大人も子供も楽しめるプール!東京都練馬区「としまえん」

小さなお子さんや、家族皆で東京都練馬区にある「としまえん」のプールへ出かける時には、有料席を利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

ゆっくり休める有料席を有効に活用してみよう

有料席は、波のプール、ハイドロポリスの2箇所に用意されています。ハイドロポリスのプールサイドにある有料席は、1棟で6名まで利用することができるシートが、10棟用意されています。

1棟につき、1人用のデッキチェアが2台、4人がけのテーブルチェアがセットになっています。

としまえんの波のプールのほうにある有料席は、1棟で8人までOKのプレミアムシートが2棟、1棟で6名まで利用できるスペシャルシートが26棟、1棟で6名まで利用できるプールサイドシートが33棟、1棟で6名までOKのファミリーシートが49棟、1棟で6名まで利用できるこどもプールシートが9棟、1棟で2名までのペアシートが31棟、1席1名で利用するシングルシートが20席となっています。

波のプールの有料席については、電子チケットで事前購入することができますし、としまえんのプール場内にある、有料席入口で当日受付をすることも可能となっています。

ただ週末などは混雑することが多いので、できれば事前購入しておいたほうが、ゆっくりと行動できますので安心です。

ただハイドロポリス有料席については、全て利用当日受付しかしていないので、早めにとしまえんへ出かけて、有料席の確保をするようにしたほうが良いでしょう。

利用受付は、ハイドロポリスのチケット&インフォメーションでできるようになっています。有料席は、平日のほうが安く利用することができますから、もし可能なら平日に出かけたほうが良いです。

としまえんのプールのナンバー1といえばハイドロポリス

東京都練馬区にあるとしまえんにおける、人気ナンバー1といえば「ハイドロポリス」です。「ハイドロポリス」は、いろんな種類のウォータースライダーがそろっています。

「BODYRIDE MOUNTAIN Aタワー」や、「INNERTUBE HILL Bタワー」、そして「THRILL SLIDE TOWER Cタワー」があります。

3つあるタワーの中で、最もデッキの長さが長いのがCタワーで、しかもスリルがあってスピードの出るスライダーなので、どちらかといえば上級者向けだといえます。

Cタワーには、スピード・スライダー、アクアチューブスライダーの、スラロームタイプの細めと太め、トリプルアクアツイストという4種類のスライダーがあります。

Aタワーはその名の通り、体で滑るタイプのスライダーで、ジャイアントスライダーのトンネルタイプとオープンタイプ、アクアチューブスライダーのスピードタイプと太いスラロープタイプが用意されています。

Bタワーには、リバーランスライダーがあり、こちらは専用の有料浮き輪であるインナーチューブに乗って滑ります。インナーチューブには、シングルとダブルがあり、ダブルを利用することで2人一緒に滑ることもできますから、カップルやお友達同士で滑りたい時にはおすすめです。

ハイドロポリスは、身長110cm以下のお子様は利用することができません。またインナーチューブを利用する場合は、1日中利用できるリストチケットを購入しておく必要があります。

1日分の料金となってますから、1度購入すれば、何度でも乗ることができるので便利です。

めがねやコンタクトレンズに関しては、必ずはずしてから利用するようにしましょう。

キッズとファミリー向けのふわふわウォーターランド

東京都練馬区にあるとしまえんのプールを、ファミリーで利用するのであれば「ふわふわウォーターランド」が人気です。

こちらは、有料のアトラクションエリアですが、もともと競泳用のプールに浮島のアスレチックが登場しています。110cm以下のお子さんでも、保護者が一緒にいれば入ることができるプールもありますし、お子さんが自分で漕いで乗ることができる、手漕ぎボートもあります。

トランポリンや滑り台などもあるので、まるで公園で遊んでいる感覚でプールで遊ぶことができます。

メインプールにあるビッグアイランドには、滑り台やアスレチックがいくつかありますが、こちらは深さがあるため、身長が110cm以上で、25m以上自分で泳げることが利用条件となっています。

それはちょっと難しいかなというお子さんは、キッズアイランドで遊ぶことができます。浮いているマットの上を歩きながら1周できるかというチャレンジをすることができます。

プールの中にはスタッフが常にいて、プールに落ちてしまった時に、マットの上にのぼれないお子さんがいた時には、サポートしてくれますので安心です。

手漕ぎボートは、パドルボートと呼ばれており、5台しかありません。浅めのプールに浮いているボートで、手漕ぎといっても、ボートについているハンドルを自分でまわすことで、動かすことができます。

空気で膨らませた柔らかいドルフィンスライダーは、高さは低めですが、スピードがわりと出るので子供達に人気です。

そして、大小あるお菓子トランポリンと、パトカーの柄が描かれているポリストランポリンがあります。

こちらは、プールの中にあるわけではありませんが、水の中から出て体が冷えすぎないように、合間に遊ぶのにはぴったりです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

「沖縄ダイビングサービス Banana Reef」でマリンスポーツを楽しむ!

「沖縄ダイビングサービス Banana Reef」は、スキューバダイビングやシュノーケリングといった、マリンスポーツが楽しめるダイビングショップです。 コンセプトは、『のんびり、ゆっくり、丁寧に』なの …

水と緑がテーマの遊園地!としまえんのおもしろさ

としまえんは、池袋駅から約15分、新宿駅からは約20分の距離にあり、最寄り駅の豊島園駅からは徒歩1分から2分程度で到着します。 所在地は練馬区で、東京都内はもちろん首都圏全体で見ても有数の規模と一日中 …

台北(台湾)のおすすめ観光スポット

台北市内には数多くの観光スポットがあります。

地元民おすすめ!福島県旅行の穴場スポット3選

福島県には地元民おすすめの旅行の穴場があります。 初めて福島県を旅行する観光客は滅多に行くことのない穴場スポットを知ることで、二回目以降の福島県の旅行が楽しくなります。 地元民がおすすめの穴場スポット …

中国旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行の観光といえば外せないのが世界遺産ですが、中国にはかなり多くの世界遺産が存在しています。 あまり親しみのないイメージの人も多いかもしれませんが、料理も美味しいですしスポットもたくさんです。

楽天モーションウィジェット