イベント好き必見!作品作りの関わる資格「Pro Tools技術認定試験」

Pro Tools技術認定試験とは、2005年より開始された、音楽作品を制作するためのソフト「Pro Tools」にまつわる操作・知識を検定する試験です。

プロユースのスタジオには必ず導入されている、デスクトップミュージック(DTM)において重要なDAWソフトであるPro Toolsの操作方法や知識を検定します。また、Pro Tools技術認定試験を行う意義としては、「レコーディングスタジオで使える人材・優秀な人材を育成すること」にあるため、Pro Toolsの操作方法だけでなく、録音や編集の知識、ミキシングやMIDIに関する知識や技術、ファイル管理やPCとの連携など、総合能力を問われる試験でもあります。

スポンサーリンク

プロの音楽作品制作には必須のソフト「Pro Tools」にまつわる資格試験

Pro Tools技術認定試験よりも歴史の長い、MIDI検定のように、総合的な音楽能力を検定する試験です。 優秀な人材を育成することが目的であるため、単純に合否を出すだけではなく、受験者の持つそれぞれの能力の分野ごとのランク付け成績表を、合格結果として送付してくれます。

これにより、今後さらなる向上を目指して、特定の分野を伸ばしたり、苦手分野を埋めたりといったような活用法も可能です。 また、試験を受けることや受験のために勉強・切磋琢磨することにおいて、受験者の能力や技術を伸ばすきっかけとしての機能も果たしています。

これまで触ったことのない機能や技術、あやふやにしか認識していなかった内部構造などを知ることによって、より操作や知識・技術が洗練され、ひいては日本の音楽業界の発展へと、結びつくことを目的としている資格試験です。

そもそもPro Toolsとは?

認定試験のメインテーマである「Pro Tools」とは、先述の通り音楽ソフトDAW(デジタルオーディオワークステーションの略)、録音・編集・ミックスに用いられる、音楽作品作りのためのソフトです。

丁度、建築の設計図にCAD、デザインの制作にillustratorやPhotoshopが用いられるのと同じように、音楽制作に用いられるソフトです。 Pro Toolsは、パソコン(WindowsもしくはMacintosh)にインストールして、オーディオインターフェイス(楽器やマイクから入力されたアナログ音声信号を、パソコン上で扱えるデジタル信号に翻訳する機材)とともに操作して、音楽の作品作りを行います。

パソコンであれば何でもインストールできるというわけではなく、Pro Toolsのバージョンとパソコンのバージョン(Macは特にシビア)とスペック(CPU・RAM・メモリ・クロック数)がマッチして、はじめて使用可能になるソフトです。

そのため強大なスペックが必要とされますが、その分使用者にも同等のスペック(ソフトの操作はもちろん、マシントラブルがあった際の対応力など)も強く求められるソフトでもあります。

Pro Tools開発・リリース当初は、Macしか使用できませんでしたが、バージョンを重ねてWIndowsに対応、導入しやすいLEの登場、そしてver9よりオーディオインターフェイスの同社縛りの解放(ただし、iLokによるドングル管理は継続)など、長い歴史の間に進化を重ねており、現在も世界中で使用されているソフトです。

Pro Tools技術認定試験の試験範囲、問題傾向

Pro Tools技術認定試験は、毎年9月上旬に行われ、合計100問で、全てが4択問題です。初級・中級の2つのセクションに分かれており、Pro Toolsの操作やそれぞれの名称・構造などの問い、制作に関する用語やデジタル・MIDIにまつわる知識などが問われます。

レコーディングエンジニアや技術スタッフを育成すると銘打っているだけあって、試験の傾向はPro Toolsの操作や編集にまつわる知識を、どれだけ有しているかに絞られている傾向にあります。

音楽制作・作曲やアレンジを普段行っている人とはまた異なった知識や、操作にまつわる解答を求められるため、音楽制作を純粋に行う人よりも、試験の名目にそった目的、つまりレコーディングエンジニアやアシスタントを目指している方が、受ける資格試験と思った方が良いでしょう。

もちろん、普段MAや編集、ディレクションも平行して行ったり、それらを覚えなくてはならないクリエイターには有効な試験でもあります。 ただ、資格試験を執り行っているJAPRSの試験の理念にも触れられている通り、あくまで本人の能力向上を目的としたものであり、MIDI検定と同じく認定証があっても、それらは補助にすぎないということを忘れてはなりません。

資格を持っているからといって、実務経験が少なければ操作もおぼつかないでしょうし、試験を受けて、認定証をもらって自分の得手・不得手を明確にすることにより、さらなる向上に繋げることがこの試験の本懐でしょう。

試験内容は、Pro Tools技術認定試験のホームページにアクセスすれば、過去問題と解答集があるためぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

就職・転職にハローワークを活用しよう

ハローワークは、多くの失業者が通うところとしても知られていますが、近年は就職活動中の学生が、足繁く通う場合もあるなど、失業者だけでなく、学生や転職希望のサラリーマンなども来ており、いかにハローワークを …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本実戦話力検定」

日本人なら、日本語を話せて当たり前と考える人もいるでしょう。 しかし、単純に言語として発音できるだけでは、役に立たない場面も多いです。家族や知人と話したり、買い物をしたりするなど、日常生活を送るだけで …

就活で持っていたい資格「秘書検定」のアピールできるポイント

就活を始めるときには、みな不安を抱えているものです。 これまで社会人として働いた経験がある人も少ないですし、社会の中で必要とされるマナーを、きちんと身に付けているかというと疑問に感じる方もいるでしょう …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(機関)

船橋当直3級海技士は船橋のブリッジなどで、安全に航海を行うため当直制度によって監視を行う船員のことです。 船橋当直3級海技士(機関)の役割は、推進機関や操舵装置などが安全に正常に動いているのかに関して …

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

楽天モーションウィジェット