パソコンを買うなら新品と中古どちらがいい?

長い間パソコンを使っていると、いつか買い替えるときがやってきます。

電気製品には、対応年数というものがあり、メーカー側で対応年数による寿命を設定しています。PCは、機械そのものよりも、中に蓄積されたデータのほうに資産価値があります。

中古がいいのか新品がいいのか、買い替えの時はじっくりと考えて、間違った選択をしないように気をつけるべきです。

スポンサーリンク

中古パソコンを買うメリット

中古PCは、いわゆるリフレッシュされた個体が多く、ショップによっては、中古品の唯一の魅力である価格が、全く不釣り合いな場合があります。

新品と価格を比較した場合、そのメリットは限りなく少なくなります。ハードの老朽化は、みえない部分で進んでいます。

ハードディスクや電源ユニットなど、これから使っていくうちに、いつ壊れるかわからないものに、大事な資産を保存するのは、躊躇ってしまいます。

機械は古くても、新しい部品にすれば使えるという考えもあるかもしれませんが、世代が古いPCに最近の周辺機器や部品を取り付けても、動作は保証されていません。

さらに、相当機械に詳しくないと、部品の認識すらできない場合があるので、価格が普通よりも安いからといって、PCに詳しくない人は、中古パソコンには手を出すべきではありません。

トラブルが起こっても、メーカー保証はありません。

登録ユーザーでもなければ、部品の取り寄せにも応じてもらえないし、修理を依頼しても対応年数で断られたり、高額な正規料金を請求されることもあるので、価格以外で中古パソコンを購入するメリットはないといえます。

新品のパソコンを買うメリット

新規に買い替える場合、長期間使えるものを選びたいと思うものです。現状のOSが、稼働するものより、少し高めのスペックのものを購入すれば、ある程度の回数のアップグレードは可能になります。

新品のパソコンを購入する際の比較対象は、人それぞれですが、価格を基準に決める人は少なくないはずです。その他には、デザインや耐久性、メーカー保証の内容があげられます。

購入する方法も、ネット通販やメーカーのオンラインショップを利用すると、メーカー保証の延長やスペックも自分好みに変更することができます。

新型の機種を購入することでのメリットは多々ありますが、購入の際に注意する点は、自分の目的に合うスペックのものを選ぶことです。

大したことをしないからといって、スペックの低すぎるものを選んだり、逆にオーバースペックのものを選んだりしても、経費の無駄になります。

一般的な文書作成や、インターネットの閲覧をする程度なら、価格が予算の範囲であれば、デザインや自分の好きな機能を中心に選んでも大丈夫でしょう。

新品のPCを購入することで、安心して自分の資産であるデータを、扱うことができるようになります。

状況により使い分ける

デメリットの多い中古パソコンでも、状況や目的によっては使えることがあります。長期的に使っているソフトなどは、メーカーの統廃合などで、すでに販売の終了しているものや、バージョンアップや保証が終了した商品があります。

特に、専門的な特殊なソフトの場合、現在のOSでは動作しなくなった商品も、数多くあります。仕事であれ趣味であれ、そのソフトでなくてはできないことというのは、長くPCを使っていれば起こりうることです。

そういった場合には、やむを得ず中古PCを利用することになります。こういった場合、特に注意したいのは、代替え部品の確保です。

同じモデルがあれば、複数購入したりなどの対策が必要になります。工事現場などで、ノートPCを使用して打ち合わせをなどすることは、よくあります。悪条件下での使用は、せっかくのPCの機能低下や、故障の恐れがあります。

汚れの酷い場所や、水気の多い場所では、デスクワークのPCと現場用のPCは、使い分けたいところです。

最近では、タブレットなどもありますが、専用のソフトウェアを使用するには、ノートPCでの操作が安心でしょう。

どちらがよいのかを見極める

予算面で、どうしても新品以外の選択肢が必要な場合、そのいずれかを見極めなければなりません。

手持ちのPCがない場合や、出張など自宅を離れることが多い場合は、外出用に価格の安いショップ製や、価格面だけで判断するなら古い物を購入してもよいかもしれません。

その場しのぎや、長期に使用する予定のない場合、当面予算が工面できない場合など、新品が買える状況ではないが、どうしてもPCが必要な場合には、リサイクルショップなどでの購入も含めて検討して見てもいいでしょう。

時間的に余裕があったり、少し待てば予算が工面できる状況であれば、焦って不安定な中古PCを購入するよりも、普通のスペックでも、新しいPCを購入するほうが使用するうえでも、リスクは減ります。

大事なデータを管理したり、大事な作業をこなすためには、安心感が得られ物でなくてはなりません。

新品でなくてはならないのか、中古でもよいのか、購入するときの状況によりその見極めは難しいですが、大事な資産であるデータを守るためには、より快適に作業できる環境を手に入れるべきです。

最後に

パソコンを消耗品と考えるなら、高価な新品を買う必要はないかもしれませんが、信頼度の下がる商品で大事なデータを失ったり、業務に支障をきたしては意味がありません。

予算が許すのであれば、できるだけ最近発売された、新機種を購入することが最良の選択だといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-, ,

関連記事

素材としても活用できる!押し花の作り方とコツ

押し花と言えば、子どもの頃に作って本のしおりとして使っていたという経験のある人も多いのではないでしょうか。 色とりどりの花を、咲いていた当時の姿に近い状態で保存することができるため、花好きの人に人気の …

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

PC初心者におすすめ!パソコン教室で学べること

パソコンに関しての知識が豊富な方もいるでしょう。 周囲にも一人くらいはパソコンなどに関してのスキルを持っている方もいるはずです。 その人がパソコンを使っているのを眺めていると、キーボードやマウスを巧み …

弦楽器初心者におすすめ!ギターの魅力

バンドでのエレキギターの演奏や、弾き語りのアコースティックギターの演奏をみて「自分もやってみたい!」と憧れる方は多いはず。 しかし、よく見ると右手も左手も細かい動きをしているし、リズム感も必須だろうし …

自分のセンスや感性で!イラストを習ってみよう

自分の思い描いている事を形にしてみたい…そう考える人は多いでしょう。 その表現方法の一つとして絵は多く用いられてきました。 絵にも様々な形態があります。 水彩画、油彩画、水墨画、漫画、アニメなど……そ …

楽天モーションウィジェット