ペットを家族に迎える前に知っておきたいこと

ペットを飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。犬や猫、小鳥やうさぎなど、どんな動物でもペットとして一緒に暮らせば可愛いもの。
でもまずは飼い始める前に、実際にペットを迎えるために必要なことを考えてみましょう。

家族として迎える以上、ペットにとって最適な環境や食事についてなど、知っておいたほうがいいことがたくさんあるんです。

スポンサーリンク

ペットを迎える前にまず必要なこと

家族全員の同意を得る

第一に家族全員の同意を得ましょう。自分1人だけが大歓迎したとしても、同居しているほかの家族が嫌がっていては動物だって居心地が悪くなってしまいます。
ましてや家族にその動物についてのアレルギーがあった場合、大変な事態を引き起こしかねません。全員が気持ちよく迎えられるようにアレルギーの有無について確認してみることや、一緒に面倒を見ながら暮らしていきたいのかどうか、まずはしっかり話し合いましょう。
アレルギーは、後日どうしても出てきてしまう場合もあります。そういうこともあるかもしれないと話し合っておくだけでも、心構えが違うものです。

ペットを飼える環境なのかチェック

住宅についての環境もぜひチェックしたいポイントです。
今住んでいる住居が賃貸ならば、もしかしたら動物は不可かもしれません。動物不可の物件では当然ながらペットを飼うことはできませんから、思い切ってペット可物件に引っ越しを行うか、諦めるかの二択になります。

一軒家や持ち家であっても、騒音が気になる場合は飼うのは難しいかもしれません。犬や猫などはどうしても走ってしまったり、鳴き声が発生するものだと心得ておきましょう。
また、近隣にとっては臭いも重大な問題です。臭いの発生によってご近所トラブルにならないように注意が必要です。

面倒を見る人も明確に

実際にペットを迎え入れた場合、誰が面倒を見るのかも考えておきたいところです。
家族全員が仕事をしているお家などは、昼間は誰もいない状態になってしまいます。食事や排せつなどこまめなケアが必須となる子猫や子犬など、幼い動物の面倒をきちんと見られるのかどうか、動物をひとりぼっちにせずに済むかどうかを話し合いましょう。

ある程度成長した動物ならば、日中は家族がいなくてもお留守番もできるかもしれません。
しかしその場合も、お留守番中の環境をなるべく快適に整え、餌や水を途絶えさせないようにしなければいけません。

可愛いだけではダメ!きちんとした知識を身に付けて

ペットそれぞれの飼い方は、飼育本などできちんと学びましょう。
昨今では動物の飼い方についての書籍について多く出版されるようになり、昔に比べれば簡単に知識を得ることができるようになりました。餌はなにを食べるのか、おやつはあげてもいいのか、散歩の必要性などもしっかりと確認します。

夜行性かどうかだけでも対応の仕方が違ってくるものです。よかれと思ってした行為でも、実は動物にとっては毒だったということも充分に有り得ます。あらかじめ知識を得ておくことは、万が一の場合に慌てないためにも大切です。

動物病院の場所や診療時間もチェック

ペットを家族として迎える心構えが整い始めたら、必要な道具などを揃えるとともに、近隣の動物病院をチェックすることをおすすめします。

動物の種類によっては診てくれる動物病院が少なく、遠くの病院まで通わなければいけないかもしれません。
ワクチンや予防接種など、ペットが健康に過ごすためのケアがきちんとできるかどうかあらかじめ確認することは、緊急時にも役立ちます。

病気やケガは突然訪れるもの。
それは人間もペットも同じことですから、安心して治療を受けるための場所が必要です。近場の動物病院でのケアが難しかったり、専門の病院でしか診察が受けられない場合には、病院までのルートを家族みんなで確認しておくのも良い方法です。ペットが急病になった際に家族の誰が在宅しているのかは、その時になってみなければ判らないことです。できる限り全員で対応できるように準備を進めておきましょう。

ペットは家族の一員

一度家族として迎え入れたペットは、その生涯にわたって面倒を見続けなければいけません。言葉でいうのは簡単なようでも、命を受け入れることはとても大変なことです。
動物によっては10年を超える寿命を持っているため、その間はずっと面倒を見るという覚悟が必要になります。
迎え入れる側にとっても、10年後の自分をイメージするのは中々難しいことです。もしかしたら病気になっているかもしれないし、転職しているかもしれません。結婚で環境ががらりと変わったり、妊娠出産で子供ができるかもしれません。あるいは時間の経過とともに家族の中の誰かが亡くなっているかもしれません。
転職や失業によってお金がなくなった時にも、ペットの面倒を見ていけるでしょうか。その時に支えてくれる人はいるかどうか、家族の中で支え合っていけるかどうかまで、突き詰めてしっかりと考えておきましょう。

ペットを迎えるためには知らなければいけないことがたくさんあります。しかし迎え入れたペットはきっとかけがえのない家族の一員になってくれるはずです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

猫によっても性格いろいろ

人間にも人によって性格が違うように、猫もそれぞれ性格が異なります。 まず種類によって大きく傾向が異なりますし、同じ種類でもそれぞれ個性があります。 「猫だからこういう性格」というのは、一概に決めつける …

クレジットカード「Yahoo! JAPANカード」の特徴やおすすめポイント

Yahoo! JAPANカードは、その名称が示しているとおり、ポータルサイト大手のYahoo! JAPANが提供している、クレジットカードです。 Yahoo!のサービスを利用する人であれば、間違いなく …

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|キックゲームをする

妊娠中のお母さんと、赤ちゃんが遊びながらできる「キックゲーム」という胎教があります。 妊娠6か月くらいから妊娠後期にかけて、妊娠中のお母さんが、お腹で赤ちゃんが動いていると感じる時期に向いている胎教で …

美を追求する最新美容家電 ― ヘアアイロン ―

オシャレに気を使っている女性ほど、普段からしっかりヘアセットを行っている場合が多いです。ただ髪に強いクセが付いている髪質をお持ちの場合、髪をまっすぐに仕上げようとしても、すぐにうねりが出てしまったり、 …

フリマアプリ「フリマノ」の特徴や使い方

スマートフォンなどで使えるフリマアプリであるフリマノは、誰でも簡単に使えるといった簡易さが売りの、フリーマーケットアプリケーションになっています。 個人の所有物の売り買いが、本当に簡単に済ませられるよ …

楽天モーションウィジェット