豚肉ダイエットの効果を上げる調理方法:オーブンで焼く

健康的・効果的にダイエットを成功させるには、食材の必要な栄養素を最大限摂取し、不要なものは省く事が重要になります。

食材の調理方法を上手に利用する事で、簡単にヘルシーな食事を作る事ができます。

スポンサーリンク

ダイエットを成功させるための見直し

以前の食事制限によるダイエットは、カロリーが低い、油分などが極端に少ないなど口から体内に入れるものは量を少なく、カロリーが低ければ低いほど成功するというような無理なものが多く存在しました。

確かに口から入るカロリーや量を極端にカットすれば体重は減ります。

しかし数値だけは減っても様々な体調不良・精神的に不安定になったり、女性では生理不順やホルモンの乱れや肌荒れ・急激な負担により皮が余るなど一旦陥ってしまうとなかなか戻れない異常な状態になってしまう危険性もあります。

近年ではそれらの危険性を考慮し健康的で効果的に行えるよう様々な方法が存在します。

不健康な状態でダイエットを続けると体にも大きな負担がかかり自然と基礎代謝も低下してしまう可能性が高く、どのような方法を選んでも効果は出にくいといえます。

さらに効果が出ないと焦りが生じて、また無茶な方法を選択してしまい体はダメージを受けたままで結果失敗となり、がっかりしてしまうこともあります。

中にはプロの手を借りなければ行えない方法もありますが、一番身近で簡単な方法は書籍やインターネットなどにも情報が多い食事の食材や調理方法を見直すことではないでしょうか。

料理に自信がない方も、これから覚えてみようという方も今一度食材の調理方法を見直して今度こそ健康的に自分の目標を達成してみましょう。

ダイエットの強い味方、オーブン加熱

食事制限によるダイエット成功の秘訣は、体内に必要な栄養をたっぷり取り入れ、余分なものは適量に排除・毎日無理なく続けることが重要になります。

体が健康でエンジンがかかりやすい状態で体脂肪が燃焼しやすく、精神も安定し正確な判断ができるので、リバウンドなどしにくく太りにくい体質を定着させる事ができるといわれています。

毎日飽きずに楽しく食事する為にぜひ活用して欲しいのがオーブンです。

オーブンで食材を加熱すると、外はカリカリ香ばしく中はふっくらと仕上げる事ができ、余分な油だけを落とすので非常に栄養価は高いままの食事に仕上げる事ができます。

特に肉類、なかでも豚肉は手に入りやすく、代謝を助ける「カルニチン」や「アラキドン酸」という精神を安定させる成分も多く含まれており大変健康的なダイエット向きの食材といえます。

このような食材の代表格に鶏肉もありますが、鶏肉とは違った栄養素を持っているので、合わせて活用したい所です。

しかしカルニチンは熱に弱いという弱点もあるので調理方法を調整する必要があります。

そこでぴったりなのがオーブンによる調理方法です。

直火コンロなどに比べ調理温度が細かく調整でき、栄養素を壊すことなく、しっとり柔らかく調理することができます。

一番簡単なのがシンプルに塩焼きです。

好みでハーブや香味野菜を一緒に漬け込んだ豚肉をさっとフライパンで焦げ目をつけ、じっくりゆっくり焼くことで、少量でも体にもお腹にも満腹感を感じることができるおかずができあがります。

体を冷やさないホットサラダやビタミンCなども考慮したおかずを添えると効果が上がります。

食材の特徴と栄養素を逃さない方法を見極めるのが成功のコツ

豚肉は栄養価も高く栄養素を損なうことなく、たっぷりと食べたいものですが、必ずしっかりと加熱をするようにします。

栄養素を残したいからといって火が完全に通らない調理法で食べると中毒などを起こす可能性があります。

加熱をしっかりすると豚肉に関わらず肉は硬くなるといわれていますが、オーブンのような調理器具を使用する・まだ柔らかくしたい場合は他の食材との漬け込みや肉を叩くほぐすなどのした処理だけでも仕上がりが変わります。

また豚肉は多くの食材と相性がよく、組み合わせ次第でもさらにダイエットの効果を高めることができるので、オーブン調理だけでも手に入りやすい食材や自分の味覚に合った食材とでレシピは無限大といえます。

調整期間中に毎日飽きずに食事が楽しめるのは、大変大きな成功のポイントと言えるのではないでしょうか。

以前はダイエットは苦しい・辛い・体に無理をかけるのが当たり前という イメージがありましたが、 数値だけが減っても不健康になったり、その後の生活に支障がでてしまう・リバウンドに悩むなどの状態ではせっかく目標が達成できても、意味のない本末転倒な結果になってしまいます。

無理な調整は短期的にみれば確実な数値が出ますが、体へのダメージが大きい為、あまり望ましい選択肢とは言えません。

またメディアなどでは効果のある特別な食材だけが注目されやすいですが、身近にある食材でも調理方法などを工夫すれば十分に効果が得られる可能性は高いので、ダイエットを考えている方はまず食材の選び方・調理方法の選び方から見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

体が温まるシナモンのホットドリンクの効果

冬は冷え性の方にはつらい季節ですよね。 手がついついホットドリンクに伸びてしまいますね。 ところで、ホットドリンクに入れると、より温まるスパイスがあることをご存知でしょうか。 それは、「シナモン」です …

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる動脈硬化の予防

寒い時期に、あったかほかほかのお鍋をみんなでつつくのは、まさに冬の風物詩。 一つのお鍋を囲んで、談笑しながら食べると、よりおいしく感じられますよね。

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:パスタのレシピ

工夫をすれば安価なパスタでもおもてなし料理を作ることができるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

肌にいいベータカロテンは【モロヘイヤ】で摂ろう!

モロヘイヤは、エジプトやアラビア半島で、5000年以上前から食べられている緑黄色野菜です。 重い病を患ったエジプトの王様が、モロヘイヤのスープを飲み続けたことで完治したという逸話から、「王様の野菜」と …

女性ホルモンを増やす食べ物:大豆製品

大豆はバランスのとれた食べ物のひとつです。 とくに大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの働きとよく似たはたらきをもつとされています。 したがって女性ホルモンの働きをほしい場合には、大豆食品を積 …

楽天モーションウィジェット