初心者におすすめのペット:カエル

見た目が苦手という人も少なくはありませんが、種類によっては非常に綺麗で他の生き物にはない魅力があるのが、カエルです。

スポンサーリンク

初心者でも飼いやすいカエル

飼育スペースもそれほど広くなくて済むため、ペットを飼育することが難しいマンションやアパートでも飼育することが出来ます。

また、初心者でも比較的飼いやすいカエルの種類もいますので、初心者の場合にはそのような種類を選ぶようにすることをおすすめします。

触ることが出来る種類

Embed from Getty Images

初心者がペットとして飼育するのにおすすめのカエルの種類として挙げられるのが「イエアメガエル」です。

この種類は、手のひらにのせることが出来るというペットとしてカエルと触れ合いたいという人におすすめの種類です。

極端に乱暴な扱いや長時間触るということは避けるべきですが、短時間であれば手乗りも可能です。

アオガエルなどに比べると、体が大きく、長生きですので、飼育するという場合には生涯飼育するということを心掛けるようにしましょう。

環境にもよりますが、20年程度生きるという事もあります。

飼育する時のポイントとしては、通気性の良い環境にするということ、地上と木の上の両方で生活するという特徴があるため、登り木は用意しておくようにしましょう。

また、照明の明るさによって、昼と夜を再現することが大切です。

飼育温度は25度から30度を保つようにします。飼育に必要となるものとしては、蓋をすることが出来る飼育ケージ、ヒーター、水入れ、コオロギなどの餌、カメのエサ等が挙げられます。

カメのエサなどの人工飼料を使用する場合には、小さいうちからならすようにしましょう。

ただし、購入直後は餌の食いつきが悪い事があります。

そのような場合には生き餌などを与えるようにしましょう。

ペットとして人気のある種類


大型のカエルでありながら、ほとんど動かず、小さめの水槽でも飼育することが出来ることから初心者にも人気の種類が「ツノガエル」です。

ずんぐりむっくりとしたフォルムと大きな口は愛嬌があり、見ているだけでも楽しくなります。

カラーバリエーションが豊富で、好みに合わせて選ぶことが出来るという事も嬉しい種類と言えるでしょう。

餌の食いつきが良い個体が多いため、初心者の人でも飼いやすい種類と言えます。

飼育の際のポイントとしては、蓋をしっかりとすることが出来る飼育ケージを選ぶようにしましょう。

そして、こまめに掃除を行い、ケージ内は清潔に保つようにしましょう。

飼育ケージ内の温度は22度から27度が適温と言われています。

20度程度まで温度が下がってしまうと、餌を消化することが出来なくなり、体調不良につながりますので、秋から春にかけては状況に応じてヒーターを使用するようにしましょう。

湿度が必要ですので、湿度計でこまめに確認し、乾燥しているようであれば、霧吹きなどで湿度を保つようにしましょう。

適している湿度は70%から85%ほどです。

与える餌は、コオロギや人工飼料、メダカ、金魚です。

主食としておすすめなのは、コオロギですが、体調や成長具合に応じて金魚やメダカ、ピンクマウスなどを与えるようにしましょう。

餌については、自分で繁殖することも出来ますが、餌の管理が難しい場合には、冷凍されているタイプを選ぶと良いでしょう。

ツノガエルは食欲が強いため、食べるからと言って食べさせていると栄養過多により死亡することもあります。

1年半以降は1日から3日おきに、糞をしたら与えるようにしましょう。

多くの人がイメージをするカエル


「カエル」と言葉を聞いて、多くの人が思い浮かべるカエルらしさが魅力なのが「トノサマガエル」です。

ペットとしても飼いやすい種類です。

野生下では、水辺に棲んでいるカエルですので、飼育するという場合には、水辺と陸の部分を用意するようにしましょう。

非常にジャンプ力が強いため、大きめの飼育ケージを用意するようにしましょう。

1匹で飼育することも出来ますが、飼育ケージの大きさによっては数匹で飼育することも出来ます。

基本的に保温や照明を用意する必要はありませんが、ライトを用意しておくとインテリアとして飼育ケージに入れた植物の育成に役立つでしょう。

インテリアとしての役割もある植物には、隠れ家としての役割もあります。姿を隠す事が出来るような植物を配置することにより、落ち着くようになりますので、むやみやたらに飛び跳ねるという事も少なくなります。

餌については、他のカエルと同様にコオロギで十分です。

コオロギを与える場合には、カルシウムなどを与える直前にまぶし、栄養不足を予防するという方法もありますが、ダンゴムシやワラジムシなどを与えることにより、栄養不足を防ぐことが出来ます。

また、栄養豊富なイモムシ類は与えすぎないようにしましょう。

食べ残した餌については、早急に取り除くようにしましょう。

野生下では気温が低くなると活動量が目に見えて減り、餌を食べる量も減り、冬眠をします。

飼育下でも冬眠をさせる事も出来ますが、冬眠中に死亡する可能性もありますので、冬眠をさせるという場合には、温度と湿度、冬眠前の餌の管理はしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

プランターで家庭菜園!おすすめの夏野菜

マンションに生活をしている場合、ベランダはあるけれど2階以上の部屋の場合には土がないので家庭菜園が出来ないなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

エコ家電で電気代はどれくらい節約できる?

節約をしたいという時に見直すことが多いのが、食費や電気代です。 食費なら安い食材を買ったり、外食を控えることによって節約することができますが、電気代は意識をして行うことが多いと思います。 電気代を節約 …

フリマアプリ「ハロマ」の特徴や使い方

あなたの自宅には、きっと使わないまま余っているものがあるはず。 置いておいても場所をとるし、埃をかぶっていくだけ。 ぜひフリマアプリで売って、すっきりさせましょう。本当に使ってくれる人が、買ってくれる …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : オーブンレンジ

キッチンで調理をするときに、ガスコンロや電気コンロの火や熱を利用するのが普通ですが、フライパンや鍋を使って調理するのは、割と面倒です。 加熱するだけなら、別のキッチン家電を活用することで、もっと楽に調 …

エキサイトモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

近年、数多くの格安SIM業者が、名乗りを上げています。 数が多いので、どれにすれば良いのか迷っている方もいるでしょう。 今回は、格安業者の中でも、細かいプランが用意されている、エキサイトモバイルを紹介 …

楽天モーションウィジェット