安心して我が子を預けられる動物病院を選ぶポイント

今や子どもの数よりも、飼われているペットの数の方が多い時代と言われていますが、そこで気になるのがペットに病気が見つかった場合にかかる動物病院の選び方です。
大切なペットを安心して預けられる動物病院を選ばなければ、後々トラブルになったり後悔してしまう可能性もあります。

家の近くにある動物病院を選んでいる人も多いでしょうが、しっかり下調べをしてから行かなければ本当に信頼して預けられる動物病院かわかりません。
緊急時などは、家の近くにある動物病院の方が確かにメリットがあるのですが、それだけで大切な我が子ともいえるペットを預けられる動物病院かどうか判断するには少々リスクが伴います。
何かあってからでは遅いので、後悔しないためにも安心して預けられる動物病院の選び方を知っておきましょう。

スポンサーリンク

動物病院を選ぶ際のチェックポイント

親切丁寧な説明

動物病院を選ぶうえでまずチェックするポイントは、担当する獣医師の説明が丁寧で分かりやすいかという点です。
医療技術や設備が整っているだけではなく、家族が希望する通りに丁寧に対応してくれる医師がいるかどうかは非常に重要と言えます。こちらの話を聞かず、断定的に診断したり、しっかり説明をしてくれない医師の場合、こちらも信頼してペットを預けることができません。

症状などをしっかり説明してくれ、かつ複数の治療方針を挙げて家族にどの治療を行うか選択させてくれるような医師であれば理想的です。
そのように余裕のある医師であれば、経験も知識も豊富であることが多く、ひいては腕の良い医師だということになるのです。このため、初めて行った動物病院であれば、必要なくてもあえていろいろと質問し、それに対する医師の対応をチェックして判断すると良いでしょう。

慎重な身体検査

また、ペットの身体検査などをしっかり行ってくれるかどうかも重要な選択ポイントとなります。
過去の病歴確認は言うまでもなく、言葉を話せないペットの治療においては、慎重な身体検査はとても大切になります。ペットが罹患している病気を診断するためにも、その後に有効な治療を行うためにも、初診であれば十分に時間を取って様々な問診や身体検査を行う必要があるのです。

最初にこういった細やかな検査を行ってくれる場合、良心的で信頼して預けられる動物病院だと言うことができます。
病院に行くたびに体重や体温を測ったり、医師が身体に触れてチェックしてくれるような病院であれば、さらに理想的です。ろくに検査もせずパッと眺めただけで診察を終えてしまうような病院の場合、流れ作業的に受け流しているだけでしっかり診察していない可能性もあります。
このような病院は必要のない注射や薬を出してくる場合もあるので、選ぶ際には注意しておきましょう。

治療に関する事前説明

さらに、診察や治療にかかる費用を問答無用で押し付けてくる動物病院も避けておいた方が無難です。
動物病院の場合、ペットが言葉を話せない分様々な検査を行わなければならないケースも多いです。これは良心的な動物病院でも同じことが言えるので、検査をいろいろとしてくれること自体は悪いことではありません。

ただ、その際に検査にかかる費用や、その後の治療の方針や治療費について、事前に一言でも飼い主に説明してくれるかが重要なポイントになります。
人間の病気治療でも同じですが、施すことのできる治療法は複数あることが一般的です。
その中から経済的な面や、都合などを考えて選ぶのが望ましいのですが、それをせずに一方的に内容を決めて飼い主に通知してくるだけの動物病院の場合、良い病院とは言えないのです。

基本的にペットの治療内容や、方針を決めるのは飼い主であるべきなので、きちんと状況や治療について説明して了解を取った上で、進めてくれる動物病院を選ぶようにしましょう。
たかがペットの治療と思っていても、病気やケガの内容によっては驚くほど高額の治療費がかかってしまうこともあります。
経済事情を考えると最高の治療を与えてあげられないこともあるので、このように医師がきちんと説明して治療方針を選ばせてくれることは非常に重要となります。

費用については後で病院側とトラブルになりやすい点でもあるので、1度でも説明不足のまま治療を進められたりしたら病院を変えたほうが良いでしょう。

最後に

このように、信頼してペットを預けられる動物病院選びのポイントは様々あります。
基本的には、医師が丁寧に診察や検査を行ってくれるか、飼い主への説明を面倒がらずにしっかり行ってくれるか、治療方針や費用を説明して飼い主に選ばせてくれるかといった点をクリアした病院がおすすめとなります。

また、どんなに信頼できる動物病院だったとしても、人間と同じでセカンドオピニオンは非常に重要と言えます。
新しい観点で診察してもらうと、新しい発見や治療法が見つかることもあるので、深刻な病状の時や納得できない点がある場は他の動物病院へ行ってみることも大切です。
家族の一員であるペットを守ってあげられるのは飼い主だけなので、慎重に選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|国民年金保険料の免除・猶予について

国民年金に加入はしているけれど、保険料の納付が出来づらいことも、収入次第ではあり得ます。 そんな時に知っておきたいのが、国民年金保険料の免除と猶予の制度です。 納付が出来ないままでも、これらを知ってお …

網戸掃除のコツ

網戸の汚れが気になっていても、窓から外して、洗って拭いて乾かして、また取り付けるのが面倒くさいと、つい後回しにしがちです。 掃除をするのは、1年に1度の年末だけという、ご家庭も多いのではないでしょうか …

子どもの可能性を潰さない親の言動とは?

「赤ちゃんは天才だ!」という見解があります。 それはあらゆる事象を偏見なくありのままに受け取る素直さがあり、与えられた環境に適応していかようにも育っていくことができるという資質があるからです。 しかし …

キッチンの必需品!あると便利な100円グッズ

100円ショップは生活にかかせないお店の1つですね。 商品が豊富にあり、大抵のものは揃えることができると思います。 今回は100円ショップでおすすめのキッチン用品を紹介します。 スポンサーリンク 10 …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(しぼり方)

大切な衣類を洗濯したら縮んでしまったなんて経験をした事もあるでしょう。 そんな時には、一度どんな取り扱い絵表示があるのか良く見てみましょう。

楽天モーションウィジェット