プレゼントワインの選び方

恋人やお世話になった人がお酒好きだった場合、プレゼントとして喜ばれるのがワインです。
生まれ年のものや高級なワインであれば、プレゼントとして贈っても遜色ありませんし、なにより自分の好きな美味しいものをプレゼントしてもらったら、相手もとても喜んでくれます。

ただ、ワインは味や年代なども千差万別で、詳しくない人にとってはどれを選べば良いのか悩んでしまうものです。
そこで、あまり詳しくない人でも失敗しないプレゼントワインの選び方を知り、いざという時に役立てるように知識を付けておきましょう。

スポンサーリンク

失敗しないプレゼントワインの選び方

相手の好みをチェック

プレゼントワインの選び方でまず注目すべきなのは、贈る相手の味の好みをチェックしておくということです。
これがプレゼントの基本となり、最も大切なポイントだと言えます。お酒好きな相手なら、味の好みがうるさい可能性もありますし、せっかくプレゼントしても喜んでもらえないのでは意味がありません。

ワインとひと口に言っても、産地やブドウの品種、赤か白かといった点で実に様々な味があるのです。このため、プレゼントする前に必ず相手にそれとなく味の好みを聞き、お気に入りの銘柄や産地などがあるかを調べておきましょう。
直接調べるのが難しい場合は、相手の親しい人に確認してみるのもおすすめですし、著名な人であればインターネットで調べると情報を得られることもあります。

確認しておくべきポイントは、まず白ワインか赤ワインかという点です。お酒好きな人はかなりの確率でどちらかに好みが分かれるので、ここは外せません。
次に、ボルドー系とブルゴーニュ系という味の系統で、どちらが好みかを調べましょう。

ワインの味は大きく分けてこの2つがあり、ブルゴーニュ系であればフルーツのような酸味が強いものが多いという特徴があります。柑橘系の果物のような爽やかな酸味があるので、男性の中にはこの酸味を、苦手に感じる人も多いので注意が必要です。女性の場合はフルーツ系の味わいを好む人が多いため、ブルゴーニュ系を選んでしまって問題ありません。

ワインの世界では、一般的にブルゴーニュ系は華やかなイメージが強く、女性的と表現されることが多いため、女性にも最適なプレゼントワインになります。

一方、ボルドー系はブルゴーニュ系と比べて酸味が抑えられており、まろやかで深みのある味わいを楽しむことができます。男性や味の好みが分からない場合は、こちらを選んでおいた方が無難です。

ワインの年代を確認

味を決めたら、次にワインの生産された年を確認しましょう。
ワインには必ず作られた年が記載されており、ブドウの品質が良かった年などは、同じ銘柄のものでも価格に差が出ることがあります。生産年ごとに人気があったり、逆に人気のないパターンもあるので、ここは注意が必要です。
素人には生産年の情報はよく分からないことが多いので、購入する際にお店の店員さんに聞いてみると良いでしょう。インターネットでも、生産年ごとの評価を現した表を見ることができるので、一度確認しておくと安心です。

また、恋人や親しい人へプレゼントするのであれば、生まれ年のものを贈るのもおすすめです。
自分の生まれた年に生産されたワインは、自分と同じだけ年を重ねて熟成されてきたということであり、わざわざ探して取り寄せないとお目にかかれないものなので、希少価値も高いので非常に喜んでもらえます。
ただ、生まれ年のものはプライベート感が高いため、あまり親しくない人やお世話になった目上の方などに贈ると、重く感じられてしまうこともあるので注意しておきましょう。

産地をチェック

味と生産年を決めたら、次は産地を選びます。
ワインと言えばヨーロッパというイメージが強いですが、近年では世界中の様々な地域で作られているので、リーズナブルで品質の良いものもたくさん見つけることができます。

プレゼントする相手にもよりますが、相手の好みや好きな銘柄が限定されている場合以外なら、あまりリーズナブルなものは避け、それなりに価格の張る産地のものを選んでおくと失敗がありません。中でも産地として有名なフランスのボルドーやブルゴーニュ産のものであれば、味も品質も良いものが多いので、ここから選ぶのも良いでしょう。

イタリア産のものも人気が高いですが、商品やラベルなどがフランス以上に多種多様で分かりにくいため、素人が選ぶと難しいこともあります。

最後に

このように、お酒好きの相手にワインをプレゼントする場合は、いくつもチェックしておいた方が良いポイントがあります。
プレゼントは自分から相手への感謝やお祝いの気持を表す大切なものであり、相手が喜んでくれるものを贈ることが重要です。相手があまり喜ばないもの、自分勝手な解釈でプレゼントを選んでしまうと、せっかくの贈り物がネガティブな印象しか残さなくなってしまいます。

ワインの場合は、まず相手の好みを調べ、次にクオリティの悪い生産年のものを避けるといった最低限の選び方でも構わないので、心がけて実践していくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

100万円を貯金するために、欲しいものはお金を貯めてから購入しよう

貯金で100万円を貯めるために大切なのは、なるべくローンを利用しないことです。 ローンには利息がつくので、お金を貯めてから欲しいものを購入する習慣を身に付けましょう。 貯金とは習慣の積み重ねなので、習 …

クレジットカード「ダイナースクラブカード」の特徴やおすすめポイント

ダイナースクラブカードは、世界で最初にできたクレジットカードで、日本でももっとも長い歴史を持つものになります。 このカードは、通常ランクのものであっても、他のクレジットカード会社のプラチナランクの特典 …

塩素系漂白剤で掃除する効果的な使い方

塩素系漂白剤と言えば、キッチンなどで使用する漂白剤というイメージが強いのではないでしょうか。

生活をよりスマートに|注目の最新家電「温冷美顔器:COSBEAUTY JAPAN」

美顔器で知られているCOSBEAUTY JAPANから、最新家電、温冷美顔器 Lift Iron(リフトアイロン)が発表されました。 この美顔器は、肌が本来持つ力を引き出して、美しさをワンランクアップ …

結婚指輪を購入するときに見るべきポイント

自分で購入するにせよ、パートナーに買ってもらうにせよ、結婚指輪は自分にとって一生ものになるわけですから、自分のテイストに合っているかどうかが一番大事でしょう。

楽天モーションウィジェット