はじめてウサギを飼うために知っておきたいこと

動物園に行けば、ウサギとのふれあいコーナーを設置しているところもありますので、ウサギ好きにとってはたまらないスポットになるでしょう。
動物園に行けばいつでも会えるとはいっても、毎日いく事はできません。
毎日触れ合っていたいのであれば、家で飼うのが一番です。
家で飼えばいつも一緒にいることが出来ますし、触れ合うこともできますので、ウサギの飼育を検討してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

ウサギをペットとして飼うための準備

費用はどのくらいかかる?

ウサギをペットとして購入しようと思えば、どのくらいの費用が必要になるでしょうか。
ペットを飼うからには必ずお金が必要になります。購入費用だけではなく、毎月お金が必要です。

自宅でペットとして飼うとなると、ウサギ購入費以外にも、ケージやすのこ、水飲み器などを購入しなくてはなりません。
これらは7万円程度あればそろえることが出来るでしょう。

毎月飼育のためにかかる費用としては、ペレット代や牧草、トイレシーツなどが必要ですので、5000円程度が必要です。
ペットを飼い始めたものの、維持費が高すぎて手放さなくてはならないということになってはいけませんので、毎月の維持費が支払える人でなければ飼うべきではありません。

環境も大切

トイレシーツを購入するお金がないからと不衛生な状態にしていると、部屋中に臭いが充満することになりますし、ウサギにとってもいい環境とは言えませんので、衛生的な状態を保ちながら飼うようにしましょう。
ケージを置く場所の確保も必要になりますが、1平方メートル程度あれば問題ありませんので、場所を確保しておきましょう。

ご近所への配慮を

ペットを飼う時に心配になるのが、鳴き声によって近所迷惑になることです。
あまりにもうるさくしていれば、近所からクレームがきてしまいますので、ご近所トラブルになる心配があるでしょう。

ウサギの場合はどうかというと、ウサギには声帯がありませんので、犬のように大きな声で鳴くということはありません。
そのため、近所迷惑になるようなことはないですので、ご近所のことは気にせずに安心して飼うことが出来るペットです。

ウサギを飼う時には、トイレもきれいにしてあげるようにしなくてはなりません。
ウサギの糞はコロコロしていますので、処理はとても簡単にできますが、尿に関しては強い臭いが出るようになります。
こまめに掃除をするようにしておけば、臭いもそれほど気にすることなく飼うことが出来るでしょう。

ケージの中で飼うようになりますので、他の場所でトイレをされることもありません。
そのため、トイレの掃除も楽にすることが出来ますので、定期的に掃除をするようにしましょう。

あの噂は本当かしら?

「ウサギは寂しいと死んでしまう」という噂を聞いたことがあるかもしれませんが、これは本当なのでしょうか。

一人暮らしで長時間家を空けている人の場合、短時間しかそばにいてあげることが出来ませんので、ウサギは寂しい思いをしてしまうことになるでしょう。
そうなると寂しすぎて死んでしまってもいけませんので、本当のところを知っておきたいものです。

ウサギが寂しいと死んでしまうというのは、根拠のないうわさになります。
そのため、一人ぼっちにしておく時間が長かったとしても、寂し過ぎて死んでしまうということはないでしょう。

散歩は必要?

ペットを飼うと散歩に連れていかなければと思いますが、ウサギの場合はどうでしょうか。

あまり外に連れて出ている人を見たことがないのは当然です。
ウサギは基本的に散歩をする必要がないペットですので、散歩に連れて出る必要はありません。

しかし、たまには広いところで遊ばせてあげたいと思うのであれば、リードをつけて遊ばせるようにしてもいいでしょう。
いくら広くて安全な場所だったとしても、どこに逃げていくかわかりませんので、外に連れて出るときにはリードをつけておいた方が安心です。
遠くまで行ってしまって捕まえられない、ということになっては大変ですので、屋外に出るときにはリードは付けておかなくてはなりません。

屋外が心配なのであれば、家の中でケージから出してあげてもいいでしょう。
家の中であれば外に逃げ出していく事もありませんので、運動がてら出してあげることです。

しかし家の中だから安全と思って部屋のドアを開け放していると、どこに行ったかわからなくなることがあります。
小さなペットですので、狭いところに入り込まれてしまえば探しにくくなります。
ウサギを放す部屋はドアを閉め切るようにして、その部屋の中だけで遊ばせるようにしておきましょう。

最後に

ウサギは犬や猫のように多くの人が飼ったことがあるペットではありません。

そのため、飼い方を知らない人がほとんどですので、ウサギを飼う前に実態を知っておいた方が戸惑うことなく飼うことが出来ます。
ペットを飼い始めたら飼い主の責任は重いですので、責任を持って飼うようにしましょう。

ウサギに癒されながらの生活を望むのであれば、ウサギにも快適に暮らせる環境を用意し、迎えてあげましょう!

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

DIYでキッチンの雰囲気を変える!食器を見せる収納

雑誌やインテリアショップなどで、見せる収納を上手に活かしている例を、見たことがある人も多いのではないでしょうか。 見せる収納はオシャレに見えますし、憧れを抱く人もいらっしゃるでしょう。 ですが、食器は …

塵も積もれば山となる!少しでも貯金をするための節約術

給料日前になるとお金がピンチになる、いつも「お金がない」が口癖だ、という方は少なくありません。 お金がなかなか貯まらない悩みを持つ方は多いと思います。 節約を心がけているつもりなのに、全く貯まらない場 …

外国人が喜ぶ和風なプレゼント

旅行や留学などで、日本を訪れる外国人の数は年々増加していると言われており、多くの人が、日本ならではの様々な品物をお土産として祖国に持ち帰っています。 日本で売られているものは、品質も高いものが多いです …

結婚指輪の人気デザインについて:カーブ

ウェディングドレスと同様に、女性の憧れとして存在している結婚指輪には、古い歴史が存在しており、長い時を経て様々な地域に伝承されました。 結婚指輪発祥は2000年以上前と言われており、古代から存在してい …

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|適度な運動をする

そもそも胎教とは何でしょう。それは、人によってとらえ方が変わります。 妊娠中から赤ちゃんに話しかけたりすることによって、親子の絆を深めるコミュニケーションという考え方もあれば、音楽を聴かせたり絵本を読 …

楽天モーションウィジェット