柄物スカートは「デニムジャケット」と合わせる

肌寒い時期など、少し何か羽織りたい時に活躍してくれるのがデニムジャケットです。

しっかりとした生地のデニムで作られたおしゃれなジャケットは、春先のアウターとして定番中の定番として、多くの女性が所持しています。

スポンサーリンク

どのような服装でも合わせやすいメリット

デニムジャケットは定期的に流行りがやってくることから、一枚は所持しているという女性が増えてきています。

ただ従来のデザインのジャケットは、カッチリとしたデザインも多く、カジュアルすぎるファッションは少し苦手という方には、少し合わせにくいイメージをお持ちの女性は少なくありません。

しかし近年流行っているデニムジャケットは色味も薄く、カッチリとした厚めのデニムを使用していない、薄地でクタッとした柔らかい使用感なので、可愛らしいワンピースやタイトなニットと合わせると、甘めのファッションの中にカジュアルさを足すことで、ファッションのバランスを整えることが出来ることから、様々な服装でも気軽に羽織る事ができる、万能アウターとして人気が高くなってきています。

また、デニムジャケットと言うと、デニムブランドの高価な商品が多いイメージがありましたが、最近ではリーズナブルで手が出しやすいアイテムも多く販売されるようになってきていますので、ダメージデニムを利用したデザインや、通常タイプのジャケットなど、複数所持する方も増えてきています。

合わせにくい柄物スカートもピッタリ

春物のファッションアイテムの多くは、小花柄やパステルカラー系の柄物のスカートやワンピース、パンツが人気になりますが、柄物だけだと見た目が派手に見えてしまう恐れがあるので、インナーなどを無地にするなど様々な合わせ方をしている女性が多いですが、やはり無地のスカートやパンツに比べると、柄物のファッションアイテムを1つだけで着用するのは、躊躇してしまう女性が多いです。

そんな方にオススメなのが、デニムジャケットを合わせる方法です。

短めの丈のジャケットを、膝丈のふんわりとした柄物のワンピースやスカートを合わせると、ウエスト部分がキュッと引き締まって見えたり、足が長く見えるメリットがあるので、膝丈のスカートでも脚長効果を得ることが出来るメリットがあります。

ジャケットに腕を通して着用する方法が一般的ですが、よりガーリーな雰囲気で女性らしい着こなしを行いたいという場合には、ジャケットに腕を通さずに羽織るように身につけると、トレンドの着こなしを楽しむことが出来るとして、多くの女性がデニムジャケットを活用しています。

流行りに合わせてデニムの色も変化

デニムを利用したジャケットは、男性と女性共に人気の高い定番のアウターアイテムですが、従来のデニムを利用したジャケットの特徴として、インディゴブルーという濃い濃紺のデニムを利用した物を利用することが多く、色味も濃くダメージを受けていないので、カッチリとしたスタイルを演出したい時などに着用する方法が、男性を中心に人気があります。

しかし濃いめで厚みもしっかりあるデニムを利用したジャケットは、女性が着用すると重い印象を与えがちですし、実際にデニムの厚さがしっかりあるので、春先などに着用すると暑いと感じてしまう女性も多いことから、近年人気になってきているのが、色味も素材も薄地のタイプです。

また、女性らしい印象を与える真っ白なホワイトデニムを利用したジャケットや、足を長く見せることが出来る丈が短めのジャケットデザインも人気があり、流行に合わせてデニムを利用したジャケットも、ドンドン変化している特徴があります。

ホワイトデニムには、インナーもホワイトを合わせると、シンプルだけど爽やかなスタイルに仕上げることが出来ます。

女性らしいノーカラージャケットも人気

襟が付いているデニムジャケットは、見た目がカジュアル過ぎてしまうと、使用するのを避ける女性は少なくありません。

デニム素材というだけで、カジュアルな印象となりがちなので、会社やおしゃれなスポットに行く際に、おしゃれをしたいという女性や、スニーカーではなくパンプスと合わせる事ができるデニムジャケットを探しているという方にオススメなのが、ノーカラージャケットの利用です。

首周りを隠してしまう襟がなくなっているデザインなので、髪をアップしてうなじを出したり、首元にアクセサリーを使用することが出来るなど、大人っぽい印象を与えることが出来るメリットがあります。

デニムは、様々なファッションとの相性が良いので、シックな印象のインナーでもノーカラータイプのデニムジャケットを合わせれば、ヌケ感が出て大人カジュアルなファッションを楽しむことが出来ますし、 ジャケットのデニムのカラーを薄い色味の物にするか、濃い色味の物にするかで印象がガラッと変わってくるため、中に着用するインナーに合わせてピッタリのジャケットを探すことをおすすめします。

最後に

カジュアルな印象があるデニムジャケットも、小花柄や柄物のスカートやワンピースと合わせると、甘さや派手さ抑えて、落ち着いた女性らしいスタイルに仕上げることが出来るメリットがあることから、春先の定番アウターとして人気が高くなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

流行のチェック柄、小物で取り入れよう!

秋冬になると、何故か欲しくなるのが、タータンチェックや千鳥格子のアイテムです。 でもいきなりコートやワンピースを購入するのには、ちょっと勇気が要るという意見も多数見受けられます。 そんな時は、まず気軽 …

トレンドカラー!マスタードイエローのトップスを使ったコーディネート

明るくハツラツとしていながらも、ビビッドなイエローよりは、落ち着いたこなれ感があるマスタードイエロー。 日本人の肌にも馴染みやすく、大人の方にも似合うトレンドカラーです。 マスタードイエローをトップス …

着やせ効果バツグン♪白を引き締めて着こなすなら:ロイヤルブルー

春には明るい色で気分も明るくいこう ファッションは、デザイン、素材、生地などが季節ごとに変化しますが、それと同じように、イメージカラーも異なります。特に冬から春にかけては色の変化が大きく、冬服は深みの …

季節の変わり目に必須アイテムのカーディガン!ワンピースに合わせて

ーディガンのおすすめスタイリング|ワンピースに合わせる 季節の変わり目に便利な羽織もの デニムジャケットだと、少しかさばったり、パーカーだとカジュアルすぎるといった特徴がありますが、カーディガンであれ …

自分のスタイルをしっかりと見極める

「どうしたら毎日生き生きとしていられるかな」 「どうしたら楽しく前向きにしていられるかな」 など平凡で普通な生活をしていると、ついつい不満が出てきてしまいます。 本当は、何もない毎日がとても贅沢なこと …

楽天モーションウィジェット