ペプシのおまけボトルキャップの魅力


何気なく買ったペットボトルのオマケにかわいいボトルキャップがついてきたりします。

実はこのボトルキャップを収集しているコレクターが世界中にいるんです。

オマケだからといってよく見ずに捨ててしまってはもったいない、メーカーがこだわり、作り込んだボトルキャップは一見の価値ありです。

スポンサーリンク

ボトルキャップブームをつくったペプシ

ボトルキャップの登場は1998年。

PEPSIから発売された清涼飲料水のオマケとして販売されたものが最初でした。

ペプシマンのユニークなキャラクターのテレビCMを見たことがある方もいるでしょう。

銀色のペプシマンの楽しくて可愛いキャラクターは、実は日本オリジナルのもので、キャラクター企画も日本人が担当しています。

日本人にとってはPEPSIの象徴的存在であるペプシマンがちょこんと乗ったボトルキャップは、熱狂的なコレクターを生み出すに至りました。

ペプシマンのボトルキャップ

キャップの上に乗ったペプシマンの造形も一種類だけではなく、ユニークな恰好でスポーツをしている姿は飾っていても楽しいものでした。

第一弾の好評を受けて、1999年には再びPEPSIからペプシマンボトルキャップが販売されます。

第二弾フィギュアの登場は、さらに前回以上の話題を呼ぶことになります。

なんと、ペプシマンがユニークな恰好で社名であるPEPSIのアルファベットを一文字ずつ表現したものだったのです。

一文字だけでも充分インパクトがあって楽しいボトルキャップだったものの、全種類集めることに情熱を燃やすコレクターも現れ、第二弾も第一弾と同様に好評を博します。

ボトルキャップを集めるためには、清涼飲料水を購入しなければいけません。

キャップのコレクション目当てにPEPSIを買う人も増えました。

ボトルキャップの魅力は精巧に作り込まれた造形や、その時々の世相をうつすユニークなキャラクターなどにあります。

しっかりと作られたミニチュアフィギュアはオマケだからといって馬鹿にできないもの。

ミニチュアならではの愛らしさとともに、大人も感心してしまうような細かな作り込みは食玩としてもこだわりを感じさせるものです。

やがてPEPSIの代表的キャラクターであるペプシマンだけではなく、映画のキャラクターも起用されるようになり、ますます虜になる人が増えています。

StarWarsのボトルキャップも大人気に

StarWarsのキャラクターを使ったボトルキャップもそのひとつでしょう。

世界中で大ヒットしたStarWarsのキャラクターが、かわいらしいミニチュアになってキャップの上に乗る様子が人気となり、食玩としても大ヒットとなります。

StarWarsからは多数のボトルキャップが展開し、42種類という多さからも、一人でのコンプリートは困難を極めました。

結果として友達同士での交換や、マニア同士のトレードが行われるようになります。

ペプシマンから始まった国内でのボトルキャップ人気は、StarWarsによってさらに浸透することになりました。

その後もPEPSIはボトルキャップとして色々な種類のものを発売しています。

猿の惑星やSNOOPY、さらにはイチローなど、マニア心をくすぐるラインナップによってボトルキャップ目当ての購入層もすっかり定着することになりました。

PEPSI以外の会社もボトルキャップ付きの商品を販売しており、コカ・コーラからは大ヒットゲームであるファイナルファンタジーシリーズ、コンビニ限定としてセブンイレブンも発売。ファンなら持っておきたい出来栄えとなっています。

今もマニア間で取引が行われている

ボトルキャップは現在でもマニアがいて、インターネットオークションなどで取引が行われています。

飾って楽しいミニチュアフィギュアは、コレクションが増えるたびに嬉しくなってしまうもの。

コレクションを増やそうとしてついつい購入してしまうものです。

以前は中身が見えないように包装されていたボトルキャップですが、現在ではメーカーの自主規制により透明袋に入ったタイプが増え、中身を見てから購入できるタイプのものが主流となっています。

欲しいキャップが店頭にあれば見て買えるようになったので、以前よりもコレクションが揃えやすくなったと言えるかもしれません。

最初に登場したペプシマンがPEPSIのキャラクターとして強く印象付けられたように、小さなキャップであっても意外と印象が強いのです。

あくまでキャップに被せるオマケとしての気軽さや、体積の小ささからも、気軽に集められるのもポイントでしょう。

最後に

ボトルキャップの主流は清涼飲料水のオマケとして配布されているものですが、中にはボトルキャップのみの単品として販売されているものも存在します。

フィギュア自体の造形レベルも上がり、あっと驚くようなものや、かわいらしいものなど種類も充実しています。

好きなキャラクターや映画のキャップを集め始めたら、つい止まらなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-,

関連記事

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「aiRoute studio」

「aiRoute studio」は東京都足立区にあり、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の「五反野駅」から歩いて、約7分の場所にある撮影スタジオです。 24時間体制で予約することができ、前日の予約 …

ドローンに資格は必要なのか?

ドローンとは操縦士が乗らない無人の飛行機のことを指します。 英語の雄のミツバチから転じた言葉で、大きさは10センチほどの小さなものから、30メートルを超える大型のものまであります。 形もいろいろな種類 …

プラモデルやフィギュアの塗装に!Mr.カラースプレーの特徴と使い方

Mr.カラースプレーはGSIクレオスが販売するスプレータイプの塗料です。

2人用カードゲーム「バトルライン」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク バトルラインはどんなゲーム? バトルラインは(Battle Line)は7つの軍旗を争って、手持ちのカードで役を作ることで相手と勝負します。

大人だからこそ夢中になる!バイク模型の楽しみ方

世の中にはバイクに夢中になっている人たちが沢山います。 実際にバイクを所有してツーリングやサーキット走行を楽しんでいる人や、バイクは所有していないけどバイクに憧れを抱いている人たちなど様々です。 その …

楽天モーションウィジェット