パラリーガルはどんな仕事?未経験でも働ける?

パラリーガルの仕事は、主に法律事務所などで弁護士の指示に従い、法律業務を行い、弁護士をサポートする職業です。

法律事務は、人気の高い職業ですが専門性も高く、さまざまなスキルや柔軟な対応が求められることが多いです。

スポンサーリンク

パラリーガルと弁護士秘書

弁護士は、クセのある人も多いので、パラリーガルとひとえに言っても仕事内容は様々です。

未経験でも歓迎されますが、その専門性から法律事務の経験者や大学で法律学部を出ている人が、有利だとも言えます。

しかし、まったく別の業界から、未経験でパラリーガルになったという人もいますので、特別な資格は必要ありません。

ただし、中途採用は即戦力と柔軟さが求められ、その専門性も高いことから、やはり最初は法律事務所で経験を積んでいったほうが、おすすめだと言えます。

また、法律事務所によっては、パラリーガルと弁護士秘書とで分けているところもあります。

広義の意味では明確な区別はなく、パラリーガルと秘書の両方を兼任している事務所もありますが、弁護士秘書は主に、弁護士のスケジュール管理や来客対、応裁判所への書類の提出などがあります。

秘書としての一番重要な点は、事務所の方針にもよりますが、弁護士のスケジュール管理にあります。

管理と簡単な雑務のみを、任される場合もあると言われています。しかし、パラリーガルがスケジュール管理を行っている場合もありますので、完全に事務所によると言えます。

パラリーガルの仕事内容

弁護士秘書の話に触れましたが、パラリーガルも専門性に基づいた、事務業務を行います。

来客や電話対応の他、裁判所や法務局への外回り、法律や判例などが載っている文献の調査、裁判書類の作成などたくさんあります。

法律事務の場合、書類は細かくルールが定められていることがたくさんありますので、ルールに面倒がらず、きちんとこなせる人や誠実な人が向いていると言えるでしょう。

また、パソコンのスキルの高さも求められますので、最低限パソコンは使いこなせるようにしておきましょう。

また、法律事務所には、深刻な問題を抱えて相談や依頼をしに来るかたがほとんどですので、細かな気配りや気遣いができて、依頼人の気持ちを汲み取ることのできる、人間性というのも必要となってきます。

女性に人気がある仕事で、大半は女性ですが、キャリアとスキルが重視される職場ですので、年齢は関係ありません。

何十年も働いている、ベテランでも学ぶべき点はたくさんあるため、日々の業務で、専門知識やスキルを高めていくことが必要となる仕事です。

知識を蓄えた分だけ、スキルになります。

事務所の方針による理想と現実の違い

正社員だけでなく、派遣での雇用もありますが、派遣もまた即戦力が求められます。

そして、弁護士の方針や、やり方についていかなければなりませんので、派遣の場合は、相応のスキルがないと少し大変です。

また、パラリーガルの仕事は、弁護士のやり方に左右される場合が多いため、やりがいを期待して入ったのに、理想と異なりがっかりする場合もあるようです。

例えば、弁護士が法律事務作業をすべてこなしてしまい、普通のオフィスワークのような事務しか、スキルを求めないといった事務所もあると言われています。

そういう場合は、専門的な知識やスキルが身につきませんので、専門性を高めたい人は、入社してから後悔しないためにも、面接の時に仕事内容を、どんどん質問をしていったほうがいいでしょう。

また、待遇も事務所により大きく異なりますので、待遇面での疑問も、聞きづらい点はあると考えられますが、勇気を出して聞いてみましょう。

ただ、パラリーガルに向いている人にとっては、天職だと考えている人もいるようですので、そういった人は長く働き続けることができます。

パラリーガルのやりがい

男性も活躍していますが、女性が多い職種ですので、女性にとっては大変働きやすいと言われています。

また、パラリーガルの仕事は、専門知識とスキル、キャリアが全てですので、子育て中でもパートやアルバイトとして、重宝されやすいです。

また、引っ越す事情ができたとしても、引越し先の法律事務所に勤務することができますので、ライフスタイルに合わせた働きかたができます。

事務の仕事ではありますが、同時に専門職でもありますので、どこでも歓迎されやすい傾向にあります。

また、パラリーガルは社会に大きく貢献できる仕事でもあります。

困っている人を、弁護士とともに法律で助けることができますので、クライアントから感謝の気持ちを言葉にされたときは、やりがいを感じる時だと言われています。

また、誇りをもって取り組める職業でもありますので、社会的意義は大変大きなものになるでしょう。

未経験から始める場合は、地道に信頼と実績を重ね、専門的な知識とスキルを高めていくことが重要になります。

ミスが許されない仕事ですが、経験の蓄積が大切となります。

最後に

パラリーガルの仕事は、弁護士の方針により事務所によってかなり異なりがありますが、キャリアを積めば積むほど、社会的意義の大きくなる仕事です。

特に、経験豊富な人のニーズは高く、どこでも転職が可能ですので、未経験の場合は地道にスキルアップをしていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

貿易事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

通常の事務より、時給や待遇も高く、海外の香りもする貿易事務。 その仕事に就くにあたって、完全に未経験・無資格よりは、持っていたほうが有利になる資格がいくつかあります。 どういったものがあるか、詳しく見 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。 国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転 …

旅行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

旅行事務と言っても、職場によって要求される能力は変わってきます。 カウンター業務が主体の場合もあれば、経理などのスキルが採用条件となる場合も見られます。 絶対必要という資格は無いですが、採用試験で優位 …

就職・転職にハローワークを活用しよう

ハローワークは、多くの失業者が通うところとしても知られていますが、近年は就職活動中の学生が、足繁く通う場合もあるなど、失業者だけでなく、学生や転職希望のサラリーマンなども来ており、いかにハローワークを …

主婦にオススメの資格「保育士」

保育士とは、日本の国家資格の1つで、小学校に入学する前の0歳から6歳までの幼児の保育を、保護者に代わって担う人のことをいいます。 保育士資格は一度取得すると、更新する必要がありません。 そのため、資格 …

楽天モーションウィジェット