2人用ボードゲーム「パッチワーク」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

パッチワークはどんなゲーム?

パッチワーク(patchwork)はボード上に布地タイルを隙間なく埋めていくことを2人で競うゲームです。

時間とボタン(お金)、そして布地タイルを上手にやりくりしながら、相手より上手に埋めていきます。

まるでパズルのようにピッタリはまると、見栄えも素敵です。

ジグソーパズルのような感覚のゲームですが、競争要素も盛り込まれているので遊び応えもあります。

パッチワークの遊び方・ルール

プレイ人数は2人、プレイ時間は30分ほどです。

個人ボードに、できる限り隙間を作らないようにして布地タイルを埋めていきます。
布地タイルはボタンを支払って購入します。

それぞれのプレイヤーは、自分の番が回ってきたら2種類の行動から1つのを選んで行います。

1.ボタンをゲットする。
2.布地タイルを購入して自分のボードへ縫いつける。

どちらかを選んで進めていくと、自分のボードが徐々に埋まってきます。
自分のボードに縫っていったものがチグハグになってしまうと最後にお仕置きが用意されているので、できるだけ多く縫いつけるようにしましょう。

個人ボードの他に、共有の時間ボードがあり、それぞれプレイヤーはコマをスタート位置のマスに置きます。
このコマは、何かのアクションを手番ですると、中心へ向かって進みます。

ただし、手番は順番に回ってはきません。
スタート地点に近いマスにコマが置かれているプレイヤーがアクションを行います。
つまり、プレイヤーが連続して一人で手番をすることも起こり得ます。
同じマスに進んだ時は、後から入ってきたコマを上に置きましょう。

時間ボードのコマが両方中心にあるマスに到達したら、ゲームは終了です。

ゲームが終了した時に、空いているマスは1マスあたりマイナス2点になるので注意しましょう。
ボタンはゲーム終了時に1つあたり1点となります。

また、マスをキレイに埋めるつもりで布地タイルの獲得が少なくなってしまうと、最終的な得点計算で空いたマスが多くなって、マイナス点が多くなる可能性があります。

上手に進めないと最終的な得点がマイナスになるため、7×7のボーナスタイルはおまけと考えて、どんどん埋めるのがポイントです。

パッチワークを上手く攻略するコツは?

このゲームを攻略する上で重要なのは、ボタンと時間の要素です。

自分自身の時間マーカーが、相手側の時間マーカーを追い越すまでは相手にターンが移りません。

また、時間ボード上のボタンマークを、自分自身の時間マーカーが通過していく度に、キルトボードに並べている布地タイルに描かれるボタンの数分、収入があります。

加えて、隙間を埋めるのに丁度良い1×1サイズの布地タイルは時間トラックに置かれていて、先に通過するプレイヤーが取得できるので、この点も大事です。

そのため、今の段階で買えるタイルがどのくらいのコストになって、どのくらい収入が見込めて、どのように配置できるか、時間コストと手番をどのように選択すると最も効率よく使えるかを考えることがコツです。

そして、自分が行動すると相手に何が与えられるかなど、収入の計画やタイルを配置する計画が大切になります。

時間は2人で同じ分だけ持っていますが、ボタンについては最初の5個から途中の決算までどれだけ効率的にボタンの付いた布地タイルを取るかによります。

同じ時間をかけるなら、布地タイルの方が後々収入になりますが、ここぞという場合にボタンが足りないと、相手の時間を追い越そうかどうか悩むこともあります。

その場合、良い布地タイルは相手が取ってしまう可能性も出てきますのでよく考えましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

Models IMONの鉄道模型の魅力と特色

日本国内には、鉄道模型を製造するメーカーがたくさんあります。 Nゲージ愛好家の方であれば、TOMIXやKATOといった会社がすぐに思い浮かぶかもしれません。 これら以外にも、多くの会社が鉄道模型を制作 …

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

トレーディングカードゲーム「モンスター・コレクションTCG」の魅力とは?

数あるトレーディングカードゲームの中でも、モンスター・コレクションTCGは人気の高いゲームとして知られているため、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 このゲームが人気の理由は、 …

ドールハウスの置き場所はどこがいい?

スポンサーリンク ドールハウスの置き場所の選び方 ドールハウスは、使い勝手や保管を考慮して、置き場所を決めることが重要です。 単純に遊ぶ場合は、何時でも触れられる場所を置き場所に設定すると良いでしょう …

HOBBY ROUNDに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

日本のフィギュア・模型メーカーとして有名なボークスが開催している「お客様参加型」のホビーの祭典、それがホビーラウンド(HOBBY ROUND)です。

楽天モーションウィジェット