見るだけでムズムズしちゃう? 花粉マスコットストラップ


コップのフチ子、おさんぽカエル、土下座ストラップシリーズなど、まさしく鬼才・奇譚なグッズをリリースする奇譚クラブ。

キャラクターグッズや有名人のホビーグッズを出す一方で、一風変わったアイテムをリリースしており、一度目につくと気になること間違いなし。

今回はそんな奇譚クラブのカプセルトイ、手のひらサイエンスシリーズの花粉マスコットストラップを紹介します。

スポンサーリンク

ひときわ異彩を放つ花粉マスコットストラップ

奇譚クラブのカプセルトイはちょっと変わったおもしろいアイテムが多いですが、花粉マスコットストラップはひときわ異彩を放ちます。

なんと、花粉の拡大リアルマスコットストラップというもの。

商品のコンセプトを見ると、「今まで多くの人を悩ませてきた「花粉」を電子顕微鏡で見たときの形をモデルに立体化しました!」との一文が。

この文章だけでもかなり異端ですね。奇譚クラブおそるべし。

さらに「プルプル触感」のマスコットということで、これを実際に触るとプルプルとした感触がある、と。

いやいや、そこにそんなリアル感っていります?と思わず担当の方・企画の方に問いつめたい。

「本来、花粉は可視光線の届かない程の極小な物質ではあるもの、今回約2000倍以上に拡大!」という、ムダな本格っぷり。

最後の締めくくりに「憎き花粉を、手のひらで観察して楽しむことができます!」とのこと。

もはやこのセンスに脱帽です。

花粉マスコットストラップのラインナップ

ヒノキ
オレンジ色のポップなカラーと裏腹に、一見グロテスクなルックスをなんとも風変わりなインテリアに留めているのは見事な手腕です。
この技術のムダ使いとも言えるべきセンスに脱帽。

イネ
グレープフルーツのような風貌に、カラーは梨の実の中のような淡い黄色とワンポイントのオレンジで意外とキュート。
「イネって花粉あるの?」とお思いの方、一応イネも花は咲きます。
ちなみに、花粉症の時期は5〜7月とお米のイネが花を咲かせるよりも早い時期。
これはイネ科の植物が花粉症の原因となっているため。
この場合、スギ花粉などで見られる鼻水や涙という症状ではなく、空咳が激しくなるという症状が一般的です。
筆者も毎年これにかかって苦しんでます。
この時点で、商品に関してのレビューなのか、花粉症の豆知識コーナーなのか分からなくなってきましたね。

マツ
ふたつに分かれた実のような部分と、それをすっぽり覆う殻のような部分の三部構成のシェイプ、明るいグリーンのカラーリング。
意外とキュートな風貌です。
ただ、カプセルトイなのでシリーズの全貌が分かるように、どのカプセルにもラインナップのカタログが付いてるんですが、そこには全6種の商品画像と、実物の花粉の画像が掲載されています。
ここで現実に引き戻される方も多いはず。

ヨモギ
青紫色の透き通るようなカラーリングに、3つに分かれた米粒のような集合体の造形。
ここまでくると、もう愛らしくみえてくるから不思議。
当然ですが、ヨモギにも花粉ってあるんですね。
葉っぱの裏から胞子が出るのは知っていましたが、ヨモギも花粉症のもとになるなんてビックリ。

ブタクサ
ショッキングピンクに少しパープルをまぜた、果物のドリアンのようなトゲトゲの球体のルックス。
これ、ひょっとしたら可愛いかも、と思えたあなた、そろそろ奇譚クラブの罠にはまってます。
実際、このあたりになると筆者も持ってみたいなと思い始めました。
こちらの感覚を麻痺させてくるなんて、まさに花粉のように浸食してきますね。

スギ
さあ、大本命のスギです。
現在は花粉シーズンですが、これに毎年苦しめられている方は非常に多いのではないでしょうか。
ブタクサとともに春に猛威をふるう花粉で、人によっては秋口に苦しめられる方も。
なのに何ですか、このポップでかわいいカラー&ルックスなのは。
メロンのような球体、明るいライトグリーンが妙に気になります。

最後に

花粉の実物の拡大写真と比較してヘコむのもよし、お友達や同僚の方に「何これ?」と聞かれるのもよし、ぜひバッグにおひとつ、忍びこませてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

今プレイしても楽しめる!ニンテンドウ64の名作ゲームソフト3選

1996年に発売されたNINTENDO64は、それまでのスーパーファミコンなどと比べれば大成功を収めたというハードではありませんが、それでも数多くの名作を世に送り出しました。

BEYOURS DOLLのドールの魅力!お迎え方法は?

中国のドールメーカー、BEYOURS DOLLのドールについて紹介します。

トレーディングカードゲーム「デジタルモンスターカードゲーム」の魅力とは?

デジモンことデジタルモンスターは1996年から携帯ゲームとして販売されて人気を得たゲームですが、1999年からアニメが放映されました。 それにともなってトレーディングカードが生み出されて現在まで至りま …

当たった人は幸せになれる?海外の食玩文化

食玩というと、子供の頃に買ってもらったおまけ付きのキャラメルやガムを思い出しますね。 食玩は食品におまけとしておもちゃを付け添えた物の総称で、お菓子業界では玩菓とも呼ばれています。 食べられるおもちゃ …

デジタルTCG「ランブルバースト」の魅力とは?

ランブルバーストはブラウザ型のトレーディングカードゲームですが、使い切りコストの縛りがあり、プレイヤーの腕が試される良質なゲームになっています。 無課金でもランキング上位に食い込むことが出来、最高レア …

楽天モーションウィジェット