大人も子供も楽しめるプール!神奈川県中郡「大磯ロングビーチ」

大磯ロングビーチは、相模湾が一望できるシーサイドリゾートプールです。神奈川県中郡大磯町にある、大磯プリンスホテルに併設されています。

スポンサーリンク

神奈川県中郡にある大磯ロングビーチ

大磯ロングビーチは、1957年(昭和32年)にオープンしました。営業期間は7月上旬から9月中旬にかけてとなっており、流れるプールやウォータースライダーなど様々な種類のプールが豊富に揃っています。

大磯ロングビーチまでの交通アクセスは、JR東海道本線の大磯駅からタクシーを利用すると、7分ほどで訪れることができます。同じくJR東海道本線の二宮駅からは、タクシーで5分ほどとなっています。

例年、夏季には大磯駅からの直行便も運行されています。また、車で訪れる場合には、東名高速厚木I.C.を経由して、小田原厚木道路大磯I.C.から2㎞のところにあります。

西湖バイパス大磯西I.C.からは、およそ1分のところにあります。 大磯ロングビーチは、大磯プリンスホテルに併設されているので、旅行や観光などで宿泊する際にも便利に利用できます。

2017年の4月に、大磯プリンスホテルはリニューアルオープンしました。温泉やスパ施設が新設されており、湘南の海と一体化したロケーションが魅力です。

大磯プリンスホテルに宿泊した場合には、割安な価格で大磯ロングビーチに入場することができます。幼児料金も無料になるため、お得にレジャーを楽しむことができます。

それから大磯プリンスホテルの宿泊者は、オープン時間の5分前に入場できるという特典もついています。また、大磯プリンスホテルから、直接大磯ロングビーチへ入場することも可能です。

大磯ロングビーチは個性豊かなプールが豊富

神奈川県中郡にある大磯ロングビーチには、個性的なプールが豊富に揃っています。まず、本格的な波が次々に押し寄せる「波のプール」があります。大人も子どもも、渚気分を満喫できます。

水深は、0mから1.4mとなっているので、小さい子どもでも浅いゾーンで遊ばせることができるようになっています。

次に、「こどもプール」や「競泳プール」があります。「こどもプール」は、直径20mの円形プールで、水深は30cmです。「競泳プール」は水深が1.2mあり、「ちびっこ水泳大会」が開催されます。

それから、「ダイビングプール」や「流れるプール」もあります。

「ダイビングプール」には、4つの高さの飛び込み台があり、1m、3m、5m、10mに分かれています。スリル感がたっぷりで、他のレジャー施設では味わえない感覚を満喫することができます。

「流れるプール」は、大磯ロングビーチの中心にあって、ゴムボートに乗ってゆらゆら浮かんだり、流れに身をまかせて流れるなど自由な楽しみ方ができます。

1周は、500mほどとなっています。 そして、ウォーターレジャーの醍醐味ともいえる「ウォータースライダー」や、「キッズウォーターパラダイス」があります。

「ウォータースライダー」は、全長が140mあり、専用チューブに乗って猛スピードで滑り降ります。そのスピード感は、一度体験したらやみつきになってしまいます。

「キッズウォーターパラダイス」は、小さい子ども向けのウォータースライダーです。緩やかな傾斜の滑り台に、「びっくりバケツ」と「ウォーターシューター」という遊具が盛り込まれています。

イベントやショッピング、グルメも楽しめる

大磯ロングビーチには「ジャグジー」もあるので、ゆったりした気持ちでのんびり過ごすこともできます。「ジャグジー」では、海岸沿いならではの潮の香や、海風を感じることができるようになっています。

また、大磯ロングビーチには、レストランやスナックコーナー、ショップなどもあります。レストランとスナックコーナーでは、ラーメンやピザ、クレープ、焼きそば、うどん、サンドイッチなどのグルメを楽しむことができます。

ショップで、レジャー用品やお土産などを買うこともでき、ショッピングも楽しめます。それから大磯ロングビーチでは、浮き輪やゴムボートなどのプールを楽しむための、レジャー用品のレンタルも行っています。

大磯ロングビーチでは、イベントなども開催されています。7月には、幼児料金が無料になる「キッズフリー」というキャンペーンが実施されています。小さいお子さんがいるご家庭には嬉しいキャンペーンです。

また、テントやパラソル全席無料になる「HAPPY WEEK」といった、キャンペーンもあります。 それから「プリンスキッズクラブ」という、子ども向けの会員サービスもあります。

「プリンスキッズクラブ」は、体験プログラムやお得な特典を通して楽しんでもらい、家族の思い出を素敵なものにすることをコンセプトにした会員サービスです。

「プリンスキッズクラブ」では、夏のウォーターレジャーだけではなく、スキー場での「キッズ体験プログラム」や、お誕生日やお祝い事の際にレストランの「キッズアニバーサリープレゼント」などがあります。

また、宿泊の際に、オリジナルアメニティーセットのプレゼントなどもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

女子旅の必需品!持っていくべき持ち物リスト

女子は旅行する時も男性より必要なものが多いです。 前もって持ち物リストを作りましょう。

ニューアーク(アメリカ・ニュージャージー州)のおすすめ観光スポット

アメリカ・ニュージャージー州にあるニューアークには、数多くの観光スポットがあります。 プルデンシャルセンターやブランチブルックパーク、博物館や公共図書館などがおすすめです。

カップル旅行で行きたい中部地方のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 中部地方に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

知識が広がる!家具の博物館の魅力とは?

家具は工芸品です。製作した人の工夫や思いが詰まった芸術品でありながら、生活の中で日々使用する実用品でもあります。 そんな家具をまとめてじっくり見ることのできる博物館が東京都の昭島市にあります。

京都府のおすすめ温泉地3選

京都府といえば、平安時代から明治維新まで、平安京が日本の首都であったことで知られており、市内中心部の古都の街並みが有名です。 このため京都と聞くと、多くの方は京都市内にあるお寺や神社、歴史的な建造物な …

楽天モーションウィジェット