大人も子供も楽しめるプール!東京都立川市「レインボープール」

東京都立川市の「レインボープール」は、国営昭和記念公園の広大な敷地内にある首都圏最大級のプールです。総面積は63,000㎡で、9種類のさまざまなプールが揃っています。

温水シャワー、脱水機が完備されているほか、更衣室内にヘアドライヤー、ロッカー棟前に浮き輪の空気入れのためのエアーコンプレッサーが設置されていて、すべて無料で利用することができます。

スポンサーリンク

赤ちゃんや障害者の方でも楽しめる、レインボープール

エリア内の昭島管理棟には、無料で利用できる赤ちゃん休憩室があり、粉ミルクの販売もあります。ベビーカーでのプールエリア内の入場も可能なので、小さな子供連れの家族でも、みんな一緒に入場することができます。

パラソルやテント、タープなどは持ち込めません。おおむね2m四方の小型のサンシェードや、キャンピングチェアーのような、小型の折りたたみ式のイスであれば持ち込みが可能で、混雑時や強風時を除いて使用することができます。

「レインボープール」には、障害をお持ちの方でも一緒に楽しめるバリアフリー設備が整っています。プールロッカー棟には、それぞれ男女別の障害者用更衣室があります。

トイレとシャワーは男子用、女子用ともに併設された一室になっています。昭島口管理棟のトイレとシャワーは、男子用、女子用ともに別室です。

管理棟の入口は2階ですが、トイレとシャワー室は1階にあるので、エレベーターを利用しましょう。プールによってはスロープを伝って入れるものや、スロープの中心に手すりが設置されているものなど、障害をお持ちの方でも楽しめるものもあります。

スロープの近くまでは車椅子で行けるので、ご自分の体力や体調に合わせて楽しみましょう。

スライダーや大波、大滝でアドベンチャー気分が味わえます

東京都立川市にある「レインボープール」の9つのプールは、どれもそれぞれ魅力あるものが揃っています。 その中でも人気が高いのが、ウォータースライダーです。

黄色は27m、赤色は53m、緑色は77m、青は98mと4色のレーンがあり、スピードに乗って滑り落ちる楽しさが魅力です。専用の浮き輪を使って滑るレーンもあります。

無料で好きなだけ、何度でも乗ることができるので、スライダー好きには嬉しい点でしょう。4歳以上から利用可能ですが、小学生未満は保護者の監視が必要です。また、120㎝以下の方は、黄色レーンのみの利用になっています。

全長180mの広い渚に、30~40㎝の波が打ち寄せる大波プールも人気です。最大水深は120㎝ですが波打ち際は浅いので、浅瀬の波で海岸のビーチ気分を満喫するのも良いでしょう。

ゆっくりのんびり泳ぎたい、浮き具に乗って水の上をゆらゆらと揺れながら過ごしたいという方には、水深110㎝、1周360mの流水プールがおすすめです。泳ぎ疲れたら、休憩がてら中の島で日光浴をするのはいかがですか。

目をつぶって夏の陽射しを浴びれば、本当の海岸にいるような気分になれることでしょう。

アドベンチャーの気分を味わいたい方は、大小5つの滝がある大滝プールがおすすめです。滝の高さは最大で5mのものもあり、滝に打たれているだけで気分爽快になれます。

そこから、渓流が続くイメージで作られた渓流プールには、小さな沢すべりが設置されています。水深も30㎝と低いので、小さな子供でも安心ですが、安全のために保護者の方は目を離さないように気をつけましょう。

小さな子供でも遊べるプールもたくさんあります

少し大きな子供向けには、水深60㎝の冒険プールがあります。子供心をくすぐるすべり台や噴水が設置されていて、色々な遊び方ができるエキサイティングなプールです。

もう少し深いところで泳ぎたい子供には、幸運を呼ぶといわれる四つ葉のクローバーの形をした、水深1mのクローバープールがおすすめです。

深いところはまだ難しいという小さな子供には、水深10~15㎝の幼児プールがあります。ナマズやムツゴロウなどの、魚の噴水があるアミューズメントプールです。

また、水深25㎝になりますが、モニュメントプールもおすすめです。水ぐるまがカラカラとまわり、噴水のしぶきを浴びながら心地よく水遊びをすることができます。

「レインボープール」は、国営昭和記念公園内にあるため、プールと一緒に公園内を利用することができます。

園内には総延長14㎞のサイクリング、51,000㎡の池で乗るボート遊びのほか、ディスクゴルフやバーベキューガーデンでバーベキューをするのも楽しいでしょう。

プールへの再入場は、当日であれば何回でもフリーなので、プールだけでなく公園もたっぷり満喫しましょう。

東京都立川市の「レインボープール」へのアクセスは、公園内の立川口と砂川口から無料送迎バスを利用するのが便利です。立川口はJR中央線の立川駅から徒歩約15分、または多摩都市モノレールの立川北駅から徒歩約13分です。

砂川口は、西武拝島線の武蔵砂川駅から徒歩約20分です。車で行く場合は、勇往自動車道の国立府中ICから約8㎞、ICを降りて国道20号線を立川方面へ進み、日野橋交差点を右折した場所になります。

大人も子供もみんなが楽しめる「レインボープール」へ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, , ,

関連記事

知識が広がる!地下鉄博物館の魅力とは?

東京都内で東西線葛西駅すぐという場所にある地下鉄博物館は、アクセスのしやすさから多くの人達で賑わっています。

アメリカ・メイン州のおすすめ観光スポット

アメリカのメイン州を観光するなら、アーカディア国立公園がおすすめです。

手ぶらでOK!しあわせの村キャンプ場で楽しもう

しあわせの村キャンプ場は、神戸市北区にある「しあわせの村」の中にあります。

地元民おすすめ!徳島県旅行の穴場スポット3選

普段自分が生活している場所を離れて旅行に行くと、何か新しい発見ができるという魅力を味わうことができます。 そういった旅行の魅力をより大きくするためには、定番ではない穴場スポットに行くというのも良いでし …

花見をするならここがオススメ!岡崎公園のみどころ

写真提供:岡崎市 岡崎公園は、大正時代に旧岡崎藩主本多忠敬が、10ヘクタールにも及ぶ、広大な岡崎城址跡地を公園用地として、岡崎市に寄付した事により、公園の父と呼ばれた本多静六と田村剛により、設計されて …

楽天モーションウィジェット