1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「卵」

1日だけ味噌に漬けると美味しい食材として、卵もとても美味しくいただける食べ物に変身をします。

茹でた状態にして、味噌と好みでごま油をプラスして、1日漬けるだけで出来上がりです。余りにもシンプルですが、これが実に美味な味わいを醸し出すことになります。

スポンサーリンク

味噌漬けにあう食材とは

1日だけ味噌に漬けると美味しい卵

白いご飯のおかずにも合いますし、ラーメンの上にのせるトッピングとしても、とても美味しい味わいになります。

1日だけ漬けただけでも、周りにはほのかなブラウンカラーがつくので、その薄く茶色いカラーも、美味しさを引き立たせる見た目のエッセンスになります。

茹でた卵があれば、簡単に作ることが出来るので、さっと用意をして、あとは冷蔵庫で保存です。翌日には美味しい仕上がりになっているので、献立の一品にすることができます。

日本人には好みの味噌の味わいですし、1日漬けておくと、ほどよく塩加減も染み渡りやすくなります。

時間をかけて煮込むほどの、濃い煮物のような味わいではないので、程よい塩分を感じながら、味が濃すぎないヘルシーな味わいにもなります。

しつこい、濃い味付けが苦手な人などにも、かなり向いている美味しさを感じることができます。でも全くの薄味ではないので、塩加減が丁度いということは、無駄に過剰な塩分を気にしながら食べる必要もありません。

シンプルな味付けですので、いろいろな調味料を使い、添加物などを気にする必用もありません。大豆発酵食品の持つ栄養価の高さとともに、卵の持つ高い栄養を一緒にいただくことができます。

そのまま食べても美味しいですが、やはりホカホカの白米には最高です。

アミノ酸も豊富な卵は栄養の優等生

味噌に漬けて食べるのも最高においしい卵は、20種類ものアミノ酸も含有する栄養の優等生の食品でもあります。人間の体には、アミノ酸が必要であり、特に必須アミノ酸の8種類は、絶対になくてはならない栄養です。

その必須アミノ酸も十分に含むため、美味しく食事で食べることで、体内の免疫を高める作用にもなります。

人間には、誰にでも免疫力が備わっていて、その免疫が良い状態であれば、風邪のウイルスにも負けはしませんし、心身ともに健やかさを維持しやすくなります。人の体力が良い状態でいられるのも、免疫力が整っている為です。

でも見えないだけに、自分ではわかりにくいですが、体内の免疫機能が低下をしてしまうと、人間の体を守る働きも低下をすることになります。

すると今まで元気だった人も、体力がなくなりますし、風も引きやすくなります。

そんなアミノ酸ですが、その数値化したものがあります。ネーミングはアミノ酸スコアであり、そのスコアで調べてみると、卵の数値は、なんと誇らしいことに100という数字が出ています。

これは、最高の数字ですので、栄養価の高さが数字からもわかります。

人間の体が健康であるために、必要な栄養素が、とても良いバランスで含まれている食品でもあります。カルシウムにリン、マグネシウムに亜鉛に鉄分という、たっぷりのミネラルも含みます。

ビタミンAにビタミンB群の栄養、それにビタミンEにビタミンD、葉酸などの豊富なビタミンの栄養も含有しています。

栄養をいろいろ考えると、何を食べていいか迷うことがありますが、野菜類とともに、普段から卵も食べたい食品です。

味噌という大豆食品のパワフルな力

卵を1日だけ漬けておくだけで、すごく美味しい1品にしてしまうのが味噌であり、その大豆食品のパワフルな力には圧巻です。そのままをメインにして食べるものではありませんが、調味料としては、日本では古い時代から、非常に好まれて愛されてきました。

和風味の極みでもありますし、これなくして和食は語ることはできません。大豆を発酵して仕上げる工程には、時間も手間もかけられていますが、その栄養価の高さと味わいには、日本人であれば納得の二重丸です。

大豆メインの食材をこれまでに愛するのは、世界でも日本がダントツのトップクラスでしょう。海外の人ももちろん、タンパク質を食事で食べています。でも海外の人の場合は、植物性のタンパク質ではなく、メインは動物性のタンパク質です。

海外では、実によく肉料理を食べていますが、それは彼らの昔からの食習慣です。

日本人よりも明らかに体格も良いですが、内臓器官をはじめとする臓器に関しても、海外の人は肉食にマッチしている体質があります。それに、日本では昔から発酵食品を好んで食べていましたし、大豆はとても身近なものでした。

日本の場合は、タンパク質は大豆の他にも、動物性のものでは魚をよく食べます。それは、小さな日本という国は海で囲まれているため、身近に新鮮な魚があるので入手が手軽だったこともあります。

安価な費用で、新鮮な魚が食べられる恵まれた日本では、食卓に昔からシンプルな魚料理が並んでいました。

だから動物性タンパク質のメインは魚であり、植物性のタンパク質は大豆食品が、日本人には馴染み深い食品ということです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:芽キャベツ

芽キャベツは、小型のキャベツのような形をした可愛らしい春野菜です。 まだ育っていない小さなキャベツではなく、実際には、キャベツの茎から生えてくる、わき芽のことを指しているので、この大きさで完成している …

栽培しやすいハーブの種類:パセリ

パセリはすでにおなじみの野菜です。 そしてハーブとしての利用も知られています。 それほどパセリは昔から滋養のある野菜と知られていたことになります。

ハーブのある生活をはじめよう!栽培や食用におすすめの種類

ハーブといってもその種類は非常に多く、園芸店に行けば多数の苗や種が販売されています。 それぞれ香りや効能、使用方法も異なりますので、目的に応じて適切なものを購入するようにしましょう。

肌にいいビタミンCは【ブロッコリー】で摂ろう!

肌にいいビタミンCをブロッコリーで摂りたいのは、数多く含まれる栄養の中でも、ビタミンCが突発して多く含まれるためです。 ビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養がある野菜であり、水溶性という特徴があ …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「小麦粉」

毎年、スギをはじめとした花粉が悲惨する時期になると、花粉症に悩まされている人は少なくありません。 毎日のニュースや天気予報でも、花粉の飛散情報をこの時期になると伝えています。 花粉症になってしまったら …

楽天モーションウィジェット