プリペイドカードとは?使い方や仕組みなど

クレジットカード会社が発行するプリペイドカードは、一般的なクレジットカードと同様に、ショッピング時の決済に利用できる便利なカードです。

今回は、そんなプリペイドカードの使い方や仕組みについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

利用には一切の審査が不要

一般的なクレジットカードの場合は、法律に基づき、身分証明書を提出して、本人確認が行われるのはもちろんのこと、一定以上の安定収入があることを条件に、各自治体に設置されている信用情報機関に対し、過去に自己破産や支払いが滞るなどの金融事故が無いかなどが照会され、厳格な審査が行われた上に、場合によっては自宅や職場に、在籍確認の連絡が来ることもあります。

もしも審査が否決されることがあれば、カードが発行されず、利用することができないケースもあります。

一方、プリペイドカードの場合は、原則として一切の審査が必要無く、簡単な申し込みを済ませるだけで、誰でも申し込みが可能で、すぐにショッピングの決済に利用することができます。

クレジットカードが持てない立場の方、あるいは、既にクレジットカードを持っている方でも、サブとして持っておきたい、便利なカードです。

必要な分だけ利用を限定できるから使い過ぎない

プリペイドカードには、電子マネーのように、あらかじめチャージした金額のみを、お財布感覚で利用できるものや、引き落としに登録した銀行口座に入金された金額までしか、利用できないものがあります。

クレジットカードでありがちなのは、ショッピング枠によって、その時点で現金の用意がなくても決済が可能なため、ついつい使い過ぎてしまい、月末になると予想以上の請求額に驚いてしまうケースです。

しかし、プリペイドカードの場合は、ショッピング枠やキャッシング枠が無く、万が一、チャージ金額や、口座の残金をオーバーしてしまった場合は、自動的に決済にロックがかかったり、あらかじめ設定しておいた金額までしか、決済に利用できない仕組みになっているため、安心して運用することができるのも、プリペイドカードならではの大きなメリットです。

万が一の紛失や盗難でも安心

前述のように、プリペイドカードは、あらかじめチャージされた金額か、設定された金額まで、あるいは、引き落とし口座に入金された金額までしか、決済に利用できません。

したがって、万が一、紛失や盗難により、悪意ある第三者による不正利用が発生したとしても、被害額を最低限に抑えられるのも、プリペイドカードのメリットです。

例えば、1000円分がチャージされたプリペイドカードが盗難に遭い、不正利用されたとしても、被害額は1000円までとなります。

銀行口座から引き落とされる場合でも、決済に利用できるのは、最大で口座に残っている金額までなので、プリペイドカード専用の口座を用意し、必要な金額だけを入金するという運用の仕方をすれば、さらに万が一のトラブルにも、被害を最小限に食い止めることが可能です。

一部のプリペイドカードには、そのようなトラブルの際に、保障される付帯保険が付いているケースもあり、さらに安心感があります。

まるでクレジットカードのような使い方ができる

クレジットカード会社が発行するプリペイドカードは、大手のカードブランドの機能が付帯し、まるでクレジットカードのような使い方ができます。

プリペイドカードの券面には、クレジットカード番号が表記され、さまざまな決済に利用できます。

注意しなければならない点は、分割払いや、ボーナス一括払いが不可能で、1回払いのみとなるところです。

スーパーやコンビニエンスストアなど、実店舗のショッピングの際の決済はもちろんのこと、インターネットショッピング、動画サイトやオンラインゲームの、有料コンテンツの購入にも利用できます。

クレジットカードが持てない立場の方、あるいは、オンラインでクレジットカードを利用したくない方でも、クレジットカード同様に手軽に利用できる決済方法として、プリペイドカードは、大きな選択肢となっています。

最後に引き落としのタイミングだけご注意を

引き落としの、銀行口座を登録するタイプのプリペイドカードを利用する際に注意したいのが、代金の引き落としのタイミングです。

一般的なクレジットカードの場合は、決済を行った翌月の月末など、利用規約に定められた日に引き落としが行われる仕組みですが、プリペイドカードの場合は、即座に引き落としが行われます。

口座の残高が足りなくなった時点で、決済がストップされますので、月額料金を継続して支払うようなケースでは、特に注意が必要です。

前述のように、この仕組みのおかげで、万が一のトラブルにも被害を最小限に食い止められたり、使い過ぎを防止するメリットもありますが、いずれのケースにおいても、一般的なクレジットカードと同じように、口座の残高を確認したり、自身の支払い能力を判断しながら、しっかりと計画を立てて利用することが大切です。

最後に

プリペイドカードは、これまでクレジットカード決済をあきらめていた方にも、支払いが可能となる新たな決済方法で、企業側からすると、購買意欲の醸成や、新規顧客の獲得に大きな期待がかかっています。

一方の消費者の側は、そんなプリペイドカードを、上手に活用したいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

冷蔵庫掃除のコツ

冷蔵庫は毎日使いますから、定期的に掃除をしてキレイに保ちたいものです。 掃除の仕方と道具と紹介します。

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeカウンター下収納

押し入れやクローゼットのように、すでに作られている収納の場合には目立ちませんが、何もない場所に収納するための箱などを設置してしまうと、目立つことになります。 そのため、設置する場所によっては雰囲気と合 …

絶対欲しい調理家電!フィリップスのノンフライヤー

おいしい揚げ物を、家庭で簡単に作れる調理家電のフィリップスノンフライヤーが人気です。 フライ料理などがおいしく簡単にできて、なおかつ取り扱いがしやすいなど、調理家電に求められる機能がしっかり整っている …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の加入年齢と受給年齢

厚生年金は、正社員として働いていると給料から、自動的に徴収されています。 しかし、いつから払えばいいのか、いつまで払えばいいのか、いつからもらえるかは把握していない人が多いのではないでしょうか。 とい …

現在、妊娠中…これやっていいの?|アロマテラピーは大丈夫?

アロマテラピーは、私たちの生活の中に溶け込んでいて、癒しを求めて購入し、香りを部屋に漂わせたりお風呂に入れるなどして家で使ったり、マッサージに行くとアロマオイルをオイルに混ぜて、リラックス効果を促進さ …

楽天モーションウィジェット