ブリーダーから子犬を迎えるメリットは?

子犬を迎えるためにはいくつかの方法があります。

一般的にはペットショップで選び、その場で購入する方が多いかもしれません。色々なペットを扱っているペットショップならば安心ですし、育成に詳しい店員さんがいれば話を聞くこともできます。
餌やゲージ、おもちゃなども一緒に購入できるのも利点といえます。

あるいは友人や知人が飼っていたペットから生まれた子犬を貰い受けたり、保健所や動物保護団体からの譲渡を目指す方法もあります。
初心者や犬の飼い方にも慣れていない人におすすめなのが、ブリーダーから子犬を迎える方法です。

スポンサーリンク

ブリーダーから譲り受けるメリット

繁殖のプロフェッショナル

ブリーダーは繁殖や育成にノウハウを積んだプロフェッショナルです。犬の血統を守りながら健全な繁殖を行い、健康な子犬を育てることに長けています。
ブリーダーが健康状態を逐一チェックしながら行うので、一般のペットショップよりも餌や寝床、運動などの管理が徹底しており、健康な子犬を購入することができます。
また、ブリーダーによってはほんの小さな時期から子犬の写真や動画を公表しているので、あらかじめゆっくりと子犬を選び、購入できるのも特徴です。

じっくりと選べる

利点も多いペットショップですが、出会いは一期一会になりがち。
せっかく行ってもピンとく来る子犬がいなかったり、良いと思った子犬を飼えるかどうか家族で相談しているうちに売れてしまったりと、落ち着いて選ぶのはなかなか難しいのが現状です。

その点、ブリーダーからの購入はどんな犬が家族にぴったりなのかブリーダーと相談しながら、ゆっくりと選べるのが良いところです。
ブリーダーは犬のプロフェッショナルとして、専門家ならではの知識やノウハウから家族に合う子犬を紹介してくれるでしょう。飼い主との相性は犬にとっても重要な問題です。

飼い主側では選ぶことができても、ペットは飼い主を選べません。
相性の悪さからペットも飼い主も不幸な状態に陥ることのないように、その子犬の誕生から育成を見守ってきたブリーダーの意見にはぜひ耳を傾けたいものです。

子犬の家族のこともわかる

犬種にこだわる人にとっても、ブリーダーから子犬を迎えることは犬との良い出会いを生むことになります。
ペットショップに並ぶ子犬は可愛らしくて魅力的ですが、どんな経路を通ってペットショップに至ったのかを辿るのは難しいでしょう。この子犬の親犬はどんな犬で、兄弟犬はどういう子たちなのかを知ることはできません。
その点、ブリーダーが育成する犬は血統がはっきりしているので、安心して飼うことができます。身元がはっきりとした子犬ならば、遺伝性の疾患についても安心できます。
ブリーダーはただ繁殖を行うだけではなく、疾患を持つ血統は避けるといった管理も行っているのです。

ブリーダー探しも重要

さて、家族で協議してから飼いたい犬種を決め、その犬種についての勉強をしたら、次はその犬種を扱っているブリーダーを探し、ブリーダーから子犬を迎え入れるための準備をしなければいけません。
ブリーダーによっては一種類の犬種しか扱っていないということも多々あるため、希望の犬種の繁殖を行っているかどうか確認する必要があります。
昨今では公式サイトがあることも多いので、インターネット経由で探すのも良い方法です。公式サイトは隅々までじっくりと見て、このブリーダーで良いのかどうか考えましょう。

もちろん初めから一か所に絞らなければいけないというわけではなく、何か所かのブリーダーを見て回ることもできます。
おすすめしたいのは、事前に連絡を入れてから実際に子犬が育成されている場所を見に行ってみることです。子犬が育成されている状況を見れば、そのブリーダーが信頼できるのかどうか、ここで育てられた犬を受け入れたいのかどうかなど、ある程度の目安をつけることができます。

不衛生な環境での育成はもってのほかですし、餌をちゃんと与えられているか、親犬や兄弟犬の様子など、目で見なければ判らないことがたくさんあります。
ぜひ家族に迎えたい子犬とも出会えるかもしれません。しかしこの時対面したブリーダーにあまり良い印象を持たなかった場合は、ほかのブリーダーを訪れてみると良いでしょう。
子犬の選び方や育成方法についての質問など、これから先もブリーダーにはお世話になる可能性もあるので、この人ならばと思う相手を見つけることが大切です。

最後に

ブリーダーから子犬を家族に迎えるのは、初心者には難しいように感じられます。
しかし子犬の育て方に慣れていない初心者にこそ、知識やノウハウのあるブリーダーの助言は頼りになるものです。病気や事故、怪我に加え、しつけについての疑問など、子犬を飼い始めてからはいくつもの問題や疑問が出てくるでしょう。
こんなつもりじゃなかったと、いざ飼い始めてから後悔する前に、ペットも飼い主も幸せになるための購入方法を選ぶことをおすすめします。納得の上で家族に迎え入れられた子犬は、きっと素晴らしい家族の一員になってくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

クレジットカードの国際ブランドとは?種類や違いなど

クレジットカードには、国際的に流通する「国際ブランド」があり、日本にあるクレジットカードのほとんどに、国際ブランドが付与されていますが、クレジットカードを選ぶ際のポイントに、どの国際ブランドを取り扱う …

結婚指輪と婚約指輪の違い

男性から女性へプロポーズをするときに欠かせないアイテムとして、婚約指輪があります。 映画やドラマなどのシーンで見かけたことがある人もいると思いますが、一粒のダイヤモンドがついた指輪というのが一般的な形 …

UQ mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

最近、格安スマホや格安SIMの人気が高まっています。 スマートフォンは便利ですが、キャリアの場合、毎月の通信費は、かなり大きな出費となります。 そのため、格安スマホや格安SIMが、一気にシェアを伸ばし …

野菜高騰に負けない!食費を節約する5つのコツ

自炊を毎日していると、買い物に行かなくてはなりませんが、買い物に行って野菜の値段に驚くこともあります。 ついこの前まで安かった野菜が、何倍もの値段に跳ね上がっていることがあるでしょう。 あまりにも高い …

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeディスプレイ棚

「賃貸だから穴が空けられないけれど、憧れのディスプレイ棚が欲しい」 「狭いスペースにもぴったりな棚があったら」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方の希望を叶えてくれる便利なアイ …

楽天モーションウィジェット