山口県のおすすめ温泉地3選

明治維新まで山口県は長州藩と呼ばれ、毛利氏によって治められていました。明治維新の際に、長州藩出身の多くの志士が活躍して、薩摩藩と共に近代日本の形成に貢献したことで知られています。

山口県内には多くの温泉があり、国内旅行におすすめです。

スポンサーリンク

山陽路随一の湯田温泉街・歓楽街

山口県山口市の南西部には、湯田温泉街・歓楽街があり、多くのホテルや旅館、娯楽施設などが立ち並んでいます。湯田は、県庁所在地にあるので交通アクセスが良く、山口市内や萩・津和野観光の拠点として便利な場所に位置しています。

湯田は、便利な場所にあるので、団体旅行の他に家族旅行にもおすすめです。最近は、外国人旅行客も多く訪れるようになっています。

開湯は約6百年前で、幕末には維新の志士や公家が湯田の地に滞在しました。湯田は、井上馨や中原中也の出身地です。現在は、井上馨の生家は井上公園、中原中也の生家は中原中也記念館が建てられています。

山口市内には、明治維新に関する多くの名所・旧跡が残されているので、幕末の歴史に関心を持つ方におすすめの観光地です。当地にあるホテルや旅館には、多くの宿泊客が訪れますが、日帰り入浴も可能な施設もあります。

立ち寄り湯として利用できる、共同浴場「亀乃湯」があります。さらに、旅館やホテルでも昼間は立ち寄り湯として、入浴施設が開放されていますし、食事付きの入浴プランも利用できます。

近年は、観光客の誘致のために、足湯に力を入れています。湯田エリアの公園や観光案内所など6ヵ所で、無料の足湯施設が設置されています。

源泉の泉質ですが、アルカリ性単純泉で湧出温度は64℃~72℃と高温です。お湯は刺激が少ないため、女性におすすめです。湯量が豊富で、源泉かけ流しの入浴設備を持つ宿泊施設もあります。

日帰り入浴客でも、源泉かけ流しのお湯を楽しむことができます。

アクセス方法ですが、JR新山口駅から山陽線の各駅停車に乗車して、約15分です。自家用車であれば、山陽自動車道山口ICから、約10分の距離にあります。

日本海側の長門市にある温泉街

山口県で、日本海側に位置する長門市には湯元温泉があり、市内を流れる音信川(おとずれがわ)沿いに、宿泊施設や娯楽施設などが立ち並んでいます。開湯は室町時代の1427年と伝えられており、大寧寺の住職が発見しました。

現在も、当時の源泉から湧出するお湯が利用されていて、大寧寺が所有しています。江戸時代には、長州藩の藩主もこの地に湯治に訪れたことがあります。

長門市内には、大型の宿泊施設が立ち並び、日帰り入浴も可能(500円~2000円)です。宿泊施設の内湯以外にも、入浴専用の施設(公共浴場)が2軒(「恩湯」・「礼湯」)あり、手軽に立ち寄ることもできます。

ちなみに「恩湯」「恩湯」ともに、入浴料が大人200円・小人100円で、休憩所を利用する場合には大人100円・小人50円が必要です。

入浴料と休憩所を合わせても、一般的な銭湯よりも安い料金で入浴できるのでおすすめです。「恩湯」と「礼湯」の定休日が異なるので、常にどちらか片方は利用できます。

源泉の泉質ですが、アルカリ性単純温泉で湧出温度は39.0 ℃、pHは9.62です。アルカリ性のお湯なので、独特のぬめりのあるお湯が楽しめます。

アクセス方法ですが、JR美祢線長門湯本駅で下車して徒歩約5分、 中国自動車道美祢ICから約20分です。自動車を利用して日本海側まで足を伸ばせば、美しい自然の風景が楽しめる観光スポットがあります。

そのため、長門市はドライブ旅行におすすめです。

落ち着いた雰囲気の川棚温泉

山口県下関市といえば、ふぐ料理が有名ですが、下関市街から北に約25kmほど進んだ山中に、川棚温泉があります。当地は、湯田や湯本などのように賑やかな繁華街・歓楽街はありませんが、長閑で静かな雰囲気の旅館街があります。

この地はかつて、多くの文化人や芸術家に愛されました。詩人の種田山頭火や、ピアニストのアルフレッド・コルトーも訪れました。江戸時代には、毛利氏の御殿湯が作られました。

川棚エリアには、日帰り入浴が可能な観光旅館がありますが、入浴専用の施設「ぴーすふる青竜泉」も利用できます。「ぴーすふる青竜泉」の入浴料は、大人420円と格安で、ドライブの途中に手軽に立ち寄って入浴することもできます。

「ぴーすふる青竜泉」の泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、お湯を舐めると少し塩辛い味がします。お湯に塩分を多く含まれているので、湯冷めしにくいという特徴があります。

この地方の名物はふぐ料理と、熱した瓦の上で茶蕎麦を焼いた「瓦そば」があります。観光旅館に宿泊すると、名物料理を味わうことができます。

周辺には響灘、下関乗馬倶楽部、ゴルフ場などがあり、豊かな自然を満喫することができます。川棚は、落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと温泉を楽しみたい方におすすめです。

アクセス方法ですが、JR西日本山陽新幹線新下関駅からタクシーで約30分、中国自動車道下関ICから約30分の距離にあります。近くに鉄道路線がないので、自家用車でのアクセスをおすすめします。

最後に

山口県内には、多くの温泉地があります。ネオンサインが輝く賑やかな繁華街や、静かに自然を満喫することができるような場所があります。

いずれも山陽新幹線や高速道路を利用すれば、九州や京阪神地区からも簡単にアクセスできるので、団体旅行や個人旅行におすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

知識が広がる!お札と切手の博物館の魅力とは?

各線王子駅から徒歩5分、明治通り沿いにあるお札と切手の博物館は、独立行政法人国立印刷局の運営によるお札や切手、印刷技術の歴史と現在を学べる資料館です。

大人も子供も楽しめるプール!神奈川県中郡「大磯ロングビーチ」

大磯ロングビーチは、相模湾が一望できるシーサイドリゾートプールです。神奈川県中郡大磯町にある、大磯プリンスホテルに併設されています。

一生に一度は見ておきたい!美瑛の丘のおすすめ絶景スポット

美瑛の丘は、絶景と言われる場所が町のいたるところに位置し、そこになんとなく立っている暴風林やお隣との境界線用の目印の木であったり、普通に農家の方々が農業を営んでいる畑が様々な有名な景色を作り上げていま …

夏休みに家族で旅行したい千葉県のおすすめスポット3選

千葉県には家族旅行に最適なレジャースポットが豊富に揃っています。 豊かな自然が溢れる場所もありますし、動物と触れ合えるところもあります。 都心からも遠くないので、電車や車を使えば手軽に旅行に訪れること …

地元民おすすめ!鳥取県旅行の穴場スポット3選

鳥取県には様々な観光スポットができます。 もともと日本一人口は少ない県ですが、旅行先としては人気があるところでもあります。 そんな鳥取県で観光するとすれば、人がたくさん来るところよりも穴場スポットを狙 …

楽天モーションウィジェット