公務員になるための試験:警察官

警察官
警察官といえば、国と社会を成り立たせるためには不可欠な存在です。
世のため人のために働き、秩序を正すのが仕事です。

警察官はやりがいが大きく、社会貢献したい人にはぴったりです。
ただし、警察官になるためには、警察官試験に合格する必要があります。

スポンサーリンク

不安定な今の時代だからこそ安定の公務員に

採用試験を受けるためには、高校以上の学歴が必要になります。

警察官の採用は警察庁、都道府県警察、皇宮警察の3つがあって、警察庁と皇宮警察は国家公務員となり、いわゆるエリートのことです。
よく刑事ドラマで警察庁が出てくることはありますね。

圧倒的に多い採用は都道府県警察で、都道府県によってなるまでの道のりが若干異なります。

東京都の場合は、大学・短期大学・専門学校のいずれかに入学して、そこから3つに分かれます。
・Ⅰ類(21歳以上30歳未満で大学程度の学力が必要)
・Ⅱ類(19歳以上30歳未満で短大卒程度の学力が必要)
・Ⅲ類(17歳以上30歳未満で高卒程度の学力が必要)

Ⅲ類の場合は高卒程度の学力でいいので、高校から一気に進む方法もあります。

そして試験を受けるわけですが、さらに体重・身長・視力などの身体検査があるので、これに引っかかると試験ができても落ちてしまう可能性があります。
勉強だけではなく体力作りも必要ということですね。

警察官試験を受けるためには、高卒以上の学歴が求められるので、高校を卒業していない人は注意しましょう。

資格を取るための勉強は学校選びが大切?

警察官試験は高卒程度の学力があれば受けられますが、高校から大学、短期大学、専門学校に通って知識と技術を身につけておきたいならば、学校選びが重要です。

ちなみに、警察庁の場合は国家公務員なので、まず国家公務員試験をクリアする必要があります。

都道府県警察の方は地方公務員なので、各都道府県が実施している公務員試験をパスする必要があります。

出身者の学科は幅広く、政治、経済、外国語、工学、体育など様々です。

人気があるのは公務員や法律系専門学校で、警察官試験の対策ができることと、体力を強化するトレーニングが受けられるコースを備えている学校があるのがメリットです。

どんな警察官を目指すかによって学校を選ぶといいでしょう。

例えば、警察官と消防官のコースがある専門学校では、教養学、法学、政治学、総合政策学、経済学、社会学、国際関係学、スポーツ学などを学べるようになっています。

これらの勉強をしておくことで、国家公務員や地方公務員、警察官といった職業を目指すことができます。

公務員の資格を取っておくメリットは、手堅く人生を送れるということです。
資格を持っていないと安定した給料が保証されないこともあり、収入面や福利厚生など安定した仕事環境を手に入れやすいです。

もちろん警察官は危険も伴う仕事ですから、安定しているといっても人生ではいろいろなことが起こる可能性はあります。

しかし、収入面で言えば安定した人生が約束されるでしょう。
警察庁や皇宮警察など上級の仕事に就ければ、かなりハイレベルな仕事と言えます。

どんなところで働くことになるのか

警察官の仕事は、何と言っても人々の安全を守ることです。
困っている人に手を差し伸べ、弱い人の立場に立って力になることが仕事です。

それに対してやりがいを感じられる人が適任です。

テレビドラマのように、毎日華々しいシーンがあるわけではなく、中には地味な仕事もあります。
注意喚起したり、パトロールをしたり、落し物を持ち主に返却したり、迷子を保護したり、といった仕事もあります。

交番にいれば地域の人とコミュニケーションを取る機会も多く、挨拶なども率先して行います。
また、学校で交通安全教室を開くなど、子供に触れ合うことも多いです。

警察官が働く場所は、都道府県採用の場合は、基本的にその都道府県に勤務します。
ただし、空港の警備や災害時派遣、警視庁へ一時出向など例外が生じることもあります。

警察庁所属の場合は、各都道府県の署長として勤務することもあります。
外務省などの省庁に出向することもあります。
警察署や被災地、事故現場での仕事がメインです。

警察官の年収は平成27年度の給与調査をもとにすると、だいたい703万円ほどと言われています。
ただし、警察官の給与は9つの区分に等級が分かれているので、全員同じではありません。

大卒と高卒という学歴の差によっても給与が変わります。
より手堅く給与をもらいたいのであれば、大卒レベルを目指したいところです。

警察官に求められる素質は、正義感に加えて冷静さやコミュニケーション能力などです。
忍耐強さや一般常識も必要です。
いろいろな素質が求められる仕事ではありますが、それだけにやりがいが大きい仕事です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公務員

関連記事

将来的に独立ができる国家資格「宅地建物取引士」

宅地建物取引士は、不動産取引業務における専門家であり、不動産業務を行う事業所においては、5人に1人以上の割合で、この資格者を置くことが宅地建物取引業法において義務付けられています。

主婦にオススメの資格「カラーコーディネーター」

何か、簡単に取れる資格を探している主婦は多いのではないでしょうか。 しかし、いくら簡単でも何の意味もない資格を取得しても仕方ありません。せっかく取得するなら、仕事や日生活に活かせるものが良いでしょう。 …

就職・転職にハローワークを活用しよう

ハローワークは、多くの失業者が通うところとしても知られていますが、近年は就職活動中の学生が、足繁く通う場合もあるなど、失業者だけでなく、学生や転職希望のサラリーマンなども来ており、いかにハローワークを …

仕事に役立つ英語の資格:TOEIC

仕事をする上で英語を扱えることはメリットになります。 それだけでグローバルに働くことが可能となり、海外にまで視野を広げられるようになり、市場拡大に繋がる可能性が高くなるでしょう。 それによって個人とし …

主婦にオススメの資格「ファイナンシャルプランナー」

『何か自分に合う資格はないだろうか?』、『忙しい自分でも取得することができる資格があるのか?』と考えている主婦にオススメの資格があります。 それは『ファイナンシャルプランナー』というもので、お金に関係 …

楽天モーションウィジェット