長崎県のおすすめ温泉地3選

長崎県への旅行先には、長崎市を初め、佐世保・ハウステンボス、雲仙や小浜、島原や南島原、平戸、壱岐などに人気が集まっています。

長崎市には眼鏡橋、佐世保には九十九島、雲仙には雲仙地獄、島原には武家屋敷や島原城などの見所が多数あります。

スポンサーリンク

長崎県を代表する雲仙

長崎県の旅行の中で、外す事が出来ない一つが長崎市です。市内には、幕末から明治の建築物を移築した公園施設でもあるグラバー園、石組みだけで出来ている眼鏡橋、元治元年に完成した日本最古の教会と言われている大浦天主堂などは、旅行の目的で選ぶ人も多いのではないでしょうか。

佐世保エリアには九十九島があり、佐世保港の外側より北側約25キロにわたり、大小様々な島が点在するエリアになっています。

九十九島は99個の島々があると言う意味ではなく、多数の島がある事から、このような呼び名が付けられたと言われており、実際には208の島で構成が行われているなどの特徴を持っています。

ちなみに、島の密度としては日本一、北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸が九十九島で、島全体が西海国立公園に指定されているなど、旅行先で選ぶ人が多いエリアです。

尚、長崎県の旅行で多くの人々が訪れる場所と言うと、雲仙ではないでしょうか。雲仙には、普賢岳と呼ぶ活火山があります。

普賢岳は、島原半島の中央部に位置しており、1991年6月3日の火砕流では多くの人々が犠牲になったなど、知名度を高めている火山です。

島原は、火山があるエリアでもあり、地下には豊富な湯量を持つ源泉も備わっているなどからも、温泉に入る事が出来る観光地としても知られており、新湯の間の白い土に覆われた一帯を雲仙地獄と称し、雲仙観光のメインスポットです。

尚、雲仙地獄には大叫喚やお糸、清七などの名称が付いた地獄があります。

雲仙地獄の湯けむりにつつまれた温泉街

雲仙地獄は、長崎県を代表する雲仙温泉街の観光のメインスポットでもあり、周囲には噴気孔から立ち上る高温度の白い水蒸気、周囲は硫黄臭が漂うエリアになっています。

硫黄臭いを例えると、卵が腐ったような臭いと表現を耳にしたり、文章で見る事があるかと思われますが、高温度のお湯の中に卵を入れておくと茹で卵が出来る、その茹で卵の殻の部分は硫黄の成分で真っ黒になるなどの、特徴もあります。

雲仙地獄は複数の地獄の総称であり、30箇所の地獄があると言われています。ちなみに、雲仙地獄の茹で卵は温泉卵とも呼ばれており、卵の黄身の部分は半熟で、白身の部分は半凝固状態になっているのが特徴です。

神奈川県の箱根にある地獄谷にも、同じような茹で卵がありますが、雲仙地獄で販売が行われているものとは異なるので、長崎県への旅行の際には食べてみるのがお勧めです。

地獄の中には、極楽とも言える雲仙温泉街があります。一般的な温泉地とは異なり、雲仙の場合は国立公園に指定が行われているのが特徴で、雲仙天草国立公園に指定が行われています。

長崎市からは車で約80分の場所に位置しており、泉質は硫黄臭がある事からも推測は可能かと思われますが、硫黄泉であり、血行促進、リウマチ、疲労回復や慢性皮膚疾患などの効能があると言われています。

ちなみに、効能はすべての人に対してその効果を保障するものではありません。さらに、1度だけの入浴ではなく、継続的に入浴する事で、効果を期待出来るなどの特徴を持つ事を憶えておくと良いでしょう。

長崎県は色々な泉質を楽しむ事が出来ます

泉質とはお湯に含まれている代表的な成分であり、泉質に応じて効能も変わるのが特徴です。長崎県には雲仙を初め、長与にある長崎、川棚にある川棚大崎、波佐見、稲佐山、島原、野母崎などの温泉があります。

いずれも泉質が色々とあるので、好みの泉質を持つエリアを選べるなどの魅力もあります。雲仙周辺の場合は泉質が硫黄泉で、お湯は乳白色をしているなどの特徴があります。

浴室からは雲仙地獄の湯けむりを眺めながら、白濁の硫黄泉に浸かる事が出来る露天風呂を持つ宿などは、日頃の疲れを取り払ってくれる癒しの空間とも言えましょう。

長崎県長与町には、長崎温泉があります。こちらは源泉かけ流しの旅館もあり、広大な大村湾を一望が出来る浴室を完備している旅館などは、夕日や日の出などを鑑賞しながらの入浴が出来るなどの魅力もあります。

ちなみに、入浴は必ずしも旅館やホテルに宿泊をしなければならないわけではありません。

旅館やホテルの中には、時間限定で日帰り入浴を楽しむ事が出来るサービスを行っているため、旅行などで長崎県に訪れた際には、日帰り入浴が可能な施設をリサーチしておくのがお勧めです。

大村湾を一望できるロケーションを持つ露天風呂の施設を持つ旅館の中には、日帰り入浴が可能な所もあり、潮騒を楽しめる潮の香りを感じる事が出来る旅館もあります。

レンタルタオルなども用意してあるので、ドライブで訪れた時でも、気軽に利用する事が出来るようになっています。

最後に

長崎県内の温泉は、雲仙を初めとして島原などの有名な場所があります。

日帰り入浴も楽しめる旅館やホテルも多くあるので、観光の合間に宿泊している旅館などの温泉とは、泉質が異なる温泉を楽しむなども出来るなど、長崎県内には色々な泉質があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

デートにおすすめな関東の映画館6選

皆さんの中で、デートで映画館を利用するという方は結構多いのではないでしょうか。 デートで映画を見に行くとなったら、せっかくなら雰囲気が良くて居心地の良い映画館が良いに決まっています。 最近では街の片隅 …

ソルトレイクシティ(アメリカ・ユタ州)のおすすめ観光スポット

ソルトレイクシティは、人口の70%がモルモン教徒のユタ州の首都で、湖と冬季オリンピックの開催地として知られている街です。 琵琶湖の約7倍もの面積を誇るグレートソルトレークは、重要な観光スポットであり、 …

世界遺産・知床のおすすめ観光方法

自然遺産として登録されている北海道の知床はまさにここでしか見られない動物や植物が多く、一度は行ってみる価値があります。 しかし、実際に旅行で観光するとなったらどこを見たら良いか悩みますよね。 北海道の …

夏休みに家族で旅行したい京都府のおすすめスポット5選

京都府には多くの観光スポットがあり、大人も子供も一緒に楽しめる所があります。 家族旅行で京都府を訪れる場合には歴史的な建造物や遺跡を見るだけでなく、実際に体験することができる観光スポットがおすすめです …

ロチェスター(アメリカ・ニューヨーク州)のおすすめ観光スポット

最近は海外が身近なものとなり、長期休暇には日本を飛び出して、海外旅行に行く人が増えています。 世界には魅力的な場所が多いですが、中でもアメリカの人気は高く、行ってみたいと考えている人も多いかもしれませ …

楽天モーションウィジェット