山口県のおすすめ温泉地3選

明治維新まで山口県は長州藩と呼ばれ、毛利氏によって治められていました。明治維新の際に、長州藩出身の多くの志士が活躍して、薩摩藩と共に近代日本の形成に貢献したことで知られています。

山口県内には多くの温泉があり、国内旅行におすすめです。

スポンサーリンク

山陽路随一の湯田温泉街・歓楽街

山口県山口市の南西部には、湯田温泉街・歓楽街があり、多くのホテルや旅館、娯楽施設などが立ち並んでいます。湯田は、県庁所在地にあるので交通アクセスが良く、山口市内や萩・津和野観光の拠点として便利な場所に位置しています。

湯田は、便利な場所にあるので、団体旅行の他に家族旅行にもおすすめです。最近は、外国人旅行客も多く訪れるようになっています。

開湯は約6百年前で、幕末には維新の志士や公家が湯田の地に滞在しました。湯田は、井上馨や中原中也の出身地です。現在は、井上馨の生家は井上公園、中原中也の生家は中原中也記念館が建てられています。

山口市内には、明治維新に関する多くの名所・旧跡が残されているので、幕末の歴史に関心を持つ方におすすめの観光地です。当地にあるホテルや旅館には、多くの宿泊客が訪れますが、日帰り入浴も可能な施設もあります。

立ち寄り湯として利用できる、共同浴場「亀乃湯」があります。さらに、旅館やホテルでも昼間は立ち寄り湯として、入浴施設が開放されていますし、食事付きの入浴プランも利用できます。

近年は、観光客の誘致のために、足湯に力を入れています。湯田エリアの公園や観光案内所など6ヵ所で、無料の足湯施設が設置されています。

源泉の泉質ですが、アルカリ性単純泉で湧出温度は64℃~72℃と高温です。お湯は刺激が少ないため、女性におすすめです。湯量が豊富で、源泉かけ流しの入浴設備を持つ宿泊施設もあります。

日帰り入浴客でも、源泉かけ流しのお湯を楽しむことができます。

アクセス方法ですが、JR新山口駅から山陽線の各駅停車に乗車して、約15分です。自家用車であれば、山陽自動車道山口ICから、約10分の距離にあります。

日本海側の長門市にある温泉街

山口県で、日本海側に位置する長門市には湯元温泉があり、市内を流れる音信川(おとずれがわ)沿いに、宿泊施設や娯楽施設などが立ち並んでいます。開湯は室町時代の1427年と伝えられており、大寧寺の住職が発見しました。

現在も、当時の源泉から湧出するお湯が利用されていて、大寧寺が所有しています。江戸時代には、長州藩の藩主もこの地に湯治に訪れたことがあります。

長門市内には、大型の宿泊施設が立ち並び、日帰り入浴も可能(500円~2000円)です。宿泊施設の内湯以外にも、入浴専用の施設(公共浴場)が2軒(「恩湯」・「礼湯」)あり、手軽に立ち寄ることもできます。

ちなみに「恩湯」「恩湯」ともに、入浴料が大人200円・小人100円で、休憩所を利用する場合には大人100円・小人50円が必要です。

入浴料と休憩所を合わせても、一般的な銭湯よりも安い料金で入浴できるのでおすすめです。「恩湯」と「礼湯」の定休日が異なるので、常にどちらか片方は利用できます。

源泉の泉質ですが、アルカリ性単純温泉で湧出温度は39.0 ℃、pHは9.62です。アルカリ性のお湯なので、独特のぬめりのあるお湯が楽しめます。

アクセス方法ですが、JR美祢線長門湯本駅で下車して徒歩約5分、 中国自動車道美祢ICから約20分です。自動車を利用して日本海側まで足を伸ばせば、美しい自然の風景が楽しめる観光スポットがあります。

そのため、長門市はドライブ旅行におすすめです。

落ち着いた雰囲気の川棚温泉

山口県下関市といえば、ふぐ料理が有名ですが、下関市街から北に約25kmほど進んだ山中に、川棚温泉があります。当地は、湯田や湯本などのように賑やかな繁華街・歓楽街はありませんが、長閑で静かな雰囲気の旅館街があります。

この地はかつて、多くの文化人や芸術家に愛されました。詩人の種田山頭火や、ピアニストのアルフレッド・コルトーも訪れました。江戸時代には、毛利氏の御殿湯が作られました。

川棚エリアには、日帰り入浴が可能な観光旅館がありますが、入浴専用の施設「ぴーすふる青竜泉」も利用できます。「ぴーすふる青竜泉」の入浴料は、大人420円と格安で、ドライブの途中に手軽に立ち寄って入浴することもできます。

「ぴーすふる青竜泉」の泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、お湯を舐めると少し塩辛い味がします。お湯に塩分を多く含まれているので、湯冷めしにくいという特徴があります。

この地方の名物はふぐ料理と、熱した瓦の上で茶蕎麦を焼いた「瓦そば」があります。観光旅館に宿泊すると、名物料理を味わうことができます。

周辺には響灘、下関乗馬倶楽部、ゴルフ場などがあり、豊かな自然を満喫することができます。川棚は、落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと温泉を楽しみたい方におすすめです。

アクセス方法ですが、JR西日本山陽新幹線新下関駅からタクシーで約30分、中国自動車道下関ICから約30分の距離にあります。近くに鉄道路線がないので、自家用車でのアクセスをおすすめします。

最後に

山口県内には、多くの温泉地があります。ネオンサインが輝く賑やかな繁華街や、静かに自然を満喫することができるような場所があります。

いずれも山陽新幹線や高速道路を利用すれば、九州や京阪神地区からも簡単にアクセスできるので、団体旅行や個人旅行におすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

愛知県のおすすめ温泉地3選

愛知県には、活火山がありません。よって温泉旅館が建ち並ぶ地域はそれほど多くありませんが、魅力的な入浴施設がたくさんあります。 休日に日帰り入浴施設にマイカーで行き、日ごろの疲れをいやすのも楽しいでしょ …

ドライブデートにオススメ!「九十九里浜」を満喫

九十九里浜は、千葉県山武郡にあります。 東京から車で1時間と、非常に行きやすい場所に立地してで、ドライブデートに、ぴったりの場所です。

3月におすすめの国内旅行先3選

冬に終わりを告げ、間もなく春が訪れる3月には、旅行に行ける場所がたくさんあります。寒い地方であればまだ雪が多く降っており、最後の雪景色を楽しむことができる月でもあります。 また、暖かい地方はすでに春真 …

タヒチ旅行のおすすめ観光スポット

タヒチはフランス領ポリネシアの島国です。100以上からなる複数の島から構成されており、島それぞれに見どころがありますので、時間に余裕があれば、首都パペーテがあるタヒチ島以外にも、是非訪れることをおすす …

夏休みに家族で旅行したい熊本県のおすすめスポット3選

熊本県は平成28年の4月に起こった大きな地震により、甚大な被害を受けてしまいましたが、現在ではかなり復興が進んできています。 そのため元々熊本県の中で人気の高かった観光スポットも、かつての魅力を取り戻 …

楽天モーションウィジェット