いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:プレイステーション

プレイステーション
プレイステーションは1994年に日本で発売されて以降、世界各国で発売されるようになりました。

据え置き型の家庭用ゲーム機としては、初めて販売台数が1億台を突破したという伝説のゲーム機なのです。

スポンサーリンク

プレイステーションの歴史を振り返る

プレイステーションが発売されていなければ、現在の家庭用ゲーム機の在り方は変わっていたかもしれないという程に、後のゲーム機に多大な影響を与えたゲーム機でした。

日本を代表する家庭用ゲーム機のひとつと言えます。

革新的だったプレイステーション

プレイステーションは、従来のゲーム機には無かった様々なデバイスや装置等を導入しました。

使用するソフトはCD-ROMで、コントローラーはグリップ型という、新しいゲーム機の在り方を提案したのです。

従来のソフトはカセット型のものが主流でしたが、CD-ROMを採用することで、大容量のゲームソフトを開発することが出来るようになったのです。

また、カセット型はアクセススピードが速く、CD-ROMはローディング時間を要するためアクセススピードが若干遅くなるという弱点がありましたが、プレイステーションは独自の技術でローディング時間の短縮を実現し、CD-ROMのアクセススピードの遅さを克服したのです。

このように革新的であるプレイステーションが発売されるまでには、数多くの壁を乗り越える必要がありました。

開発コードネーム:プレイステーションが立ち上げられてから発売に至るまで、開発者の人たち、そして社長の懸命な努力、熱い情熱が無ければ、プレイステーションは発売されていなかったかもしれません。

それ程までに前途多難な道のりを経て、無事発売となったのです。

1994年に日本で初めてプレイステーションが発売されたとき、各ソフトメーカーはソフトの開発に難色を示したと言われています。

しかし、プレイステーションが発売されたと同時期に発売された「リッジレーサー」が爆発的な人気を得て、プレイステーションの起爆剤となったのです。

その様子を注視していた各ソフトメーカーは、プレイステーションへのゲームソフト開発事業への参入を決定します。

その頃、主なライバル機種としてはセガサターンとニンテンドー64がありました。

ソニー・コンピュータエンターテインメント(現ソニー・インタラクティブエンターテインメント)は、その2機種に打ち勝つ必要があったのです。

その為にはゲームソフトをいかに充実させるか、という点が非常に重要でした。

当時のソフトメーカーが難色を示していた理由

各ゲームソフト開発メーカーが当初難色を示した理由としては、CD-ROMだからと言われています。

当時としては不慣れなソフトウェアだったという点と、ゲームの開発コストが高かったという点が挙げられます。

ですから、ゲームを開発しても売り上げが伸びなかったら、ゲームソフトの開発会社は大きな赤字を出してしまうことになるのです。

しかし、売れれば莫大な利益を得ることも出来るという、当時としてはハイリスク・ハイリターンの状態だった訳です。

そのような中、登場したのがリッジレーサーでした。

メガヒットしたリッジレーサー

先陣を切っての登場でしたが、リッジレーサーはメガヒットとなり、大成功を収めたのです。

その理由としては、CD-ROMの利点をリッジレーサーが最大限に利用したからです。

まず、CD-ROMは容量が飛躍的に大きくなりましたので、グラフィックとその処理速度が大幅に向上しました。

そして、3Dグラフィックの処理が滞ることなく出来たということで、リアリティのあるゲームに仕上げられたという点、さらには音質の向上が挙げられます。

そして、CD-ROMは従来のカセット型のゲームソフトより安価であったことから、急速に普及していったものと考えられます。

そのリッジレーサーの成功を他のゲームソフト開発メーカーが見て、プレイステーションへの参入を続々と決めていったのです。

人気ゲームシリーズの参入により人気が不動のものに

そして、プレイステーションを家庭用ゲーム機としてトップの座に押し上げるきっかけとなったのが、ファイナルファンタジーシリーズの参入でした。

これまでに不動の人気を博してきたロールプレイングゲームのファイナルファンタジーシリーズの参入により、多くのユーザーがプレイステーションに流れたのです。

相当な数のユーザーが流れたと言われています。

それがプレイステーションの転換期でした。

ファイナルファンタジーシリーズの参入により、さらに多くのゲームソフト開発メーカーが参入するようになり、また、既存の参入メーカーはシリーズ化することで売り上げを伸ばし、プレイステーションはシェアをさらに拡大していったのです。

そして決定打となったのが、ドラゴンクエストシリーズの参入でした。

これがプレイステーションを家庭用ゲーム機としての地位を不動のものとしたのです。

最後に

その後、プレイステーションはアップデートが行われ、現在では4代目となるPS4が発売されています。

プレイステーションなくして、現在の家庭用ゲーム機を語ることは出来ないと言っても過言ではないでしょう。

それだけ功績の大きかったゲーム機なのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-,

関連記事

東京テレコムセンター開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

東京テレコムセンターで行われる、大規模コスプレイベントでの撮影スポットとして、よく使われているベーシックなところといえば、屋内です。

D.I.Mのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、D.I.Mのドールについて紹介します。

知らないと後悔する!パズル系のスマホゲームアプリおすすめ3選

スマホゲームアプリの定番ともいえるのがパズル系のゲームではないでしょうか。 手軽に出来ていつでもどこでも楽しめるので、時間つぶしにももってこいです。 ここではスマホゲームアプリでオススメしたいものを三 …

津川洋行の鉄道模型の魅力と特色

「津川洋行」というメーカーをご存知でしょうか。 少し聞いただけでは、思い浮かべる事がもしかしたら難しいかも知れませんが、この会社は日本を誇る鉄道模型のメーカーなのです。

今プレイしても楽しめる!プレイステーション3の名作ゲームソフト3選

昨今、ゲーム業界が熱くなっています。 プレイステーション4にVRなど、次世代を担うゲーム機の誕生によりゲーマーたちは歓喜します。 何故なら、新たなゲームソフトが生まれるからです。 ゲーマーたちの願いは …

楽天モーションウィジェット