電車で行く場合は、水郡線の袋田駅から降りて、そこからバスで行くことになります。自動車で行く場合は、常磐自動車道の日立北インターチェンジをおりて車で40分ほどになります。

しばらく山道を走ると、到着することができます。

海の眺めを楽しみたければ大洗

海のそばの温泉を楽しみたい場合は、大洗まで行くのがよいでしょう。大洗は、茨城県の太平洋側にある町のひとつで、観光都市として知られています。旅行する人も多く、周辺には様々な観光スポットがあることで有名です。

なかでも有名なのは、水族館です。この水族館では、魚を見るだけでなく、ヒトデなどの海の生き物をさわれるコーナーや、イルカのショーやアシカのショーなどを楽しむことができます。

駐車場大きいため、駐車場に入るのに並ぶことはめったにありません。海のそばですので、海水浴をすることも可能です。夏場は、海の家が並び多くの観光客でにぎわいます。

ただし、東京や神奈川、埼玉の人は、茨城県に行くよりも神奈川や千葉の方に行く傾向があるため、そちら方面に比べると人は少ないのが特徴です。

温泉地帯は、海のそばにありますので、海を見ながら入れる露天風呂が多くなります。宿泊をする場合は、海岸沿いや断崖の上のほうにホテルもありますので、一部の部屋をのぞけば海の美しい景色を臨むことができるでしょう。

日帰り温泉施設も、いくつかあります。日帰り温泉施設は、基本的に1000円未満で入れるところが多いですが、料理つきだと2000円ぐらいになるのが相場です。

大洗まで行くには、常磐自動車道の友部インターチェンジから降りて、現地までに20分ほど、鉄道を利用する場合には臨海大洗鹿島線を利用して大洗駅で降り、そこからバスに乗って現地に向かう方法があります。

筑波山周辺も旅行先として魅力的

茨城県に旅行をするとき、外すことができないのは筑波山周辺です。筑波山は、茨城県の中で一番高い山になりますが、もともと茨域県自体が、平地が多く高い山が少ないため、標高は1000メートルにも満たないです。

ただ、まわりに山が少ないため、遠くから見ても、筑波山を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。ちなみに筑波山は、日本100名山のひとつにかぞえられているのが特徴です。

筑波山に行く場合には、頂上までロープウエーやケーブルカーを利用していく方法があります。体力に自信がある人は、登山道を登れば1時間半程度で頂上に着くでしょう。

山頂では、素晴らしい眺めを堪能することができます。帰りはゆっくり筑波山温泉につかって、その日の汗を流し疲れをいやしましょう。

日帰りで入浴できるところもありますが、旅館やホテルのタイプが多くなります。ゆっくりとお湯の中につかりたいのであれば、旅館やホテルを利用するのがよいでしょう。

お湯の質は、無色透明で特ににおいはありません。ですので、肌が弱い人でも、肌が赤くなったりアレルギーが悪化する恐れは少ないでしょう。

ホテルや旅館の中には、筑波山の中腹に建物を構えているところもあります。中腹から見る眺めは、関東平野を一望することができ、晴れた日にはかなり遠くの方まで見渡すことができるのが特徴です。

筑波山周辺にいくには、近くに鉄道が走っていないため、バスに乗り換えなければいくことができません。どちらかといえば、鉄道よりも自動車で現地まで行った方が楽です。

最後に

茨城県には、たくさんの温泉があります。そのなかでも、有名なのは栃木県との県境にある奥久慈や、太平洋の美しい眺めを見ることができる大洗、そして茨城県の中で一番高い山である筑波山が有名です。

どちらも日帰り入浴だけでなく、旅館やホテルがあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

春の海外旅行におすすめの国5選

春に海外旅行をするなら、日本のように四季のある国がおすすめです。 その季節ならではの体験や景色を楽しむことができます。 アクティブに動くにも、のんびりと過ごすにもぴったりな、海外旅行におすすめの国を5 …

カナダ旅行のおすすめ観光スポット

カナダは言わずと知れた、広大な土地を所有する国です。西の端バンクーバーから東の端トロントへの移動は、飛行機で約4時間半掛かります。 10日以上と旅行日程に余裕があれば、西から東へと移動しても良いでしょ …

兵庫県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する兵庫県は、 南北に長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に、接しています。 そんな兵庫のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

ニューヘイブン(アメリカ・コネチカット州)のおすすめ観光スポット

ニューヘイブンは、コネチカット州南部に位置し、イエール大学がキャンパスを構える学芸都市としても国際的にも有名です。 イタリア系移民が多く、アメリカでのピザ発祥の地でもあり、大統領ゆかりの街やフライング …

ボルダー(アメリカ・コロラド州)のおすすめ観光スポット

ロッキー山脈とグレートプレーンズの間の、ボルダーバレーに位置するボルダーは、標高5,430フィートの高地にあります。 観光地としても有名な、フラットアイアン山や、そのふもとに位置するシャトークアパーク …

楽天モーションウィジェット