2人用ボードゲーム「パッチワーク」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

パッチワークはどんなゲーム?

パッチワーク(patchwork)はボード上に布地タイルを隙間なく埋めていくことを2人で競うゲームです。

時間とボタン(お金)、そして布地タイルを上手にやりくりしながら、相手より上手に埋めていきます。

まるでパズルのようにピッタリはまると、見栄えも素敵です。

ジグソーパズルのような感覚のゲームですが、競争要素も盛り込まれているので遊び応えもあります。

パッチワークの遊び方・ルール

プレイ人数は2人、プレイ時間は30分ほどです。

個人ボードに、できる限り隙間を作らないようにして布地タイルを埋めていきます。
布地タイルはボタンを支払って購入します。

それぞれのプレイヤーは、自分の番が回ってきたら2種類の行動から1つのを選んで行います。

1.ボタンをゲットする。
2.布地タイルを購入して自分のボードへ縫いつける。

どちらかを選んで進めていくと、自分のボードが徐々に埋まってきます。
自分のボードに縫っていったものがチグハグになってしまうと最後にお仕置きが用意されているので、できるだけ多く縫いつけるようにしましょう。

個人ボードの他に、共有の時間ボードがあり、それぞれプレイヤーはコマをスタート位置のマスに置きます。
このコマは、何かのアクションを手番ですると、中心へ向かって進みます。

ただし、手番は順番に回ってはきません。
スタート地点に近いマスにコマが置かれているプレイヤーがアクションを行います。
つまり、プレイヤーが連続して一人で手番をすることも起こり得ます。
同じマスに進んだ時は、後から入ってきたコマを上に置きましょう。

時間ボードのコマが両方中心にあるマスに到達したら、ゲームは終了です。

ゲームが終了した時に、空いているマスは1マスあたりマイナス2点になるので注意しましょう。
ボタンはゲーム終了時に1つあたり1点となります。

また、マスをキレイに埋めるつもりで布地タイルの獲得が少なくなってしまうと、最終的な得点計算で空いたマスが多くなって、マイナス点が多くなる可能性があります。

上手に進めないと最終的な得点がマイナスになるため、7×7のボーナスタイルはおまけと考えて、どんどん埋めるのがポイントです。

パッチワークを上手く攻略するコツは?

このゲームを攻略する上で重要なのは、ボタンと時間の要素です。

自分自身の時間マーカーが、相手側の時間マーカーを追い越すまでは相手にターンが移りません。

また、時間ボード上のボタンマークを、自分自身の時間マーカーが通過していく度に、キルトボードに並べている布地タイルに描かれるボタンの数分、収入があります。

加えて、隙間を埋めるのに丁度良い1×1サイズの布地タイルは時間トラックに置かれていて、先に通過するプレイヤーが取得できるので、この点も大事です。

そのため、今の段階で買えるタイルがどのくらいのコストになって、どのくらい収入が見込めて、どのように配置できるか、時間コストと手番をどのように選択すると最も効率よく使えるかを考えることがコツです。

そして、自分が行動すると相手に何が与えられるかなど、収入の計画やタイルを配置する計画が大切になります。

時間は2人で同じ分だけ持っていますが、ボタンについては最初の5個から途中の決算までどれだけ効率的にボタンの付いた布地タイルを取るかによります。

同じ時間をかけるなら、布地タイルの方が後々収入になりますが、ここぞという場合にボタンが足りないと、相手の時間を追い越そうかどうか悩むこともあります。

その場合、良い布地タイルは相手が取ってしまう可能性も出てきますのでよく考えましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

食玩ブームの火付け役!チョコエッグの魅力

あなたはチョコエッグというお菓子をご存知ですか? 現在も新シリーズが発売されている人気のチョコエッグの魅力を紹介します。

デジタルTCG「ハースストーン」の魅力とは?

ハースストーンはスマホやPCでプレイ可能な基本無料のデジタルトレーディングカードゲームで、ブリザード社が開発運営を行っています。 デジタルトレーディングカードゲームを広めた先駆けとも言える作品の一つで …

人気ゲームの食玩!モンスターハンターシリーズ

戦国BASARAシリーズや大神など、数々の名作を生み出してきたカプコン。 有名なゲーム会社ともなれば幅広いジャンルでゲームグッズを展開するのは当たり前であり、そういったグッズが販売されるゲームほど人気 …

トレーディングカードゲーム「ラストクロニクル」の魅力とは?

ゲームには色々な種類がありますが、根強い人気があるのがトレーディングカードゲームです。 せっかく遊ぶなら、壮大な世界観を持ったゲームをプレイしたいという方も多いのではないでしょうか。 ラストクロニクル …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「スタジオ グランボア」

「スタジオ グランボア」は、広々とした空間を利用できる、光溢れるハウススタジオです。 複数のチームで同時に撮影することもできたり、夜間での照明を使った撮影も行えます。

楽天モーションウィジェット