鳥取県のおすすめ温泉地3選

鳥取県への旅行でおすすめできるのは皆生温泉、羽合温泉、三朝温泉です。いずれも読み方が難しいのですが、かいけおんせん・はわいおんせん・みささおんせんです。

日本海の海の幸を肴に、休日を楽しんでもらいたいです。

スポンサーリンク

山陰一の規模、皆生温泉

鳥取県の西の端、米子市の海に面した地域にあります。遠方からの旅行でも、米子鬼太郎空港から車で20分程度、JRでも米子駅から車で15分程度と、アクセスがよいのが特徴です。

年間の利用客が50万人ほどと、鳥取県の中では最も利用客が多く、「山陰の熱海」とも呼ばれています。宿からは、大山と日本海の雄大な景色が楽しめます。

目の前の海は、弓ヶ浜と呼ばれており、松林と白い砂浜が続く風光明媚なところです。夏の海水浴も有名で、海に入れない時期でも砂浜でバーベキューをやるのも楽しいでしょう。

当地の歴史はそれほど古くなくて、明治時代に地元の人が海岸近くの浅瀬に熱湯がわいているのを発見し、それを実業家が歓楽街とする事業を成功させて、旅館が建ち並ぶようになったというものです。

泉質としては海辺にあることから、含まれる塩分が皮脂を溶かして「石けん」をつくり、うすいベールをまとった状態になります。肌の老化を防ぎ、健康にも良い効果をもたらすとされています。

源泉の温度は、60度から90度くらいと非常に熱く、旅館では加水して利用されています。

山陰のグルメといえば、日本海の魚が最も有名です。旅館の夕食も楽しみではありますが、街中の回転寿司でも驚くべく安値で、都市部では味わうことができないほどの美味しい魚料理を味わうことができます。

日本海側で有名な漁港である境港は隣町であり、お土産に新鮮な海産物を買い求めるのも楽しいです。

「ハワイ旅行に行ってきました」で有名

鳥取県への旅行なのに「ハワイ旅行に行ってきました」と言ってもウソにならないのが、ここ羽合温泉です。かつては、羽合町という町がありましたが、市町村合併により、湯梨浜町(ゆりはまちょう)という名前に変わりました。

名前の通り、「お湯と二十世紀梨と浜辺がある町」という意味が込められています。

羽合温泉は、鳥取県の中央部、倉吉市の東側にあり、東郷湖の西側に面した地域です。東郷湖の湖底からお湯が湧き出ており、自然に湧き出た湯を鯉が教えたという伝説があります。

そのことから「こいの湯」とも呼ばれており、あやかりたいカップルにも注目の地です。町の名前同様、シャレが効いているところです。冬は湖底から湧き出たお湯が湯けむりになることから、幻想的な光景がみられます。

近年携帯電話会社のCMで、この地が使われました。効能としては、リュウマチ・婦人病・神経痛・関節痛など痛みに効くとされています。

グルメとしては、春はいちご狩りが出来る施設が点在しており、秋は何といっても鳥取を代表する味覚、二十世紀のシーズンとなります。8月の最終週あたりから、9月の中旬までと出荷時期が短く、あまり保存ができないため、この時期を逃さないようにしてください。

地元の農協では、出荷できないようなグレードの二十世紀が安値で販売されており、家で食べる分には十分満足出来る梨が手に入ります。

冬は山陰を代表するグルメ、松葉ガニのシーズンです。これを目当てに遠方から観光客が訪れます。

世界屈指のラジウム放射能泉

最後に紹介する三朝温泉は、世界でも珍しいラジウムが多く含まれた温泉で、ラジウムが崩壊してできた気体のラドンが発散されます。

新陳代謝が良くなる、免疫力が高まる、自然治癒力が高まる、などお湯に入ると健康になる要素が多分に含まれています。また、お湯を飲むことにより抗酸化機能を高める効果があり、老化・生活習慣病の防止の効果もあります。

なお、1時間程度の入浴であれば、放射線の浴びすぎによる健康被害にはまったく達することはありません。

およそ850年以上も昔のこと。

お侍さんが、年老いた白い狼を弓で射ようとしますが思いとどまり、見逃してあげました。その夜お侍さんの夢に、妙見大菩薩が現れて、白い狼を助けたお礼にと温泉の場所を教えてくれた、これで村人たちを救ったという話が伝わっています。

現地へのアクセスですが、車であれば中国道の院庄インターから、国道179号線で北上するルートが一般的で、大阪・神戸・岡山からは直通の高速バスもあります。JRでは山陰本線の倉吉駅からバスに乗り換え、20分ほどで到着します。

山間の地ですので、冬場は雪になることもあるため、冬タイヤは必要です。

旅館が立ち並ぶ地域の周辺には足湯、公衆浴場があり、誰もが入れるのでお風呂のハシゴをするのも楽しいです。なかでも公共露天風呂「河原風呂」が有名です。

また、泉娯楽場という昭和時代の遊技場の雰囲気を味わえる施設では、射的、手打ちパチンコなどを楽しめます。

最後に

鳥取県には、今あげた3箇所以外にも個性豊かなところがたくさんあります。雪国ということもあり、温泉に雪見という日本人が好むシチュエーションが味わえる場所です。

いずれもアクセスがよく、震災の影響もありませんので、訪問してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

沖縄県のおすすめ旅行スポット

温暖な気候と、きれいな海が人気の日本のリゾート地、沖縄県。 その魅力の一部をご紹介いたします。

世界遺産・厳島神社のおすすめ観光方法

広島県が世界に誇る厳島神社は、世界遺産登録されるよりもずっと前から、瀬戸内海と調和する美しい社殿と、象徴的な大鳥居が織りなす芸術的な風景に、国内外からの憧れが集まっていました。 有名な観光地のなかには …

神奈川県のおすすめ旅行スポット

神奈川県は、関東地方の県で、東京都の南に位置する、都道府県別の人口は、東京都に次ぐ第2位の地域です。 そんな神奈川県のおすすめスポットを、いくつかご紹介致します。 スポンサーリンク 幅広い年代に人気の …

一生に一度は見ておきたい!美瑛の丘のおすすめ絶景スポット

美瑛の丘は、絶景と言われる場所が町のいたるところに位置し、そこになんとなく立っている暴風林やお隣との境界線用の目印の木であったり、普通に農家の方々が農業を営んでいる畑が様々な有名な景色を作り上げていま …

メキシコ旅行のおすすめ観光スポット

メキシコというと、国としてはよく聞きますが、日本人の海外旅行先としてはそれほど認知されていません。しかし今、カンクンという高級リゾート地が注目を集めています。

楽天モーションウィジェット