初心者におすすめのペット:ハムスター

ハムスターはペットを飼育したことがない初心者にも比較的楽に飼育することができます。

しかし、生き物を飼う以上、飼育方法をしっかり確認して大切に育ててあげましょう。

大切に育てることで、ハムスターも飼い主を覚えて懐いてくれます。

名前を呼ぶと近くに寄ってくるようになることもあります。

スポンサーリンク

ハムスターが初心者におすすめの理由

犬や猫と違い、ハムスターは鳴き声をあげません。

ときどきびっくりしたときや寝言で鳴き声を出すこともありますのが、普段鳴き声を聞くことはありません。

鳴き声で他人に迷惑をかける心配がないので安心です。

また、外に散歩へ連れて行く必要もありませんので、仕事をしている人にもぴったりです。

ただし、狭いケージに入れたままでは運動不足になります。

ときどきケージの外に出して遊ばせることも大切です。

その場合には、狭いところに入り込んで出てこなくなってしまうこともありますので、絶対に目を離さないようにしましょう。

はじめのうちは警戒してなかなか慣れてくれないこともあります。

しかし、毎日お世話をしていると次第に心を開いてくれます。

慣れてきたら、手の上で眠ったり手からおやつを食べてくれたりするようになります。

おやつを与えるときに名前を呼ぶようにすることで、名前を覚えて呼ぶと近くに来てくれる子もいます。

ハムスターの飼育は、比較的費用負担が少ないのも初心者におすすめできるポイントです。

餌も一度にたくさん食べるわけではありませんので、毎月かかる出費も多くありません。

ただし、毎日新鮮な野菜を少しずつ与える必要がありますので、できるだけ野菜は購入してください。

それ以外は、室内の空調管理も大切になります。

夏場はエアコンを使い、冬場は暖房を使う必要があります。

日中仕事などで家を空けることが多い場合には、やや空調に気をつける必要があります。

生き物を飼育する以上は、ある程度気をつけることがありますが、その中でも飼いやすいペットと言えます。

かわいらしく少しどじな一面も見られ、懐いてくれる可愛いパートナーになるでしょう。

ハムスターへ与える食事について

ハムスターの餌は基本的に専用のペレットです。

ペットショップやホームセンターなどでも販売されています。

しかし、それだけでは不足します。

できればキャベツなどの新鮮な生野菜も与えるようにしましょう。

水も毎日与えますが、砂漠に住んでいた生き物のため水を積極的には飲みません。

そのため、野菜を与えることで水分を摂取することができます。

水分の摂取が少ないと、糞が出ず病気になってしまうこともありますので注意しましょう。

一方、キュウリやレタスなど水分が多い野菜をたくさん与えると下痢の原因にもなりますので、注意が必要です。

また、ハムスター用のひまわりの種も販売されていますが、おやつとして考えるようにしましょう。

ひまわりの種は大好物なので、たくさん食べますがカロリーが高いためメインの食事にすると肥満になってしまいます。

また、ハムスター用のおやつなども市販されています。

これらも与えすぎには注意しましょう。

与えてはいけないものもあります。

ねぎ類やピーマンなどは中毒を起こす可能性がありますので、与えないようにしましょう。

果物類は大好きなので与えると喜んで食べますが、与えすぎに注意が必要です。

糖分と水分が多いため、肥満や下痢の原因となります。

また、人間が食べるものは基本的に与えないようにしましょう。

ハムスターの飼育環境について

飼育環境をどのようにするかいくつか方法があります。

一般的にはかごのようになったケージや衣装ケース、水槽などがあります。どれも、一長一短がありますので、あらかじめ確認しましょう。

かご状のケージで飼育するメリットは、比較的場所をとらない点です。

最近のケージは、回し車やはしご、トンネルなどがセットになっていることもあります。

2階、3階と遊ぶところが多いので飼い主の部屋が狭くても置くスペースが少なくて住みます。

一方デメリットは、寒さに弱い点です。

寒い季節になると、ケージの周りを暖めてあげる必要があります。

寒くなりすぎると冬眠をしますが、ペットとして飼育している環境では冬眠すると命の危険があります。

小動物用のヒーターなども販売されていますので、飼育する環境が寒いのであれば、対策が必要となります。

また、ケージをよじ登り転落することもありますので、怪我の心配もあります。

衣装ケースで飼育する場合のメリットは、散らからない点です。

ケージで飼育する場合、巣材にするおがくずなどが散かることも多いですが、衣装ケースならその心配はありません。

また、比較的広い空間になるため、ストレスが溜まりにくいでしょう。

デメリットは掃除に手間がかかる点と、夏場に温度が上がりやすいことです。

温度が高いと命の危険がありますので、凍らせたペットボトルをケースのそばに置くなどの対策をしましょう。

水槽での飼育は初心者には難しいかもしれません。

メリットは観察をしやすい点です。

上級者は、より自然の環境に近くするため、土を入れることもあります。

土を掘って寝床を作ったりする姿を見ることができますが、管理が大変なので初心者にはおすすめできません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

フリマアプリとネットオークションの違いは?どちらがお得?

いらないものを売りたいけれど、どうやって売るのかで悩んでいませんか。 スマホやパソコンなどがあると、自分で取引して売ることができます。 フリマアプリとネットオークションがあるので、これらの違いを見極め …

ペットを家族に迎える前に知っておきたいこと

ペットを飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。犬や猫、小鳥やうさぎなど、どんな動物でもペットとして一緒に暮らせば可愛いもの。 でもまずは飼い始める前に、実際にペットを迎えるために必要なことを …

家計簿をつけて貯金100万円を貯めよう

貯金で100万円を貯めるのであれば、家計簿をつけることをおすすめします。 家計簿をつければ節約をするにも効果的に出来ますし、収入を増やすという意味でも効果的に使うことができるようになります。 安心して …

いまさら聞けない年金入門|共済年金の仕組み

共済年金の仕組みを、しっかりと理解している人は意外と少ないものです。共済年金は、いわば公務員の厚生年金のことを示しますので、一般の会社員にとってはそもそも馴染みのない言葉です。 共済年金と厚生年金が一 …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お悔やみメールのポイントと注意点

今は、メールでなんでも連絡のやり取りを行う時代です。突然の訃報をご遺族の方から、メールで連絡されるという可能性もあります。 メールで連絡がきた場合に返信する、お悔みメールのマナーをチェックしておきまし …

楽天モーションウィジェット