初心者におすすめのペット:フェレット

小さなお顔にキョロキョロ動く目、にょろっと長い胴体に、小さなお手々が可愛らしいイタチ科のフェレットは一人暮らしの方に人気のペットです。

スポンサーリンク

にょろっと可愛い長い奴、初心者におすすめのペット

大きな声で鳴かないのでアパートやマンションなどの集合住宅でも、騒音を気にすることなく飼育することができることが魅力です。

犬や猫のように良く懐き、しつけもできるので、これからペットと暮らしたいという初心者の方におすすめのペットなのです。

最近、ペットとして見かけることが多いフェレットですが、3000年ほど前から家畜として飼育されていたといわれます。

ヨーロッパでは、ウサギを穴から追い出すなど狩りにも用いられていました。

近代では、細い管に入る習性を利用して管のなかの掃除や身体に電線やケーブルを繋いで狭いところの配線を繋ぐなど電気工事でも大活躍していたのです。

イタチ科の動物は野生の状態では、身を守るためや縄張りを主張するため、お尻の臭腺から、強い臭いがする分泌物を発します。

この自然の状態をノーマルフェレット、臭い対策のため臭腺の除去と生殖腺除去(避妊、去勢)手術が済んでいる子はスーパーフェレットと呼ばれているのです。

活発で元気、いつまでも無邪気で愛らしいフェレットは、気分屋でクールな猫よりも飼い主さまと遊ぶことが大好き、海外でも魅力的なペットとして愛好家も多いのです。

アメリカ、カナダ、ニュージーランドにはペットとして繁殖をおこなっているファームがあり、出身ファームによって、性格、体格、毛色、呼び名も異なります。

ファーム出身の子は、臭腺除去などの手術が済んでいることを証明する、ファームそれぞれの証明書がきちんとついているのです。

気になるお値段と購入方法

フェレットの体長は種類によって異なりますがオスのほうが大きめ。
オスは約35~40cm、メスは。約30~35㎝。

体重は、約1.5kg程度です。
寿命は、6~10年です。

非常に賢く、トイレのしつけもできますし名前も覚えてくれるので、ペットと暮らすことが初心者の方でもお世話が楽なペットなのです。

一般的に日本で広くペットとして飼われているのが、マーシャルフェレットです。
おっとりした性格でかみ癖も少なく、しつけもしやすいので、初心者の方におすすめ。
お値段は、約60000~70000円。

アメリカ生まれのパスバレーも比較的飼いやすいタイプで、病気に強いことが特徴です。
お値段もほぼ同じで、約60000~70000円。

そのほかにも出身ファームによって様々なタイプがいますが、価格は70000円前後。

珍しいアンゴラは、約150000円ですが、性格がきついので熟練者向きといわれます。

購入するときに注意が必要なのは、ファームの証明書がきちんとついていることです。

一般的な、良心的なペットショップなら安心でしょう。

まれに、非常に低価格で販売されていることがありますが、手術がおこなわれていないことが多いので注意が必要です。

また里親制度もあるので、無料でゆずり受けることも可能なのです。

何らかの事情で、飼い主さんが飼えなくなった不幸な子を引き取ることも選択のひとつです。

しかし、ファームの証明書が無かったり、なかには手術がおこなわれていないケースもあるのです。

後々、トラブルになる可能性もあるので、里親制度の利用には慎重さが必要です。

初心者の方は、きちんとした証明書がついたペットショップからお迎えされるほうが無難でしょう。

飼育のため必要なお値段と、気になる臭い対策

フェレットの飼育に必要な道具をそろえるための初期費用は、専用ケージ、約5000~30000円、トイレ、約700~1000円、ベッドになるハンモック、約1000~3000円、給水ボトル(300ml以上)、約500~1000円、フード皿(陶器)、約600~800円です。

これ以外に、首輪、お散歩用ハーネス・リード、おもちゃ、キャリーバッグなども用意すると、そこそこのお金がかかりますが、お迎えしてからそろえても問題ないでしょう。

毎月かかる維持費用は、トイレ砂、約600~1000円、専用フード約、1500~2000円程度です。

おやつやサプリメントを購入しても、それほど高額ではありません。

気になるが臭い対策ですが、手術済であれば、一般的な対策をおこなうことで抑えることができます。

ケージをきれいに掃除したり、トイレにペット用消臭スプレーで対策したり、1ヶ月に1回程度、お風呂に入れてあげることも有効です。

お風呂が大好きな子は、喜んで入ります。

フェレット特有の臭い対策としては、耳から臭いのある分泌物が出ているため、お耳を掃除してあげることも必要です。

耳掃除専用の液で耳垢を浮かせて、綿棒できれいに拭いてあげましょう。

耳のダニを防ぐことができるのです。

分からないことは、購入したペットショップに質問してみましょう。

そして何かあったときのために、小動物をきちんと見てくれる、かかりつけの病院を事前に探しておけば、いざというとき心強いです。

陽気で好奇心旺盛、何にでも興味を示し、やんちゃで遊ぶことが大好きなフェレットは、愛情をもって接すれば飼い主に良く懐き、元気に一緒に遊びます。

ピョンピョンと跳びはねる元気な様子と、目まぐるしく変わる愛くるしい表情は、日々の生活を癒やしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|在職老齢年金とは?

最近では、60歳以降も働く人が増えています。元気に働けるうちは、働きたいと考えるようですが、年金を受けられるはずの人が60歳以降も働くと、年金の一部または全額が支給停止されます。 これを 在職老齢年金 …

すっきり片付け!冷蔵庫収納術

冷蔵庫に何が入っているのかを把握していますか? スーパーで買い物を終えてしまおうと思ったら、同じものを買っていたことがあったり、奥から何年も前に賞味期限が切れたものが出てきたりしていませんか? そうな …

婚活サイトはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

結婚前提のお付き合いができる相手を探しているけれど、毎日家と職場の往復で、良い出会いがないという方は、婚活サイトを利用してみてはいかがでしょうか。 ここでは、サイトの利用方法や出会いまでの流れを、詳し …

絶対に子どもに言ってはいけない言葉とは?

スポンサーリンク 子どもに言ってはいけない言葉 幼い子どもにとって、母親は世界の全てと言っても良いほど大好きで欠かせない存在です。 そんな子どもの純粋な気持ちに応えるためにも、常に冷静で愛情たっぷりに …

猫・犬ともに年に一回の予防注射は必ず受けて!

日本には狂犬病予防法という法律が存在しているため、犬は年に一度の予防注射を受ける必要があるという認識は広くありますが、猫には予防注射に関する法律が定められていないので注射しなくても良いと思われがちです …

楽天モーションウィジェット