紙と鉛筆だけで始められる!ポエムの魅力と楽しむポイント

何か趣味を持ちたいけれど、費用がたくさんかかるものは避けたいと考えている人におすすめなのが、ポエムです。

スポンサーリンク

自分の思いを短文に綴るポエム作り

ポエムの良いところは、紙と筆記用具さえあれば、誰でも簡単に始められることです。

パソコンや携帯電話を持っている人ならば、紙や筆記用具すら用意しなくても作れるため、より費用が安くなります。

自分で作った作品をウェブサイトに公開することができるのも大きな魅力です。
サイトに訪れた人に自分の作品に対する感想を残してもらうこともできます。

自分の作品が評価されれば、また新しい作品を作り出そうという気持ちになれるので、作成したポエムをサイトに発表することは大きな意味があります。

では、具体的にどのようにポエムを作ればよいのかといえば、作り方はとても簡単です。
自分の感じたことを、そのまま短い文章にすればよいだけです。

外国語のポエムの場合には、韻を踏んで作らなければいけないという制約がありますが、日本語の場合には言葉の制約があるために、必ずしも韻を踏まなければいけないわけでもないという考えが一般的に広まっています。

日本の有名な詩人の中でも、そのような韻を踏んでいない作品を作って、高い評価を得ている人が何人もいます。

ですから初めてポエムを作る人は、韻を踏むことをあまり考えないほうが気楽な気持ちで作ることができるので、趣味としても最適です。

それでも韻を踏んで作ったポエムには独特の響きの美しさがあるので、そうしたことにこだわりたいたい人は、日本語でも韻を踏んだポエムを作ることもできます。

日本語の場合には最後の文字の母音が同じならば、韻を踏んでいるように聞こえます。

初めての人が趣味として楽しむためのポイント

ポエム作りの良いところは、どのようなことからも作品が作りだせることです。

自分が実際に目でみたことや、心で感じたことをそのまま、詩にすればよいので、いたって簡単です。

鼻で匂いをかいだときの体験や、舌で食べ物を味わったときの体験からも詩は作れます。

とにかく趣味として楽しむための大きなポイントは、積極的にポエム作りを楽しむという姿勢です。

ただ、自分の感じたことをそのまま詩にするのに満足できなくなった場合には、作品の質を高めることに力を入れることで、さらにポエム作りを奥深く楽しむことができます。

作品の質を向上させるためのポイントはいくつかありますが、その中でも特に大切なのは、読んでくれる人に自分の感じた感情が伝わるような文章を書くことです。

自分が喜んだり、楽しんだりした気持ちが、詩を読んでくれた人にもしっかりと伝われば、その詩は優れた作品だと言えます。

自分の感じたことを相手に共感してもらうために大切なことは、感じたことをそのまま文章にすることです。

意図的にポエムらしい体裁を整えることにばかり気をとられてしまった場合には、肝心の自分の感じたことを伝えるということがおろそかになってしまうことがあります。

ですからポエムを始めたばかりの人は、あまり文書の体裁を整えることを考えるよりも、とにかく自分の感情を素直に言葉にした方が、趣味として楽しめますし、より良い作品を作るための手段ともなります。

俳句や短歌のように日本語のポエムには決められた文字数はありませんが、各行の文字数を整えることでも作品が読みやすくなります。

さらに深く趣味として楽しむためには

ポエム作りに慣れてきた人がより作品作りを楽しむためには、技巧を研究するのも、一つの方法です。

そのために最も良い方法は、他人の作品を読むことです。

歴史にも名前を残しているような有名な詩人の作品には、真似できるような優れた技術がたくさん詰まっています。

日本にも優れた詩人が数多くいるため、そうした人たちの作品を読めば、日本語を使ったポエムの書き方もしっかりと学ぶことができます。

また、ポエムはもともと西洋で作られたものなので、西洋の有名な詩人が作った作品を読むことも、大きな意味があります。

日本語に訳された作品を読むことでも自身の作品作りの刺激にできますし、外国語のわかる人は原文をそのまま読むことで、よりありのままの作品の魅力を楽しむことができます。

外国語のできる人ならば、そうした作品を参考にして、自分でも外国語で詩を作ることも楽しむこともできます。

費用をあまりかけたくない人ならば、自宅の近所にある図書館で、そうした作品を読むという方法もあります。

また自分の作品の参考にするならば、有名な人の作品でなく、普通の人の作品を見ることにも大きな意味があります。

インターネットにはそのような趣味でポエムを作っている人の作品を掲載したサイトがいくつかあります。

詩だけを専門にしているようなサイトもあるため、そうしたサイトで作品を読めば、より自分の作品作りに役立ちます。

また、そのようなサイトで自分の作品を公開して、同じようにポエム作りを趣味としている人と、互いの作品について意見を交換しあえば、より作品作りを楽しむことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味

関連記事

お金がかからないコスパ良しの趣味:筋トレ

皆さんは今まで筋トレをしたことがありますか? 筋トレという言葉は聞いたことがあるが、したことはないという方は多くいらっしゃると思います。 皆さんの中にはもしかしたら筋トレと聞いて、辛いだけというイメー …

結構変わってるマニアックな趣味:ミシン

体が弱い人は外に働きに出るのも大変ですし、働きに出たとしても休日には体を休めるようにしなくてはなりませんので、外出をするのは難しくなるでしょう。 外出をしなければ趣味の時間を過ごすのは難しいと考えるか …

女性が思わず惚れる!カラオケが趣味だとモテる理由は?

カラオケが趣味だと男性は女性にモテる事は間違いありません。 その理由は4つあります。 今女性にモテなくて悩んでいる方は、この機会にカラオケでモテる男性を目指してみましょう。 きっと女性からの視線が変わ …

華道の魅力と習うメリット

華道とは、室町時代から続く日本伝統文化の一つ。 花や枝物を器に活けることで、その花達にもう一度命を吹き込む技術でもあります。

楽しみながら女子力アップができる趣味:茶道

茶道の流派はたくさんありますが、共通しているのは、お茶を点ててお客様に出す作法を学ぶことです。 お茶のたて方には、道具の持ち方、運び方、畳の上での歩き方、点てる順序など、たくさんのスキルがあります。 …

楽天モーションウィジェット