大分県のおすすめ温泉地3選

名湯で知られる土地は、全国にたくさんあります。しかし、大分県は、県をあげて温泉の魅力をアピールするほど、名湯で知られた場所です。

大分県観光協会が、その公式サイトで「日本一のおんせん県おおいた」と銘打つほどです。このフレーズを掲げた看板が、県内の各地で見られます。この名湯を目当てに、多くの旅行者が大分県を訪れます。

スポンサーリンク

全国屈指の名湯、別府

火山活動の影響で、九州地方は名湯の多いことで知られますが、とりわけ別府は全国的にも有名な温泉地です。毎年800万人以上の、旅行者が訪れます。別府市内の各地で湯が湧出し、源泉の数は2,300を超えます。

これは、日本の総源泉数の約10分の1に相当する数です。1日に湧出する別府の湯量(12万5,000キロリットル)は、日本で最大です。

別府市内には8か所の温泉地があり、それぞれ異なる歴史、異なる源泉、そして異なる雰囲気を持っています。これら8か所は「別府八湯」と称され、それぞれに数多くの旅館や入浴施設が存在します。

そして、別府八湯には合わせて18ほどの市営温泉があります。いずれも安い入浴料で入ることができ、日帰り入浴場の穴場的存在ともなっています。

そのような、市営入浴場の1つに「竹瓦温泉」があります。JR別府駅から、徒歩10分ほどの場所です。明治12年(1879年)創設という、古い歴史を持ちます。ここの名物は、砂湯です。

浴衣を着て横たわり、その上に砂をかけてもらって温泉を楽しみます。もちろん、普通浴もあります。砂湯は1,030円ですが、普通浴は100円という格安の入浴料です。

しかし、別府では入浴以外にも湯を楽しむことができます。有名な「別府地獄めぐり」です。

8つある「地獄」のうち、海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄の4つは国の名勝になっています。別府地獄めぐりの定期観光バスも、運行されています。

「湯布院」と「由布院」が共存する湯の街

別府から内陸に20キロほど行くと、大分県が誇る別の名湯があります。県のほぼ中央に位置する由布市にある、由布院温泉です。ここ由布院は「湯布院」と表記されることもあります。

そもそも、この地には「由布院町」という町がありましたが、隣接する湯平村と対等合併した1955年に「湯布院町」となり、それ以来「湯布院」という地名が使われるようになりました。

2005年、湯布院町は近隣の2町と合併し「由布市」となります。この地にある高速道路のインターチェンジ名は「湯布院」ですが、JRの駅名は「由布院」です。この地を望むシンボル的な山の名前も「由布岳」と表記されます。

由布院には、旅館やホテルに宿泊して入浴を楽しめるほか、立ち寄り入浴できる場所もたくさんあります。いずれも、数百円の利用料で入浴できます。

このうち、明治14年 に建築された「加勢の湯」は、由布院で最も古い共同浴場ですが、入浴料は100円です。また、「下ん湯」(したんゆ)という、共同浴場もあります。

由布院の名所とされる「金鱗湖」(きんりんこ)の湖畔にあります。茅葺き屋根が特徴的で、半露天風呂の湯船からは湖を眺めることもできます。こちらの入浴料は、200円です。

JR由布院駅の周辺には、多くの飲食店や土産店が点在し、ここを訪れる旅行者でにぎわいます。電車を待つ間、大分土産を買い求めたり、大分名物のから揚げを食べたりしている観光客の姿も多く見受けられます。

県南の佐伯市で楽しむ入浴

最後に取り上げるのは、大分県の南部に位置する佐伯市の温泉です。「佐伯」は、「さえき」ではなく「さいき」と読みます。江戸時代には、佐伯藩の城下町として栄えた場所で、豊富な海の幸と山の幸に恵まれた土地です。

海沿いの土地なので海水浴場も多いですが、温泉地ももちろんあります。その1つが「かぶとむしの湯 鉱泉センター直川」です。ここは、冷え性や神経痛、筋肉痛等に効くと評判の泉質です。

泡風呂、電気風呂、ジェットバスなど、さまざまなお湯を楽しめます。緑豊かな自然の中にあるこちらの入浴料は、500円です。

佐伯市の別の入浴施設に「藤河内湯 とぴあ」があります。市内の藤河内渓谷にあり、神経痛、リューマチ、肩こりなどの効能がある鉱泉です。湯船からは、窓越しに雄大な渓谷の景色を眺められます。

渓谷でキャニオニングなどを楽しんだ人々もここで温まり、疲れをいやします。420円の利用料で、入浴できます。

なお、佐伯市を訪れた際には、こうした入浴施設のほかに、地元の「食」も味わいたいものです。佐伯市は、地元でとれた魚を使った握り寿司が名物です。

JR佐伯駅から港方面へ向かって歩いて行くと、「さいき 海の市場」というお店があり、ここでは刺身などの新鮮な海産物を買うことができます。

ここで買った品物を、その場で味わえるよう、椅子やテーブルも用意されています。このほか、地元の食を味わえる場所として、市内の3か所に道の駅があります。

最後に

大分県を訪れる多くの旅行者が、この地の名湯をその肌で味わいます。地元ならでは「食」も、舌で味わえます。自然豊かな景色も、目で味わえます。

九州を旅行するなら、名湯と観光地が満載の大分県は、どうしても外せない場所と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

ミルウォーキー(アメリカ・ウィスコンシン州)のおすすめ観光スポット

ウィスコンシン州ミルウォーキーは、アメリカ五大湖の中では2番目の大きさを誇る湖のほとりに位置する街です。 美しいミシガン湖周辺には、多くの観光スポットがあります。

石川県のおすすめ温泉地3選

石川県は、温泉がたくさんあるということで知られています。 新幹線が出来てからは旅行者も増えて、温泉に入るためにたくさんの人が訪れています。 石川県へ旅行に訪れる時は、いろいろな宿を訪れてみるという人も …

ウェリントン(ニュージーランド)のおすすめ観光スポット

ウェリントンはニュージーランドの首都であり、全世界の首都の中で最も南にあることでも知られています。 ウェリントンを代表する観光スポットの1つが、街と海の博物館です。

春の観光におすすめ!世界遺産「姫路城」を堪能しよう

姫路城の観光で一番のおすすめの時期は、なんといっても春です。 春は暖かくて風も気持ちよくて、旅行にでかけるのにピッタリの季節ですね。 荷物も少なくて済みますし、気軽にお出かけしましょう。

マヨネーズについて楽しく学べる!キューピー・マヨテラスの見学

親子で共に学びたい、子供の職業意識を育てたい親御さんにうってつけの社会見学が、キューピーのマヨテラスです。

楽天モーションウィジェット