動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ペット栄養管理士」

動物に関わる仕事には色々ありますが、栄養と動物のどちらにも興味があるならば、ペット栄養管理士という資格を取ってみるといいかもしれません。

この資格は、日本ペット栄養学会が2005年5月に設けたものです。この学会は、ペットの栄養と健康増進及び、ペットフードの品質向上などに関する会員相互の知識と技術向上と、その普及を図ることを目的にして、1998年の6月に設立されました。

スポンサーリンク

ペットブームの今だからなりたいペット栄養管理士

人間の世界にも栄養士がいて、それのペットバージョンという感じです。

人間とペット動物では、大きさや生態が異なるので、同じ知識では対応できませんから、ペット栄養管理士になるためには、栄養士とは別の勉強が必要です。

今では、ペットフードといっても様々な種類がありますし、値段によって品質も違います。さらにペットにもサプリメント市場が広がってきて、ペットの世界でも栄養管理ができるプロの存在が見直されています。

ネット上では、ペットに関する情報がたくさんありますが、その中には専門家が書いたものではないものも多いため、何も知らない飼い主さんが参考にするには、心許ないのが現実です。

そういう人たち向けに、わかりやすくペットの栄養について教えられるようになるのが、ペット栄養管理士の資格を取るメリットです。もちろん、自分がペットを飼っている人なら、自分のペットの栄養管理に知識を役立てることもできます。

ペットショップやペットフードの製造に関わる仕事に就きたい人も、ペット管理栄養士の資格を持っていれば有利です。個人利用の目的から就職活動にまで活かせる、役立つ今時の資格です。

ペット栄養管理士の資格取得方法

ペット栄養管理士の資格を取るには、日本ペット栄養学会の認定試験に合格して、会員登録し、官吏士名簿に登録される必要があります。認定試験を受けるには、講習会でA、B、Cの3過程を修了するか、獣医学を学ぶことが条件です。

認定試験は、100問のマークシート方式で、講習会ではペットの健康と食の安全について学びます。ここで深い知識を身につけることが可能です。試験内容は、講習会の内容をしっかり理解していれば解ける問題です。

合格率は高めなので、受講した内容を復習しておけば、対策ができるでしょう。受講の際には、専門のテキストも購入するので、それを読んでおけば良いです。

この試験は、成績優秀者から順に合格するような競争資格ではなく、一定の点数をとれば合格できるようになっています。試験を受ける人の年代は10代から60代までと幅広いのが特徴です。

ペット栄養管理士が扱うのは主に犬ですが、勉強ではうさぎや猫のフードについても学んでいきます。この資格だけで食べていくのは難しいですが、知識として身につけておけば、ペット業界で働く際の助けになるでしょう。

ペット栄養管理士の中には、ペットのイベントで愛犬が食べられる手作りの食事を教えたり、飼い主さんからの愛犬の食に関する質問に答えるといった活動をしている人もいます。

手作りレシピを開発して、愛犬家に伝えるなどの活動もあります。動物だけではなく、人と接するのが好きな人に向いている資格でしょう。食に関心があったり、レシピを考える想像力がある人、ペットが喜んで食べている姿を見たい人などにも適しています。

資格試験に合格して仕事や生活に生かす

試験内容は、ペットフード理論、ペット基礎栄養学、ペット臨床栄養学の3つです。3回講習を受けると、最初の内容を忘れてしまう可能性があるので、定期的に復習しておきましょう。

試験は何度でも受けることができ、内容も大きく変更にはなっていないので、一度ダメだったとしても諦めずに挑戦すればいずれ受かるでしょう。講習の受講料は、3回で22500円、資格試験料が10000円、認定登録料が10000円、年会費が正会員で5000円です。

合計で47500円と結構費用がかかるので、試験の準備とともにお金の準備もしておきましょう。 ペットフードだからといって、人間の食べ物よりも品質が低くて良いわけではありません。

むしろペットは、人間に比べて自分の健康のために栄養バランスを考えて食べ物を選べないので、栄養を人間が考えて、質の高いものを与えてあげることが大切です。そのことに気づいていない人たちに、ペットフード作りを通して、食の大切さを教えたり、食の安全について見直してもらえるような働きができるのが、ペット栄養管理士の魅力です。

最近増えているペットカフェでも、メニューを制作するには栄養学の知識を身につけておく必要があります。人間にとっては美味しいものでも、動物にとっては毒になるものもあります。

そういう危険な食べ物について知ることはもちろん、ペット用の食事も提供したいと考えているのであれば、ペット栄養管理士の資格は役に立つでしょう。

資格を取得している人は、ペットカフェの店員やトリマーとして働いている人、ペットに美味しいものを食べさせたい飼い主さんが多いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

ニッチな外国語の資格:アラビア語検定

アラビア語はニッチな外国語として注目を集めています。 世界はグローバル化しており、経済や政治、国際協力、文化、芸術などあらゆる分野で日本とアラブ諸国との関わりも深くなってきました。 日本企業が世界に進 …

公務員になるための試験:警察官

警察官といえば、国と社会を成り立たせるためには不可欠な存在です。 世のため人のために働き、秩序を正すのが仕事です。 警察官はやりがいが大きく、社会貢献したい人にはぴったりです。 ただし、警察官になるた …

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(航海)

安全で効率的な漁業を行うために、漁労船を操る操船や魚を取る操業の中心的な役割を担うのが、漁労船の船長です。 船長は乗船すると、さまざまな計器を点検します。 船の位置を的確に示すGPSや、魚群探知機など …

職業訓練で資格取得やスキルアップをしよう

職業訓練では、手に職をつけたい人などが学び、実際に技能を身につけて、仕事を見つけていくことが可能になります。 職業訓練の対象の中には、資格取得、スキルアップにつながるものが非常に多く、自らの魅力をそれ …

楽天モーションウィジェット