豚肉ダイエットにおすすめの食材:レモン


スーパーで鶏肉や牛肉と並んでポピュラーな肉類なのが、豚肉です。

食用の家畜として育てられた豚の肉はとても口当たりが良く、価格が牛肉よりも安いこともあり、購入者が多い肉類として君臨しています。

スポンサーリンク

豚肉と一緒にレモンを食べよう

レモンが豚肉のピルビン酸を減らしてくれる

普段の食卓に頻繁に見かけられる豚肉ですが、相性の良い食材がレモンです。

黄色く丸みの強いラグビーボールのような見た目をしている果実として有名ですね。

この2つの食材を一緒に食べれば、ダイエット効果が高まると評判になっています。

実際のところ、直接的なダイエット効果があるとは言い切れませんが、両者を一緒に食べると身体に良い作用をもたらしてくれるのは確かですので、積極的に組み合わせたい食材だといえます。

豚肉は豊富な栄養素を持っており、健康づくりに役立ってくれる存在です。

たくさん食べるのが理想ですが、食べすぎてしまうと、ピルビン酸という物質が体内で増えてしまいます。

ピルビン酸が体内に発生すると、水分と結びつくことにより乳酸が溜まりやすくなるのが厄介です。

乳酸が増えると身体が疲労を感じるようになります。

疲労が増えれば代謝が衰えてしまいますから、エネルギーを効率良く消費することができなくなり、脂肪が蓄積されやすい体質へと変化するのが心配です。

乳酸を増やしてしまうピルビン酸はクエン酸を加えることで、クエン酸に変化させることが可能です。

レモンにはクエン酸がたっぷりと含まれていますから、豚肉と一緒に食べればピルビン酸が増えてしまうのを防ぎ、代謝を促せるようになるでしょう。

代謝がアップすれば脂肪の分解が効率良くなる他、老廃物が溜まるのを防いでむくみ太り対策になります。

レモンは冷え性や便秘対策としても使える

それぞれの食材の強みを知れば、更にダイエット効果を高めるように工夫するきっかけが作れるでしょう。

レモンの強みは豊富なクエン酸です。

ピルビン酸をクエン酸に変える作用があるものの、クエン酸の作用はこれだけに留まりません。

クエン酸自体にも代謝を促す作用があり、脂質や糖質の分解を助けてくれます。

代謝がアップすることにより、冷え性の改善に繋がります。

冷え性は血液の流れが滞ることで発生しやすい症状ですが、冷え性になると体内で熱を作り出す力が弱まってしまいますので、エネルギーの燃焼が上手く行えません。

体温が下がると内臓を守るために脂肪がつきやすくなるため、太ももやお腹周り、二の腕やお尻などに、たっぷりとたるんだお肉が目立ってしまいますが、クエン酸がもたらす作用で、この問題が解決しやすくなるでしょう。

便秘対策にも活躍してくれます。

レモンには100gあたり4.9gもの食物繊維がたっぷりと含まれるとされています。

単純に食物繊維が多いというだけでなく、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維がバランス良く存在するのがポイントです。

2種類の食物繊維が腸に入ることにより、腸の壁を刺激したり、便を軟らかくする、量を増やすことでお通じがスムーズになる作用が期待できます。

お腹が張った状態は大量の便が溜まっていたり、いつまでも留まっている便が腐敗して、ガスを放出しているからです。

他の部分は痩せていても、お腹だけが太って見える原因を作り出しますが、レモンの食物繊維のおかげですっきりとしたお腹を作り出すことができるでしょう。

豚肉にはビタミンB1がたっぷりと含まれる

レモンと一緒に食べることでダイエットしやすくなる豚肉も、単独で見るだけでも素晴らしい特長が備わっています。

この食材に豊富に含まれるのがビタミンB1です。

健康や美容に貢献するビタミン群として有名ですが、ビタミンB1には糖質をエネルギーに変換する働きがあります。

糖質は体内への吸収効率が良く、脂肪に変換されやすい性質を持っています。

必要な栄養素ではあるものの、ご飯や麺類、お菓子などを通じて糖質を取りすぎると、肥満につながりやすいのが特徴です。

糖質が脂肪に変化するのを防止する他、ビタミンB1を摂取すると疲労回復やむくみの予防にも繋がるのが優れた部分だといえるでしょう。

カルニチンは脂肪燃焼の作用があり、ビタミンB1との相乗効果でダイエットに役立ってくれます。

ポークペプチドはコレステロールを下げる働きを持っているのが特徴です。

悪玉コレステロールが溜まると動脈硬化のリスクが高まり、高血圧や糖尿病などの病気を発症しやすくなります。

恐ろしい病気予防にも貢献してくれるのが、豚肉の魅力です。

優れた栄養素が含まれていますが、豚肉とレモンを一緒に取ることがダイエットにつながる別の理由として、低カロリーの食事を楽しめるのがあるでしょう。

レモンは100gあたり54キロカロリーしかなく、少量でも酸っぱい風味を楽しめるため、低カロリーなドレッシングや付け合せとして活躍してくれます。

焼肉のタレやマヨネーズなどのカロリーが多めな食材を使わなくても済み、摂取カロリーをあまり気にすることなくたっぷりと食べられるのがレモンを取り入れるメリットです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「マグネシウム」

三大栄養素である、炭水化物・脂質・タンパク質は知っていても、マグネシウムとは何だろう? どのような働きをするの? そんな疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

肌の潤いを保つビタミンB6は【かつお】で摂ろう!

かつおといえば叩き、生のお刺身、かつお節など日本人の身近な食材になっています。最近では、冷凍したかつおの刺身が流通することもありますが、最も美味しいのは生の刺身です。 さらに、肌に嬉しい栄養素がたっぷ …

簡単に出来るマグカップスイーツ♪【チーズケーキ】の作り方!

チーズケーキには、大きく分けて3種類があります。生地に火を入れてから焼くベイクド、気泡で膨らませた軽い食感のスフレ、火を入れず冷やし固めるレアの3つです。 どれもチーズケーキというジャンルに分類されま …

超美味!納豆に「ラー油」をちょい足し!

納豆には、色々なものをちょい足しして食べる楽しみがあります。一般的には醤油や専用タレ、辛子、ワサビなどを入れる人が多く見られます。 マヨネーズやラー油と合わせるのも、魅力的です。大根おろしと合わせると …

採りやすい山菜「三つ葉」の美味しい調理法

三つ葉は、採りやすい山菜としては代表的なもので、調理法の種類も極めて豊富です。鮮烈な芳香がありながらも、山菜特有の苦味は少ないため、最初にアク抜きする必要はありません。 野菜と同様に使えるため、他の素 …

楽天モーションウィジェット