日本での海外ドラマ流行の歴史


海外ドラマには日本のドラマにはない魅力が満載。

昨今ではインターネット配信サイトも増加し、海外ドラマも気軽に見られるようになりました。

一度見始めたらついつい夢中になってしまう海外ドラマは、実は案外古くから続いているんです。

スポンサーリンク

各年代で流行った海外ドラマ

1950年代の海外ドラマ

たとえば日本のテレビ業界の黎明期ともいえる1950年代には、「奥様は魔女」や「スーパーマン」が流行しました。

この時代に流行ったタイトルは今でも名前が残るものが多く、ほかにも「ペリー・メイスン」や「アンタッチャブル」、当時は「宇宙大戦争」として放送されていたスタートレックなどがあります。

日本国内のドラマ制作数も少なかった時代、壮大な物語を見せてくれる海外ドラマはあこがれの的でした。

主な製作国であるアメリカの暮らしをちらりと見せてくれるのも日本人のあこがれを刺激したものです。

1970年代の海外ドラマ

続く1970年代の代表的な海外ドラマは「刑事コロンボ」や「特攻野郎Aチーム」、「大草原の小さな家」などでしょう。

刑事コロンボはドラマだけではなく映画化もされた人気作です。
主演のピーター・フォークは独特の演技でコロンボ役を不動のものにしました。
この番組はプライムタイム・エミー賞なども受賞し、ピーター・フォークは主演男優賞を獲得しています。

「特攻野郎Aチーム」は近年になって再度映画化されています。

1970年代から1980年代には日本国内の番組も増え始めた時期で、代表的な数作品を除けば海外ドラマの放送自体が少なかった時代でもあります。

1990年代の海外ドラマ

1990年代に入るとBS放送、CS放送としてWOWOWなどが開設されます。

地上波では見られない海外ドラマも頻繁に放送されるようになり、「ER緊急救命室」や「ツイン・ピークス」が大流行しました。

「ツイン・ピークス」のミステリアスな雰囲気はこれまでの海外ドラマにはなかったもので、その新しさから多くの視聴者を獲得。

ここに至ってついに大流行作「Xファイル」が登場し、海外ドラマは日本でもすっかり定着します。

これらのタイトルも、今でも名作として語り継がれるもので、主演俳優や主演女優はドラマを飛び出して映画スターとしての地位も手に入れています。

2000年代の海外ドラマ

2000年代の流行作といえば「24 -TWENTY FOUR-」でしょう。

ドラマの中の24時間をそのまま視聴者に見せる手法と、主人公ジャック・バウアーの活躍に手に汗握った人も多いはずです。
テンポの良い展開に、あっと驚くラストシーンで、大人気作に昇りつめました。

「24 -TWENTY FOUR-」は好評のままシリーズ化し、ゴールデングローブ賞も受賞。
主演のキーファー・サザーランドはこの作品によって一躍スターダムを昇り詰めることになりました。

同じ年代には大ヒット作が多く、「プリズン・ブレイク」や「LOST」も日本で流行したタイトルです。

どちらも高視聴率を維持しながらシリーズ化され、主演俳優はほかのハリウッド映画にも出演しています。

日本で海外ドラマが定着したのは、この「24 -TWENTY FOUR-」から「プリズン・ブレイク」、「LOST」といった名作が立て続けにヒットしたことにも大きな関係があります。

海外ドラマならではのスケールの大きさや、展開の早さ、巧みなストーリー展開夢中になった人も多いはずです。

また、忘れてはいけないのが2004年に大ヒットした「冬のソナタ」です。
今まで海外ドラマといえばアメリカで製作されたもの一色でしたが、「冬のソナタ」がヒットしたことにより、韓国ドラマにも注目が集まることになります。

2010年代の海外ドラマ

2010年代に入ると海外ドラマの視聴はインターネット配信サイトへと移りました。

これまでテレビ局の都合によって時間を合わせながら見ていた作品も、自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンなどで手軽に視聴できるようになったのです。

インターネット配信サイトは多くの海外ドラマを集め、その中から生まれたヒット作はテレビでも放送されています。

「ウォーキング・デッド」はアメリカでも大ヒットしたドラマですが、日本ではインターネット配信から注目を集め、テレビ放送に移動することでより多くの視聴者を獲得しています。

こちらも好評につきシリーズ化となっており、シリーズに従って入れ替わる登場人物や、目を離せない展開が楽しめます。

最後に

テレビの黎明期ともいえる1950年代から続く海外ドラマの歴史は、日本にたくさんの夢を与え、流行を作り出してきました。

インターネット配信のスタートによってさらに細かく、自分好みのドラマを探せるようになっています。

アクションやヒューマンドラマ、恋愛ものや歴史ものといった定番のほかに、ゾンビものやファンタジーなど、ちょっとニッチなジャンルからも探せるのが嬉しいところです。

最新のヒットドラマももちろん楽しいものですが、たまには初心に戻って古いヒットドラマを見てみることで、また新たなる発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-,

関連記事

小説原作で実写化が成功したドラマ3選

小説作品の実写化は、失敗したもののほうが少ないと言えるのではないでしょうか。 特にドラマ化して人気になった作品ついて紹介します。

劇場へ見に行こう!今見るべき「落語」の魅力に迫る!

今、落語は空前のブームになっています。 東京都内では落語家の人数は500人あまり、月に1000席もの落語会が開催されているとも言われます。

心霊番組を怖いと思いつつ見てしまう心理とは?

心霊番組は今やお馴染みで、夏の風物詩のようにもなっています。 存在するはずがないところに人が写っている写真や異様な姿をした人が映された動画、恐怖スポットと呼ばれるところで記録された謎の声など、心霊番組 …

思わず突っ込みたくなる!韓国ドラマあるある

一度ハマると不思議な魅力があって、抜け出せないのが韓国ドラマ。実際見てみると、いろいろつっこみたくなるところもあります。 けれど、先が気になって仕方ないのが、魅力です。韓国ドラマ「あるある」を、まとめ …

漫画を読んでいると人生に役立つ瞬間とは

漫画は娯楽の代表とも言える存在であり、娯楽な故、読んでいても役に立つことがないというイメージもあるのではないでしょうか。 漫画ばかりを呼んでいるとバカになる、というように言われてしまうこともありますし …

楽天モーションウィジェット