ダイエット中でも食べてOKな豚肉の効果:疲労回復

ダイエットを行うときには、食べ物には気をつける必要があります。

特に、肉類は御法度と思っている人も多いと思いますが、ダイエット時には豚肉はおすすめです。

スポンサーリンク

意外と知られていない豚肉のダイエット効果

・カルニチン

豚肉にはカルニチンという成分が含まれています。

このカルニチンは脂肪を燃焼するミトコンドリアに脂肪を運ぶ働きをするため、豚肉を食べると痩せやすい体質になると考えられています。

ただ、一言で肉といっても、部位によってはカロリーに差がありますから、カロリーが低めの部位を選ぶとさらに効果的といえます。

カロリーが高くて敬遠されがちな肉類ですが、20歳をピークとしてカルニチンはどんどん減少していきますから、食事から補うことが大切です。

カルニチンは他の肉類にも含まれていますが、特に豚肉に多く、鶏肉の7倍のカルニチンが含まれています。

そのため、ダイエットを行う場合にはおすすめの食材といえます。

・ロイシン

また、ロイシンというアミノ酸が含まれています。

ロイシンは筋肉を作るために必要な成分で、筋肉を増やすことで基礎代謝をアップさせて、痩せやすい体を作ることができます。

運動をしてもなかなか痩せないという場合には、ロイシンが含まれている豚肉を食べることで、効果的に痩せていく可能性があります。

・ポークペプチド

また、豚肉にはポークペプチドも含まれています。

ポークペプチドは、豚肉のタンパク質が酵素で分解されてできる成分で、肝臓に働きかけて中性脂肪やコレステロールなどを下げてくれる作用があります。

あまり耳なじみのない成分ですが、これがダイエットに効果的といわれる理由となっています。

ダイエットだけではなく疲労回復効果も

脂肪分が多いイメージがある豚肉ですが、体の健康には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの健康に生活をするために必要な栄養素が含まれ、疲れを感じやすい人やダイエット中の人などに特におすすめです。

タンパク質は、皮膚や筋肉、臓器、爪、毛髪などのあらゆる器官を作るために、重要な栄養素です。

豚肉に含まれているタンパク質にはアミノ酸が豊富に含まれ、体の中では生成することができない必須アミノ酸もバランスよく摂取することができます。

脂質というと、ダイエットには制限したい成分ですが、健康維持や脳の情報を伝達するためには必要な栄養素です。

そのため、適量に摂取することが大切です。

豚肉に含まれているビタミン類やミネラルは、免疫機能や神経、代謝、骨、筋肉などあらゆる器官を正常に動かすためには必要な栄養素で、100g程度食べるだけで、一食分に必要な摂取量を補うことができます。

ビタミンやミネラルが不足してしまうと、皮膚の炎症や口内炎、集中力の低下、食欲不振、疲労感、貧血などのさまざまな症状が現れてしまいますから、毎日の食事からバランスよく摂取することが大切です。

豊富な栄養素を摂取することで、健康維持や疲労回復などさまざまな効果・効能を期待することができます。

良質なタンパク質は、臓器や血液、筋肉等を作る源です。

そのため、特に成長期の子供にはしっかりと摂取してほしい栄養素といえます。

アミノ酸は、肝臓の働きを促進し、アルコールの代謝促進効果もありますから、健康維持には大変必要な栄養素です。

健康維持や疲労回復効果が期待できる

豚肉に含まれているタンパク質やアミノ酸は、免疫力を高めて老化を防止する効果が期待できます。

またそれだけではなく、糖質の代謝を促進して、体にたまった疲労を取り除くビタミンB1も豊富に含まれていますから、体にたまった疲労を取り除き、肌荒れも解消させることができます。

必須アミノ酸であるロイシンは、筋肉を強化して、筋肉の分解を抑制し、修復する働きがあります。

このため、ダイエットをしている人にはおすすめの栄養素で、摂取することで太りにくい体質へと変えて行くことができます。

また、豚肉の赤みに含まれているトリプトファンは、必須アミノ酸の一種で、精神安定には必要なセロトニンを増やす働きがあります。

そのため、鬱病の予防効果があるといわれています。

また、アラキドン酸は、学習能力や記憶力を高める働きがあるため、脳の老化防止や認知症予防にも役立つといわれています。

体に必要な栄養素を豊富に含んでいる豚肉ですが、バランスよく食べることが大切です。

どんなに体によい食べ物でも、食べ過ぎはよくありませんから、注意しましょう。

豚肉だけでも栄養素は豊富ですが、にんにくや玉ねぎと食べ合わせることで、疲労回復や新陳代謝を促進し、しめじやわかめと食べ合わせることで、コレステロールの低下や高血圧予防が期待できます。

ブロッコリーは、美肌効果があり、さつまいもやカボチャと食べ合わせると、老化防止や美肌効果が期待できます。

豚肉の脂肪分が気になる場合には、わかめやしめじ、こんにゃくなどを一緒に食べることで、コレステロールを取り除いてくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「カリウム」

日本人にとっては昔からよく飲まれているお味噌汁、おふくろの味としての代表格であり、多くの方に好まれるお料理です。 では、その定番料理にはどのような効果があるのでしょうか?

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「シンプルに炒める」

冷え性や、体が冷えやすい現代人に人気なのが「ホットサラダ」です。 生野菜のサラダに比べて体を冷やすことがなく、食材や調味料・ドレッシングなどによりアレンジが無限大で、組み合わせによってはおしゃれなカフ …

醤油で菌活しよう!

菌活とは、発酵食品を接触的に食べて、身体の内側からキレイになろうという活動のことです。 醤油も発酵食品の一つです。

肌にいいベータカロテンは【鶏レバー】で摂ろう!

鶏レバーは、低カロリーで腹持ちもよく、栄養価も高くダイエットに適した食品です。 ビタミンAやビタミンB12の栄養価が高く、100グラムで125キロカロリー、低脂質でたんぱく質含有量は、他の肉と変わらな …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「トマト」

1日漬けるだけで、簡単に出来上がるのが、味噌に漬けると美味しいトマトです。最初は驚く人もいるでしょうが、そのまま1個を丸々使うと、見た目のボリュームもあります。 それに、意外と見た目は、おしゃれ仕上が …

楽天モーションウィジェット