犬を飼う前に準備しておくべきこと

ペットとしても人気があるのが犬ですが、初めて飼う場合ですとどういった準備を行えば良いのか迷うところです。
そこで室内飼い及び室外飼いをする際の、それぞれで必要なものについて確認をしてみましょう。

スポンサーリンク

犬を飼う前に準備しておくこと

犬用の食器

はじめにいずれの飼い方でも必要になるのが食器です。基本的には水用とエサ用のボウルを用意しますが、犬のサイズに合わせて用意した方が良いでしょう。
室内でケージに入れる時も、犬小屋に入れる時もサイズ合わないと邪魔になったり、慣れない犬が足を突っ込んでしまうようなこともあります。なおケージなどの柵に固定できるタイプの水入れもありますので狭い時に便利です。

ペットフード・おやつ

ペットフードも準備しておきましょう。ただ何でも良いというわけではなく、最初はブリーダーやペットショップで食べ慣れているものを与えた方が無難と言えます。
いきなり別のものを食べさせてしまうと、受け付けなかったり下痢になったりと不便もありますので、最初は同じものを用意し、切り替えるのなら2週間程度かけて少しずつ行うようにしましょう。

また、子犬の頃からしつけをすることが必要ですが、その時に使えるおやつもあると良いでしょう。
ボーロや小さめのビスケットなどですと安全に与えることができますので安心です。なお大きめのおやつですと、喉に詰まらせてしまうようなこともありますから、選び方に気を配ることが大切と言えます。

首輪・ハーネス・リード

続いて首輪もしくはハーネスの準備ですが、サイズ選びに注意が必要です。きついサイズも良くありませんが、緩くて簡単に取れてしまうのもいけません。
首輪などとセットで必要なものとしてリードも挙げられます。子犬の頃は体重も軽いため細めのものでも十分です。
基本的には体重に合わせてチョイスしていきましょう。

おもちゃ

おもちゃも用意しておくと良いでしょう。そしておもちゃに関しても大きさに注意が必要です。ペットの誤飲トラブルは少なくないですし、飲み込めるサイズは危険ですので気を付ける必要があります。

散歩をする段階になった時に必要になるうんち袋もあると役立ちます。当然、外でうんちをした時には拾う必要があり、トイレにそのまま流せるタイプもありますので処理するのも難しくありません。

室内で犬を飼う場合

ケージ

次に室内飼いをする時に準備しておきたいものについて見てみましょう。
まずケージです。
ここが子犬の住まいとなる場所であり、安心して過ごすことができる場所になります。またしつけをする時にもあると便利です。犬種によってはすぐに大きく成長しますので、どの程度まで成長するのかを見越して選択すると買い替えをする手間もありません。

トイレ

室内飼いですとトイレも室内で行いますのでトレイが必要です。大体ケージの中に入れて使用しますのでサイズを合わせて選びましょう。なおメッシュの蓋が付いているタイプですと、トイレシートを踏んでしまうことがありませんので、ぐちゃぐちゃになったところにおしっこなどをしてしまう心配がないです。

ベッド

寝床も用意しておきたいアイテムですが、基本的にはクッション性のあるものを用意します。因みに破れやすい素材ですと、いたずらをして中の綿を出したり飲み込んでしまうこともあります。

室外で飼う場合

犬小屋・ベッド

続いて室外飼いをする際に必要なアイテムについてです。
小屋が必要になりますが、これもケージを選ぶ時と同じく、将来の成長を考えて選んだ方が良いでしょう。
小屋の中には寝床も必要ですので併せて準備を行います。

チェーン

室外ですと常に繋いだ状態になるかもしれませんので、そのためのチェーンも必要です。あまり短いと、歩き回れなくなりますので注意しましょう。
もちろん長すぎると危険のあるところまで移動する恐れもありますので、その点は環境を踏まえて選ぶことが大切です。

チェーンを固定しておくための場所も準備しなければいけません。外れてしまうと逃げ出して危険ですので気を付ける必要があります。

基本的には以上のようなアイテムを用意しますが、その他にもあると便利なものもあります。

例えばしつけをするためのスプレーです。小さい頃はやんちゃなところもあったりしますので、いたるところに噛みついてしまうことがあります。時には電気ケーブルにまで噛みつくこともありますから、ペット側に対しても危険があるのです。
しつけスプレーは、噛んで欲しくないところに吹きかけておくことで、噛むことを防止できるというものですので用意しておくと役立ちます。また、トイレを教えるためのスプレーもありますから、トイレを失敗して欲しくないという時に便利です。

犬用のブラシも用意しておくと良いでしょう。抜け毛が飛び散ってしまうことを予防したり、毛並みを整えるためにも使えますし、大事なコミュニケーションの時間にもなります。
その他にも衣服もあると便利と言えます。犬は毛皮を着ていますので温かいものですが、ただ犬種によっては毛の量が少ないです。
ですから寒くなると下痢をしてしまうようなこともあります。そのため飼う犬次第では衣服があると体温調整に使えます。

最後に

犬は初めてくる場所なので、不安でいっぱいです。
犬にとって、安心して過ごせる家になるよう準備をしっかりしておりましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:香典の相場

葬儀への参列時には、基本的に香典を持っていく必要があります。人の死は突然訪れるものなので、何かあった時に最低限のマナーを持って、故人とお別れをしたいものです。 金額については、一般的と考えられる相場が …

いまさら聞けない年金入門|専業主婦の年金について

年金制度には知っていると得をして、知らないと損をするという仕組みがたくさんあります。しかし、それを教えてもらえる機会はそうないのが現状です。 自分で調べて年金事務所に足を運ばないと、せっかく用意された …

ネット銀行活用術 : りそな銀行の特徴

都市銀行として運営している金融機関のりそな銀行ですが、全国に330以上の本支店を構えている他、ネット銀行としての顔も持っています。 ネットを活用したオンライン取引を利用することで、振込手数料が安く抑え …

余計なものを持たない豊かな暮らし。シンプルライフのすすめ

最近は生活を縮小し、コンパクトに生きる「シンプルライフ」を目指している人が多いです。 シンプルライフは「自分に必要最低限のもので生活をする暮らし」です。 少し前に断捨離も流行りましたね。 そんな少ない …

UQ mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

最近、格安スマホや格安SIMの人気が高まっています。 スマートフォンは便利ですが、キャリアの場合、毎月の通信費は、かなり大きな出費となります。 そのため、格安スマホや格安SIMが、一気にシェアを伸ばし …

楽天モーションウィジェット